【ユーザーに聞いた!】コスパの高いクレジットカードランキング!お得に使うならこの1枚

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子
「COSPA」を両手で囲む

「コスパ」と一口にいうものの、クレジットカードは一般的な商品とは性格が異なるアイテムです。

「利用枠の高さ=クレカのコスパ」だと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、利用枠はカード会員ごとに個別設定されるもの。
「作ってみたら利用枠が多かった」という理由だけではコスパの高いクレジットカードと判断できません。

クレジットカードの「コスパ」を判断する際には、

かかる年会費に対するメリットの多さ

に注目すると良いでしょう。

中でも、ポイントの貯まりやすさはメリットの多さを判断する上で重要な軸の一つです。

この記事では、実際にカードを使っている576名の方の口コミを元に多くのユーザーからコスパが高いと評価されているカードをランキング形式でご紹介します。
コスパのいいカードを作りたい方は是非、参考にしてみてください。

カード コスパの高さNo.1! JCB CARD W JCB CARD W オリコカード THE POINT オリコカード
THE POINT
楽天カード 楽天カード ビックカメラSuicaカード ビックカメラSuicaカード Yahoo! JAPANカード Yahoo! JAPANカード
年会費 永年無料 永年無料 永年無料

初年度:無料

2年目以降:477円(税別)

永年無料
ポイント
還元率
1.0%~5.5% 1.0%~3.0% 1.0%~15% 0.5%~1.9% 1.0%~3.0%
リンク

また、後半ではクレジットカードのコスパについて、良し悪しを正しく判断するための情報をお伝えします。

最後まで目を通していただければ、自分にとってどんなクレジットカードがコスパに優れているか見えてくること間違いなしですよ。

コスパの高いクレジットカードランキング1位:JCB CARD W

コスパランキング1位

まだ40歳になっていない方にぜひ注目してほしいのが「JCB CARD W」です。

JCB CARD Wは39歳以下の方限定で発行されているJCBのオリジナルシリーズのカード。プロパーカードが年会費無料で使えることから人気を集めています。

JCB CARD W

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~5.5%
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 【年会費永年無料】39歳以下限定のJCBオリジナルシリーズ!
  • 【期間限定】20%還元キャンペーン!
  • Web入会なら最大11,500円をプレゼント!
【Apple Pay/Google Pay】ご利用で20%還元! 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

JCBではOkiDokiポイントという名称で付与率0.1%のポイントサービスをおこなっていますが、JCB CARD Wでは2倍の0.2%が付与されます。

0.2%と聞くと、他社と比較してずいぶんと少ない印象を受けるかもしれませんが、これはあくまで付与率で見たときの話。

OkiDokiポイントの場合、1ポイントの価値は5円相当に設定されているので、実質的には1,000円で10円が還元、つまり

  • 還元率1.0%

になります。

さらに入会してから3カ月間は、1,000円利用するごとに10ポイント(50円相当)が付与されます。

これは、

  • 還元率5.0%

業界最高値の高還元

また、JCB ORIGINAL SERIESパートナー加盟店で利用すると、さらに高い還元を受けることが出来ます。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの例
  • Amazon:ポイント4倍=2.5%還元
  • セブンイレブン:ポイント4倍=2.5%還元
  • スターバックス:ポイント11倍=5.5%還元

ポイントを貯めて有効活用したい方にとっては見逃せないクレジットカードです。

JCB CARD Wについて専門家からの一言

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子 監修者

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

【専門家の解説】

39歳以下しか発行できませんがコスパを考えるうえで年会費無料は最大の魅力
ポイントは1%以上の還元率です。
会員専用WEBサービスのMyJCBから「Oki Doki ランド」経由でYahoo!ショッピングや楽天で買い物をするとポイントが最大20倍になり工夫次第で更にコスパがよくなります。
なお、39歳までに申込すると40歳以降も年会費無料のまま継続できるので39歳までの方はぜひ作っておきたい1枚です。

JCB CARD Wの口コミ

男性

JCB CARD W の口コミ

5 37歳 / 男性(ソフトウェア開発)

気に入っている点
年会費無料で、他のJCBよりポイントが2倍貯まること。JCBのポイント優待店で利用すればさらにポイントが貯まることが大変魅力です。特にamazonがその対象に入っていることが魅力的な部分です。更にQUICPayが使えるようになることも魅力的でした。
女性

JCB CARD W の口コミ

5 36歳 / 女性(会社員)

気に入っている点
年会費が安いのに、たくさんの特典がついているクレジットカードです。セブンイレブン、アマゾンだけでなく、ポイントがアップするお店がたくさんあるので、すごく便利ですね。コスパの良いクレジットカードいえばこのカードがおすすめです。
男性

JCB CARD W の口コミ

4 35歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
利用枠はそれほど大きくないですがJCB CARD Wはいつまでも年会費無料で使い続けられるのがいいですね。普段は飲食店やコンビ二でしか使いませんがポイントも確実に溜まります。メインでは使わずに他のクレカと併用して使うなら便利です。

コスパの高いクレジットカードランキング2位:オリコカード THE POINT

コスパランキング2位

「オリコカード THE POINT」は、カード名が示しているようにポイントサービスに強みを持っていることが特徴です。

オリコカード THE POINT

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%〜3.0%
国際ブランド
MasterCard JCB
電子マネー
ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 高還元率のハイスペックカード!
  • 入会後半年間はポイント2倍!
  • 「iD」と「QUIC Pay」の同時搭載

1ポイントあたり1円相当の価値を持つオリコポイントは、

  • 還元率1.0%

100円ごとに1ポイント付与されていく貯めやすいシステムで提供されています。

しかも、入会してから半年の間は100円ごとに2ポイント(2円相当)、つまり、

  • 還元率2.0%

になる点が見逃せません。

ネット通販派にはオリコカードが運営しているショッピングモールサイト「オリコモール」の利用もおすすめ。

オリコモールを経由したネットショッピングの場合

 【通常のポイント還元】 1.0%
+【オリコモール特別加算】0.5%
+【ショップごとの還元率】0.5%~

電子マネーの「iD」や「QUICPay」にも対応しているので、少額支払いも気軽にできてポイントの貯まる速度はピカイチ。

これで年会費が無料なのですから、申し込まない手はありませんね。

オリコカード THE POINTについて専門家からの一言

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子 監修者

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

【専門家の解説】

JCB CARD Wを作りそびれた40歳以上の方はこちらがおススメ
年会費がずっと無料でカード名「THE POINT」のとおりポイントが貯まりやすいのが特徴です。
通常1%の還元率がオリコモール経由でAmazonなどで買い物すると0.5%の特別加算があり、ショップによって更にプラス還元があります。
QUICPayにも対応しておりカード払いは躊躇しがちな少額利用でもポイントを貯めていくことができます。

オリコカード THE POINTの口コミ

男性

オリコカード THE POINT の口コミ

5 24歳 / 男性(学生)

気に入っている点
還元率はほかの追随を許しません。大概の還元のいいカードはなにか制約があったりするものなのですが、このオリコカードにそれは有りません。学生じゃなくても一生使えるいい還元率のカードです。カードがなんちゃってブラックなのもいい。
男性

オリコカード THE POINT の口コミ

5 30歳 / 男性(書店員)

気に入っている点
年会費無料でポイント還元率が高いところ。特に入会後の場合は2%還元と他のカードにはない高い還元率を誇っている。また、年会費も無料のため気軽に作る事ができる。文句があまりないカードに思います。普段遣いはこれが一番いいです。
男性

オリコカード THE POINT の口コミ

4 40歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
通常のポイント還元率が1パーセントなことに加えて、オリコモールを経由してショッピングをすれば、さらに還元率が上がる点。アマゾンや楽天で良く買い物をするので、その際に利用しているサービスです。特にファッションアイテムのポイントが高いのが嬉しい。

コスパの高いクレジットカードランキング3位:楽天カード

コスパランキング3位

提携先が急増して、街のあちこちで貯めたり使ったりできるようになった楽天ポイント。
そんな楽天ポイントをさらにモリモリ貯められるのが、年会費永年無料の「楽天カード」です。

楽天カード

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~15%
国際ブランド
VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス
電子マネー
楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 顧客満足度No.1
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天カード感謝デー利用でポイント3倍

楽天カードは通常でも100円ごとに1ポイント付与され、

  • 還元率1.0%

と1位、2位のカードに並ぶ還元率の高さです。

さらに、楽天ポイント提携店では

ポイントカードとして提示するだけでもポイントが貯まる

ので、ポイントの貯まる速度が他とは段違いです。

もし、楽天グループの各種サービスを利用しているのであれば、スーパーポイントアッププログラムにより、

  • 楽天市場
  • 楽天モバイル
  • 楽天ブックス

などでの買い物で付与されるポイントは、

  • 最大で16倍

にまでアップ。

普通に街で使ってもお得なだけでなく、楽天のヘビーユーザーになるほどメリットが大きくなっていくクレジットカードです。

楽天カードについて専門家からの一言

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子 監修者

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

【専門家の解説】

優劣つけがたい上位3つのカードの中で唯一提示するだけでもポイントが貯まるのが楽天カード。
ファミレス、ガソリンスタンドで現金払いでもOKです。
楽天トラベル、楽天市場など楽天経済圏とも呼ばれる各種サービスでの買い物は最大16%に。
楽天系で日々の生活費をまとめるだけでどんどんポイントが貯まるコスパの良さがあります。貯まったポイントをカード支払いや投資信託購入に使えるのも魅力です。

楽天カードの口コミ

女性

楽天カード の口コミ

5 30代歳 / 女性(主婦)

気に入っている点
楽天カードは、年会費が無料で保有出来る点が良いです。さらにポイント還元率が非常に高い点も気に入っている点です。100円につき1ポイントの楽天ポイントが還元されるだけでなく、ポイントアップなどの特典も非常に魅力的です。
男性

楽天カード の口コミ

5 44歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
年会費が無料で使えば使うほど楽天のサービスで使える楽天ポイントがどんどん貯まること。支払いは全て楽天カードでしているので月に1万円近くもポイントが貯まる。貯まったポイントは楽天市場での買い物や楽天証券での投資信託購入にも使えるのがとても便利
男性

楽天カード の口コミ

5 35歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
様々なキャンペーンに申し込む事が出来て当選するか楽しみがあります。また、貯めた楽天ポイントを使って、ショッピングをする事が出来る点も気に入っている点です。ポイントアップ際には、従来よりも更に楽天ポイントがもらえる点も魅力的です。

コスパの高いクレジットカードランキング4位:ビックカメラSuicaカード

コスパランキング4位

「ビックカメラSuicaカード」はビックカメラのポイントとJRE POINTの両方が貯まるお得なVIEWカードです。

ビックカメラSuicaカード

年会費
初年度:無料 2年目以降:477円(税別)
ポイント還元率
0.5%〜1.9%
国際ブランド
VISA JCB
電子マネー
Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 初年度年会費無料!2年目以降も実質無料!
  • ビックカメラの買物でお得にポイント貯まる
  • ビックポイントを電子マネーに交換可能

交通系電子マネーのSuicaとしても使えるので、ビックカメラと公共交通機関の両方をよく利用する方はとくに大きなメリットを感じることができます。

中でもSuicaを利用したビックカメラでの買い物は驚くほどお得。
ビックカメラSuicaカードからSuicaに残高チャージすることで、JRE POINTが

  • 還元率1.5%

で付与されるとともに、ビックカメラでSuica支払いすればビックポイントが、

  • 還元率10.0%

で付与されます。

JRE POINTとビックポイントの還元率を合計すると11.5%

これだけの還元率は他では見られません。

ビックカメラでよく買い物する方は、ぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

ビックカメラSuicaカードについて専門家からの一言

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子 監修者

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

【専門家の解説】

次年度手数料(477円+税)となっていますが年1回のカード利用で無料に。
通勤等でSuicaをよく使いビッグカメラで買い物をするならこのカードのコスパがよいといえます。
ビッグカメラでSuica払いをすると還元率は11.5%に。
セールをしない化粧品や価格の高いゲーム・電化製品を買う時はぜひ使っていきたいカードです。
Suicaにチャージするだけでもポイントが貯まるのも魅力ですね。

ビックカメラSuicaカードの口コミ

男性

ビックカメラSuicaカード の口コミ

5 30歳 / 男性(書店員)

気に入っている点
初年度の年会費のみ無料なのですが、一回利用すれば次の年も無料となる為、実質無料と考えてもいいです。とにかくビックカメラの買い物がお得になるので専用カードと思ってもいいでしょう。ビューカードを既に持っているのですが、2枚目として作りました。
男性

ビックカメラSuicaカード の口コミ

5 31歳 / 男性(医療事務職)

気に入っている点
やはり個人的にはビッグカメラが昔から好きで通わせて頂いていることもありまして、ビッグカメラで買い物をして効率的にポイントを貯めることができる、専用のクレジットカードとして保有することによりまして、いつも買い物で得した気分になれる所であります。
男性

ビックカメラSuicaカード の口コミ

5 35歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
ビッグカメラでのポイントが基本10パーセントというのはかなり大きい。ゲーム購入など、ビッグカメラを利用する機会が多いのでこれだけでカードを作ってよかったと思います。Suicaのチャージにもポイントが貯まるのも良い。

コスパの高いクレジットカードランキング5位:Yahoo! JAPANカード

コスパランキング5位

「Yahoo!JAPANカード」は、電子マネーのPayPayを使っている方にとって、とくに大きなメリットを感じることができるクレジットカードです。

Yahoo! JAPANカード

年会費
初年度:無料 2年目以降:無料
ポイント還元率
1.0%~3.0%
国際ブランド
VISA MasterCard JCB
電子マネー
Suica(スイカ)
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 年会費永年無料!
  • Yahoo!ショッピングでの還元率が3%
  • Tモール経由利用でポイントがさらにお得に

PayPayは現時点で日本で一番普及しているバーコード決済サービスになりますが、

残高チャージに使えるクレジットカードはYahoo!JAPANカードだけ

他のクレジットカードしか持っていない場合、銀行口座やセブン銀行ATMなどからしかチャージできません
PayPayを便利に使いこなせるクレジットカードはYahoo!JAPANカードだけなのです。

Yahoo! JAPANカードも、通常時から、

  • 還元率1.0%

と、いつどこで利用してもポイントを貯めやすいカードと言えるでしょう。

また、Yahoo!JAPANカードはポイントサービスにTポイントを採用しているのでポイントの活用がしやすいことも強み。

日常生活でかなり役立つクレジットカードとなっています。

Yahoo! JAPANカードについて専門家からの一言

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子 監修者

監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

【専門家の解説】

キャッシュレスポイント還元で増えたスマホ決済のPayPayは、Yahoo!系列。
残高チャージに使える唯一のクレジットカードです。
2020年1月まではチャージするだけでもTポイント1%付与されたのでコスパがかなり良かったのですが、現在チャージにポイント付与されません
とはいえ年会費無料で普通に使うだけでも還元率1%、Yahoo!ショッピングでの買い物は3%還元はコスパ◎です。

Yahoo! JAPANカードの口コミ

男性

Yahoo! JAPANカード の口コミ

5 31歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
まずはヤフーショッピングでポイントが貯まるという点です。5のつく日はポイントもアップするので非常にお得です。私は5の付く日に大きな買い物をするようにしています。貯まったポイントは街でも使えるので使い勝手が良い。
男性

Yahoo! JAPANカード の口コミ

5 34歳 / 男性(職業訓練指導員)

気に入っている点
年会費無料でありながら、ヤフーの会員であれば誰でも得する内容が満載であったからです。ヤフー決済、ヤフーオークション、Tポイントを貯めるどれも魅力的な要素で必ず私の手元に一枚必要なクレジットカードであると思いました。
男性

Yahoo! JAPANカード の口コミ

5 49歳 / 男性(会社員)

気に入っている点
年会費が無料で、100円につき1ポイントが貯まりますので、他のカードよりも貯まりやすい点が気に入っています。またクレジットカードのポイントにプラスして、Tポイントも貯まる点が特に気に入っています。またクレジットカードで貯まったポイントはヤフーショッピングやヤフートラベルで使うことが出来ますし、貯まったTポイントはTポイントが使えるお店で使うことが出来て便利です。

ここまで、実際にユーザーの方々の満足度を元にコスパが高いといえるカードをご紹介してきました。

ここからは、本当にあなたにとってお得なクレジットカードを見つけられるよう、コスパが高いクレジットカードを選ぶ際に知っておきたいことをお話します。

コストパフォーマンスとは費用に対する効果の高さのこと

コストパフォーマンスとは「費用対効果」のことで、

支出に対してどれだけメリットのあるリターンを得られるか

で良し悪しを判断します。

分かりやすく日常生活でいうと、

  • 食品なら安いのに美味しくて量が多い
  • 家電なら相場価格以上の性能がある

などが典型的なコスパに優れる例になります。

ここで注意しておきたいのは、価格・費用の多寡だけで単純に判断しないことです。

例えば同じジャンルの製品同士を比較して、

  • Aという商品は100円で3通りの機能
  • Bという商品は1,000円で50通りの機能

があれば、値段が高くてもBの方がコスパ優秀ということになります。

逆に、自分が必要としている3つの機能がAには全て備わっているけれど、Bの残り47機能は無駄なものばかりであるなら、Aの方がコスパ優秀という評価になります。

このように、コストパフォーマンスの評価は相対的に変化するものなので、費用に対して自分にどれだけ適しているかを常に意識して判断するようにしましょう。

では、クレジットカードのコストパフォーマンスはどのように考えるべきでしょうか。

次の項からはクレジットカードのコスパについて考えていきます。

クレジットカードは年会費に対するメリットの高さでコスパを計る

クレジットカードを一般的なコストパフォーマンスの考え方に当てはめると、

年会費が価格・費用

ということになります。

クレジットカードのコストパフォーマンスを計る際は、年会費に対してどれくらいのメリットが得られるかで判断するようにしましょう。

では、クレジットカードのメリットとは何を指していうのでしょうか。
現金がなくても買い物ができることのように思われる人もいるかもしれませんが、メリットの本質はそれではありません。

以下でクレジットカードのメリットについて考えてみましょう。

クレカのメリットとはスペックの充実度

クレジットカードのメリットとは、ずばりスペックがどれくらい充実しているかのこと。

とくに付帯サービスは、自分が必要としている要素がどれくらい揃っているかチェックしておきたいポイントになります。

「クレカのメリットは利用枠の大きさで決まるのでは」と考える方もいらっしゃるでしょうが、それは大きな勘違いです。
利用枠の大きさはあくまでもその個人に対する与信審査で決定される要素。

同じカードであっても、

  • Aさんは10万円まで
  • Bさんは100万円まで

と大きく変化します。これでは客観的にメリットを判断できません。

その点で付帯サービスは与信に関係なく、同じクレジットカードを持っている会員全てに共通した内容で提供されます。

なので、複数のクレジットカードを比較検討する際に、

  • Aのカードは年会費無料なのに便利なサービスが多い
  • Bのカードは年会費10,000円だけど提携の有料VIPサービスが無料になる

といった客観的な判断が可能になります。

1枚でさまざまなことができるクレジットカードは、利用枠のように流動的な要素ではなく、全ユーザーへ公平に提供される要素にメリットがあるかを重視しましょう。

次は、複数のクレジットカードを比較検討するときに、とくにメリットが分かりやすい要素にスポットを当てて深堀りします。

ポイントの貯まりやすさ

ポイントサービスはいまや個人向け、法人向けを問わず、クレジットカードにあって当たり前のサービスになりました。

しかし、カードによってポイント付与率は異なるので、ポイントが貯まりやすいか否かはメリットを判断する上で分かりやすい基準となります。

例えばAとBのクレジットカードを比較して、

  • Aは1.0%の付与率
  • Bは0.5%の付与率

だったとします。

同じ1万円の買い物をしても、Aの100ポイントに対し、Bでは50ポイントしか付与されないのでその差は歴然。
月間や年間の単位で見ればその差はさらに大きく開いていきます。

貯まったポイントは商品との交換や支払い時の充当に利用できるので、付与率の大きさは馬鹿にできない要素です。

年会費とポイント付与率のバランスをよく考えて、得するクレジットカードを優先的に検討するようにしてみましょう。

家族カード発行の有無

独身の方はあまり意識することがないかもしれませんが、配偶者や大きな子供、親がいる方にとっては家族カードが大きなメリットとなることがあります。

もし、家族がいるなら

  • 家族カードを発行できるか否か
  • 発行できるなら有料か無料
  • 家族カードで受けられるサービス内容

をチェックしましょう。

また、家族カードが何枚発行できるかも大切なチェックポイントです。
家族カードだからといって家族の誰でも自由に使えるわけでなく、メインカードのように名義にある本人しか使うことができません

例えば両親と配偶者に持たせたい場合は計3枚の家族カードが必要になるので、発行可能枚数はしっかりと確認しておきましょう。

家族カードもメインカードと同じサービスが受けられる

基本的に家族カードはメインのクレジットカードと同じグレードのものが発行されます。
付帯サービスも基本的にメインカードと同じものが提供されるので、

家族カードがあれば利用する家族全員で同じメリットを享受できる

ということになります。

例えば旅行傷害保険やショッピング保険。
利用者付帯だった場合にメインカードしかなければ自分しか保障されませんが、家族カードを発行していれば利用している配偶者や両親も保障を受けられるようになります。

ただし、利用枠はそれぞれ個別に設定されないので注意が必要です。

メインカードの利用枠をシェアする形になり、利用代金もメインカードにまとめられて請求されるので、誰か1人が使いすぎるということがないようにしっかり管理しましょう。

電子マネーへの対応

電子マネーに対応しているかもチェックしておきたいポイント。

クレジットカードが電子マネーに対応していれば、より便利にキャッシュレス決済ができ、場合によって電子マネーとクレジットカード双方にポイントが付与される「2重どり」のメリットも受けられます。

最近ではクレジットカードでも少額決済ならサインレスで買い物できるお店が増えてきましたが、古い決済端末を使っているお店ではまだサインを求められて煩わしいこともあります。

もしクレジットカードが電子マネーに対応しているなら、電子マネー経由で支払うことによって面倒なサインを完全に省略することができます。

また、

  • 電子マネーにチャージすることでクレジットカードにポイント加算
  • 電子マネーで買い物をして電子マネーのポイントも加算

ということができるので、非対応のクレジットカードを単体で使うよりも圧倒的にお得になります。

電子マネーによっては特定のクレジットカードと紐付けることで、さらにポイント付与率を優遇させるケースもあるので、使おうとしている電子マネーとクレジットカードの関連性についてもチェックしておくことをおすすめします。

入会キャンペーンの有無

これから新しくクレジットカードを申し込もうと考えているのであれば、公式サイトで、

入会キャンペーンが実施されていないかしっかりチェック

しておくことをおすすめします。

キャンペーン内容はカード会社や実施時期によって異なりますが、一般的なケースとして、

  • 年会費の永年無料化
  • キャッシュバック
  • 入会から数カ月間ポイント付与率大幅アップ

などが多いようです。

タイミングさえ合えば大幅に得することがある入会キャンペーンは見逃すわけに行きません。

スペックだけでクレジットカードを決めあぐねている場合は、入会キャンペーンの内容で最終決定してもいいでしょう。

まとめ

「このカードはコスパがいい」という他人の言葉だけで申し込んだものの、

  • 自分に役立つサービスがほとんどない
  • 利用枠が少ない
  • ただキャッシュレス決済するだけのプラスチックの板にしかならなかった

という笑えない話はよく耳にします。

そのようなことがないように、クレジットカードのコスパについて理解を深めることは大切です。

検討中のクレジットカードのスペック(サービス)をしっかりチェックし、決済以外のシーンでしっかり役立てられるものを申し込むようにしましょう。

今回ご紹介した内容を参考に、あなたにとって本当の意味でコスパ優秀なクレジットカードを手に入れてください。

2020.07.31

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

※ランキング根拠:以下の評価基準で算出しております。

  • 口コミ評価ポイント:実際にカードを使用された576名の方へのアンケート結果に基づきポイントを付与

【口コミ概要】

調査目的 クレジットカードに関するユーザーの満足度調査
調査方法 インターネット調査
調査対象 現在各カードを使用している方
調査地域 日本国内
調査期間 2019年9月5日~2019年9月26日
調査人数 576人
調査機関 ランサーズ

【各カードの口コミ評価ポイント】

カード名 口コミ評価ポイント(コスパの良さ)
JCB CARD W 4.5
オリコカード THE POINT 4.2
楽天カード 4.1
ビックカメラSuicaカード 4.0
Yahoo! JAPANカード 3.9
監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子
監修者:ファイナンシャルプランナー 稲村優貴子

現在FP For You代表としてメディア出演・相談・講演・執筆業務を行っている。年間500件の個別相談をこなし、20年以上のキャリアで教育資金・住宅資金・離婚カウンセリング等相談内容は多岐にわたる。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ