おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

クレジットカード(法人用)ポイント還元制度を比較!12種類の法人カード紹介

クレジットカード(法人用)のポイント還元制度は、カード会社によりさまざまです。さらにカードのグレード(一般・ゴールド・プラチナ)によっても、少しずつ違いがあります。

比較するにしても、分かりにくくて戸惑う部分ではないでしょうか。
今回は、クレジットカード(法人用)のポイント還元制度を7つの視点から比較し、グレードごとに比較表を作成しました。

ポイント還元率については、交換先によってかなり違いがあるため、今回は経費節減しやすい「利用代金への充当」に的を絞ってまとめています。

これから法人用のクレジットカード作成をお考えで、ポイント還元制度を比較したいという方は、ぜひ参考にしてください。 

クレジットカード(法人用)のポイント制度を比較する項目6点

法人用クレジットカードのポイント制度を比較するのに確認したいポイントは以下の6点です。

それぞれのポイントについて簡単に解説します。

1.通常のポイント還元率はいくらか

通常のポイント還元率は、ポイントの貯まりやすさに直結するため、最初に確認しておきたい点です。

法人用クレジットカードは個人用のクレジットカードよりもポイント還元率は低いのですが、毎月かかる経費が多いため、得られるポイントは多くなります。

2.ポイントを利用金額の支払いに回せるか

次に、獲得したポイントを利用金額の支払いに回せるかどうかも確認したいポイントです。カードの支払いに充当できれば、簡単に経費節減ができます。

利用金額の支払いに回す場合、何らかの手数料が発生する場合もあるため、そのようなコストがかからないかどうかも確認します。

3.ポイントアップ制度が活用できる内容かどうか

どのポイント還元制度にも、「ポイント〇倍」になる制度やキャンペーンが用意されています。しかし、そのポイントアップの達成条件が簡単に達成できるかどうかも重要です。

利用することの多い費用がポイントアップ制度に関係ない場合、ポイントアップの恩恵は受けられません。カードの使い方とポイント還元制度がマッチしているかどうかを確認しましょう。

4.ポイントアップ対象の加盟店やECサイトは事業で利用するかどうか

ポイントアップ対象の加盟店やECサイトが指定されているカードもあります。事業で利用することの多い加盟店やECサイトが含まれているかどうかも、ポイントを多く獲得できる重要な要素です。

5.公共料金の支払いがポイント加算対象になっているかどうか

例えば、飲食店は、電気料金・水道料金・ガス料金など、公共料金の支払いが多い事業です。このようなケースでは、公共料金の支払いがポイント加算対象になっているかどうかも確認しておかなければいけません。

カードによっては、ポイント付与対象外だったり、ポイントの付与率が下がったりすることもあるため要注意です。

6.ETCの利用料金がポイント加算対象になっているかどうか

営業用の自動車を多く利用する事業で、ETCカードの利用頻度が高い場合もあるでしょう。その場合は、ETCカードの利用料金がポイント加算対象になっているかどうかも確認してください。

多くの場合ポイントも付与されますが、ETCカードの利用代金はポイント付与対象外のカードもあります。

以上で、法人用クレジットカードのポイント制度を比較する際のチェックポイントについて説明しました。

次からは、このチェックポイントを基に、クレジットカードのランク(一般・ゴールド・プラチナ)に分けて、ポイント制度を比較していきます。

まずは、一般カードランクの法人用クレジットカードを比較しましょう。

クレジットカード(法人用)のポイント制度比較
【一般カード編】

法人用クレジットカード(一般カード)のポイント制度を、最初の見出しで挙げた6項目で比較して一覧表にまとめました。

  アメックスビジネス JCB CARD Biz 一般 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック
通常のポイント還元率(通常の国内加盟店利用、利用金額充当を想定) 通常:0.30%
ポイントアップ制度
適用:1.0%
通常:0.33%
ポイントアップ制度
適用:0.495%
0.50%
利用金額の支払い充当
・100円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント0.3円
(ポイント還元率0.3%)

・1,000円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント3円
(ポイント還元率0.33%)

・200円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント1円
(ポイント還元率0.5%)
ポイントアップ制度

メンバーシップ・リワード・プラス
(年間3,000円)
加入で利用料金の交換レートが1ポイント1円にアップ(ポイント還元率1.0%)

年間利用額約50万円以上あればプログラム加入がお得

年間100万円以上の利用で翌年50%アップ(ポイント還元率0.495%) ×
ポイントアップ対象の加盟店やECサイト メンバーシップ・リワード・プラスに加えて無料のボーナスポイントプログラム登録で以下の店舗がポイント3倍
・ヤフーショッピング
・iTunes Store/App Store
・Amazon.co.jp、Amazonマーケットプレイス、Kindle本、Amazon Businessなど
OkiDokiモール経由のショッピングでポイント2~20倍アップ
・ポイント15倍:成城石井
・ポイント2倍:Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場など

・対象店舗を3店舗選んでポイント2倍
・以下の街中実店舗利用でポイント5倍
セブン‐イレブン、
ファミリーマート、
ローソン、
マクドナルド
(一部対象外あり)

公共料金の支払いはポイント加算対象か

主な公共料金(電気・ガス・水道)はポイント付与率半減(200円=1ポイント)

 ※NHKはポイント付与対象外

通常のポイント付与率に同じ 国民年金保険料
ETCの利用料金はポイント加算対象か

 ※2019/10/20時点

それぞれのカードについて、ポイント制度の特徴も簡単に紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(以降アメックスビジネスカード)は、メンバーシップ・リワード・プラスというポイントアップ制度を活用することで、高いポイント還元率となるカードです。

ポイント還元制度をそのまま利用すると、利用料金の充当では0.3%のポイント還元率となり、標準よりも低い還元率となってしまいます。

年間3,000円を支払ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると、ポイント還元率が1.0%となり、法人用のクレジットカードの中でもトップクラスの還元率となります。

年間50万円以上の利用があれば、メンバーシップ・リワード・プラスに加入した方がお得です。年間の経費を試算して、50万円を超えるようならメンバーシップ・リワード・プラスへの加入を検討しましょう。

また、電気料金や税金などはポイント還元率が半減するため、公共料金の支払いが経費に占める割合が多い事業の場合、他の法人用クレジットカードも検討してください

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
初年度無料 12,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

JCB CARD Biz 一般

JCB CARD Biz 一般は、利用料金の充当で通常のポイント還元率は0.33%です。年間利用額が100万円以上になるとポイントが1.5倍となる無料のポイントアッププログラムがあるため、実質は0.5%近いポイント還元率で利用料金への充当が可能です。

公共料金やETCカードの支払いも、通常と同じだけポイントが還元されるため、年会費の安い一般カードの中では、比較的バランスの良いポイント還元制度と言えます。  

JCB CARD Biz

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2~3週間 個別設定 無料

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックは、キャッシュバックのポイント還元率が0.5%と低くなっています。ただし、ポイントアップ対象店舗をうまく利用することで、ポイントが2~5倍付与されます。

特に、「対象店舗を3店選んでポイント2倍」は、備品の購入など実際によく利用している実店舗を選べるため、うまく使うことができれば、ポイント還元率を1.0%まで改善可能です。

以上で、クレジットカード(法人用)一般カードのポイント制度を比較しました。次にゴールドカードになるとポイント制度がどう変わるのかを確認しましょう。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~150万円 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大10,000円のVJAギフトカードプレゼント!

クレジットカード(法人用)のポイント制度比較
【ゴールドカード編】

クレジットカード(法人用)のゴールドカード6種について、ポイント制度を比較し、一覧表にまとめました。

法人向けのクレジットカードは、ゴールドカードクラスが多く、比較するカードも多くなっています。

▼クレジットカード(法人用)のポイント制度比較【ゴールドカード編】その1

アメックスビジネスゴールド JCB CARD Biz GOLD 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド
通常のポイント還元率(通常の国内加盟店利用、利用金額充当を想定) 通常:0.30%
ポイントアップ制度
適用:1.0%
通常:0.33%
ポイントアップ制度
適用:0.495%
0.5%
利用金額の支払い充当
・100円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント0.3円
(ポイント還元率0.3%)

・1,000円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント3円
(ポイント還元率0.33%)

・200円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント1円
(ポイント還元率0.5%)
ポイントアップ制度 一般カードと同じ 一般カードと同じ ×
ポイントアップ対象の加盟店やECサイト 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ
公共料金の支払いはポイント加算対象か 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ
ETCの利用料金はポイント加算対象か 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ

 ※2019/10/20時点

▼クレジットカード(法人用)のポイント制度比較【ゴールドカード編】その2

オリコ EX Gold for Biz(S/M) 楽天ビジネスカード ライフカードビジネスライト ゴールドカード
通常のポイント還元率(通常の国内加盟店利用、利用金額充当を想定) 通常:0.6%
ステージアップ:1.2%
1.0% 0.455%
利用金額の支払い充当 ×
代替手段として、暮らスマイル1ポイント
→オリコポイント5ポイント
→5円として無料で発行できるオリコプリペイドカードにチャージ
(ポイント還元率0.6%)


・100円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント1円
(ポイント還元率1%)


・1,000円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント4.55円
(ポイント還元率0.455%)
ポイントアップ制度
年間50万円以上利用でポイントアップ、
最大200万円超でポイント2倍
(ポイント還元率1.2%)
×
年間50万円以上利用でポイントアップ、
最大200万円以上でポイント2倍
(ポイント還元率0.91%)
ポイントアップ対象の加盟店やECサイト オリコモール経由でオリコ EX Gold for Bizを使った買い物でさらにポイントアップ

・楽天市場など楽天グループでの利用はポイント5倍
・ローソンや大丸などの実店舗利用でポイント2倍

LMALL経由でのネットショッピングでポイント2~25倍
公共料金の支払いはポイント加算対象か 不明
ETCの利用料金はポイント加算対象か ×

 ※2019/10/20時点 

ここからは、比較表で取り上げたクレジットカードのポイント制度について、その特徴を解説します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(以降アメックスビジネスゴールド)は、一般カードと比較して、ポイント制度面での違いはありません。

やはり、メンバーシップ・リワード・プラスを利用することでポイント還元率をアップすることで、ポイントが多く貯められます。

メンバーシップ・リワード・プラスを利用するとボーナスポイントプラスによってAmazonなどのECサイトでポイントが3倍になる点も魅力的です。

年会費はかかりますが、メンバーシップ・リワード・プラス加入がポイントを大きく貯めるポイントとなります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税抜) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

JCB CARD Biz GOLD

JCB CARD Biz GOLDのポイント還元制度は、一般カードとほぼ同じです。

OkiDokiモールを経由してパソコンなど必要な備品を調達することでポイントが最大20倍になるため、上手に利用してポイントを多く貯めましょう。

JCB CARD Biz GOLD

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税抜) 0.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2~3週間 個別設定 無料

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドのポイント還元制度も、一般カードとの違いはほぼありません。

ポイントアップの優待店舗を利用して、ポイントを多く貯めるという使い方がポイントゲットには効果的です。

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税抜) 0.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 50万~300万円 0.5% 税別500円+税
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大12,000円のVJAギフトカードプレゼント!

オリコ EX Gold for Biz(S/M)

年間利用額が200万円以上に達する場合、オリコ EX Gold for Bizのポイント還元率は1.2%です。今回取り上げた法人向けのクレジットカードの中で一番高い還元率となります。

ただし、貯まったポイントで利用金額の支払いに充当できない点が、本カードのネックです。

年会費無料のオリコプリペイドカードを作ってそこにポイントを移行(暮らスマイルからオリコポイント経由でチャージ可能)して使う方法が、使い勝手がよくおすすめです。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

楽天ビジネスカード

いつでもどこでも、どんな支払いてもほとんど1%のポイント還元率を誇る楽天ビジネスカード。

個人用「楽天プレミアムカード」の追加カードという形での発行になるため、2枚で保有する必要がありますが、利用代金への充当も1ポイント1円で、高還元率かつ使いやすい法人向けのクレジットカードです。

さらに、楽天市場や楽天トラベルで楽天ビジネスカードを利用するとポイントは5倍になります。ただし、増えた4倍分のポイントは期間限定ポイントで、利用料金に充当することはできません

楽天市場や楽天トラベルでポイントを利用するか、楽天ペイからスマホ決済で利用するかが、無駄なく期間限定ポイントを使える方法です。

楽天プレミアムカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 無料

ライフカードビジネスライト ゴールドカード

通常のポイント還元率は0.455%のライフカードビジネスライト ゴールドカード。年間200万円以上の利用でポイントは2倍となり、ポイント還元率も0.91%にアップします。

ただし、ETCカードの利用料金はポイント還元されないため、ETCカードの利用が多い事業の場合は、別のカードを検討するのも良いでしょう。

以上で、クレジットカード(法人用)ゴールドカードのポイント制度を比較・解説しましたが、プラチナカードになるとポイント制度はどうなるでしょうか。

続いてクレジットカード(法人用)プラチナカードのポイント還元制度を比較してみましょう。

クレジットカード(法人用)のポイント制度比較
【プラチナカード編】

クレジットカード(法人用)プラチナカードのポイント還元制度も、比較表にまとめました。

アメックスビジネスプラチナ JCB CARD Biz プラチナ 三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ
通常のポイント還元率(通常の国内加盟店利用、利用金額充当を想定) 1.0%

通常:0.33%
ポイントアップ制度
適用時最大:0.561%

0.5%
半年間で50万円以上の利用がある場合:+0.5%
(ギフトカードでプレゼント)
利用金額の支払い充当
・100円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント1円
(ポイント還元率1%)

・1,000円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント3円(ポイント還元率0.33%)

・200円ごとに1ポイント
・交換レート1ポイント1円
(ポイント還元率0.5%)
ポイントアップ制度 メンバーシップ・リワード・プラスに自動的に加入しているため常時ポイントアップ状態 年間100万円以上の利用で翌年60%アップ、年間300万円以上の利用で70%アップ、
(ポイント還元率0.528%、0.561%)

半年間ごとに、50万円以上の利用がある場合
利用額の0.5%相当の三井住友カードVJAギフトカードプレゼント(2,000~3万円まで)
ポイントアップ対象の加盟店やECサイト 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ
公共料金の支払いはポイント加算対象か 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ
ETCの利用料金はポイント加算対象か 一般カードと同じ 一般カードと同じ 一般カードと同じ

 ※2019/10/20時点 

比較表に掲載したカードのポイント還元制度の特徴を順番に解説します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(以降アメックスビジネスプラチナ)になると、メンバーシップ・リワード・プラスには無料で加入となります。

そのため、通常でポイント還元率が1.0%になり、ボーナスポイントプログラムに登録することで、優待対象店のポイント3倍も適用されます。

年会費が高額のため、ポイント還元制度だけでなく、空港関連サービスなど他の付帯サービスを利用するかどうかなど、総合的に判断して申し込むかどうかを決めましょう。

JCB CARD Biz プラチナ

JCB CARD Biz プラチナになると、一般やゴールドとは違い、ポイントアップ制度に新しい条件が加わります。

年間200万円以上の利用でポイントが70%アップ。年間200万円以上の利用が見込めるなら、ポイント還元率は0.561%にアップします。

JCB CARD Biz プラチナ

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
30,000円(税抜) 30,000円(税抜) 0.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2~3週間 個別設定 無料

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカード

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカードは、通常のポイント還元率などに変化はありません。

しかしプラチナ独自の付帯サービスに、三井住友カードVJAギフトカードプレゼントが加わります。

半年間で50万円以上の利用がある場合、利用額の0.5%相当のギフトカード(2,000円から最大で3万円)がゲットできるため、ポイント還元率はさらに0.5%アップします。

ここまでで、クレジットカード(法人用)プラチナカードのポイント制度を比較・解説しました。

ここからは、切り口を変えつつ、おすすめのクレジットカードをピックアップしていきます。

まずは、年間利用額別に、ポイント還元率の高いクレジットカードを紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
50,000円(税抜) 50,000円(税抜) 0.5%~0.8% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 200万~500万円 0.5% 税別500円+税
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大20,000円のVJAギフトカードプレゼント!

【年間利用額別】おすすめのクレジットカード3選

年間利用額別でポイント還元制度を見た場合に、おすすめのクレジットカードは以下の通りです。

  • 年間利用額が0~200万円未満:アメックスビジネスカードor楽天ビジネスカード
  • 年間利用額が200万円以上:オリコ EX Gold for Biz

アメックスビジネスカードは、メンバーシップ・リワード・プラスに加入する必要はありますが、ポイント還元率は1.0%と高水準です。楽天カードは、通常で1.0%であること、公共料金のポイントも1.0%で還元される点が優れています。

海外出張が多く空港関連のサービスもよく利用するならアメックスそうでないなら楽天ビジネスカードがおすすめです。

年利用額が200万円以上の場合は、オリコ EX Gold for Bizのポイント還元率1.2%が最も高くなります。

利用代金への充当ができないのでオリコプリペイドカードにポイントをチャージして使うという手間はかかりますが、ポイント還元率の高さは魅力的です。

年間利用額別のおすすめクレジットカードの解説は以上です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
初年度無料 12,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

楽天プレミアムカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 無料

※楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの追加カードという形で作る必要があります。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

次に、ネットショッピングの利用でポイントが大きく得られる、おすすめのクレジットカードを紹介します。

ネットショッピングにおすすめの法人カード3選

ネットショッピングでポイントアップ率が高いおすすめの法人カードは以下の3枚です。

  • Amazonならアメックスビジネスゴールド
  • オリコ EX Gold for Bizはオリコモールの利用がポイント
  • 楽天市場なら楽天ビジネスカード

Amazonは、アメックスビジネスゴールド経由でポイント3倍。他と比べても高いポイントアップ率です。

また、オリコ EX Gold for Bizも、オリコモール経由でショッピングをすると、0.5%以上のポイントがプラスして付与されます。楽天市場を使っている場合は、楽天ビジネスカードがポイント5倍となりおすすめです。

以上で、ネットショッピングでポイントアップ率が高いおすすめの法人カードを紹介しました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税抜) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

楽天プレミアムカード

国際ブランド

VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
10,000円(税別) 10,000円(税別) 1%~15% 楽天ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 公式サイト参照 無料

※楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの追加カードという形で作る必要があります。

最後に、街中での利用におすすめの法人カードをご紹介します。

街中での利用におすすめの法人カード2選

街中での利用でポイントアップ率の高いおすすめの法人カードは以下の通りです。

  • ETCカードなら年会費無料で作れるJCB CARD Biz
  • 街中のコンビニ利用などでポイント5倍の三井住友ビジネスカード for Owners

JCB CARD Bizは、ETCカードが年会費無料で作成することができます。ETCカードの利用分もポイント還元されるため、車の利用が多い業態の事業を展開している場合は、特におすすめの法人向けクレジットカードです。

また、三井住友ビジネスカード for Ownersは、全国展開しているコンビニやファーストフードショップの利用でポイントが5倍貯まるのでおすすめしたいクレジットカードです。

JCB CARD Biz

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2~3週間 個別設定 無料

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~150万円 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大10,000円のVJAギフトカードプレゼント!

まとめ

主要な法人向けクレジットカードのポイント還元制度について、比較しながらその特徴を解説しました。

カード会社によってポイント還元制度には特徴があり、同じカード会社の一般カードとゴールドカードでは、その特徴が一致するケースも多く見られます。

年間利用額や実際に物品を購入する店舗・ECサイトによって優遇内容も異なるので、比較しながら、自身の事業内容でもっとも多くポイントが貯められそうなクレジットカードを選んでください。

今回は、利用金額の充当に的を絞ってポイント還元率を出していますが、ポイント以降先によっては、ポイント還元率が変わるカードもあります。

マイルに交換するなど、交換先が決まっている場合は、交換先別で比較してみてくださいね。

2020.09.30

【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

【最適が見つかる!】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2020年最新版

経営者や個人事業主の方にとって、法人カードは事業資金の管理などを楽にしてくれる必須アイテムです。今や、事業をスムーズに行う上で必須のアイテムと…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人カードランキング

ページトップ