コーポレートカードとは何?コーポレートカードの基礎知識をご紹介!

コーポレートカードを使うサラリーマン

会社でコーポレートカードの導入が決まったのは良いものの、審査の問題や、どのカードを選べば良いのかなど、色々お悩みの方もいらっしゃると思います。

特に審査については、事前に知っておいた方が有利になるポイントや注意点もあるので早めの準備が必要です。

こちらのページでは、カードの基本的な知識や選び方などをご紹介していきます。カードの作成に失敗しないためにも、しっかり確認してください。

コーポレートカードとビジネスカードの違い

クレジットカードで決済をする

コーポレートカードとは法人や個人事業主向けのクレジットカードのことですが、カード会社のホームページなどで ビジネスカードといった単語を目にすることもあると思います。

そこで、この章では、コーポレートカードとビジネスカードの違いをご紹介します。

早速ですが、 コーポレートカードとビジネスカードの違いは明確にはありません。クレジットカード会社によって名称が異なるだけです。

例えばJCBの場合は大企業向けの法人カードをコーポレートカードとビジネスカードとに分けており、カードの支払い口座が個人なのか会社なのかによって区別しています。

JCBのカードは下記のようになっております。

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
お申込み対象 法人または個人事業主 ※ カード使用者は18歳以上の方が対象となります。
年会費 カード使用者 1名様の場合 初年度無料 初年度無料 30,000円(税別)
翌年度以降1,250円 (税別) 翌年度以降10,000円 (税別)
カード使用者追加 1名様ごとに 初年度無料 初年度無料 6,000円(税別)
翌年度以降1,250円 (税別) 翌年度以降3,000円 (税別)

公式サイトはこちら

このように、コーポレートカードとビジネスカードはカード会社によって多少意味合いが変わりますが、 機能に大きな違いはありません。不明点がある時は、各カード会社に問い合わせるのが良いでしょう。

コーポレートカードのメリットとデメリット

電卓で計算をする

コーポレートカードのメリットとデメリットについて、整理して考えてみましょう。

この場合、後ほど説明しますが会社決算型のコーポレートカードを例にします。

メリット:経費精算のしやすさ

コーポレートカードの最大の魅力は、 経費精算が簡単にできることです。

一般的に、経費精算の事務処理は、社員が消耗品や交通費などを立て替え、1ヶ月分をまとめて会社に提出します。

その際、社員は「領収書」と「経費精算書」の提出が必要です。

金額が小さく、領収書が少ない場合には何も問題はありませんが、領収証が多いと経費精算書の作成や、領収書の管理だけでも手間がかかります。

また、毎月立て替える金額が大きいと社員の負担も大きくなります。

その点、コーポレートカードですと、カード明細で支払い額の確認ができるため、管理が楽にできるというわけです。

デメリット:社員が不正をしてしまう可能性があること

反対にコーポレートカードのデメリットは、社員が使おうと思えば、 クレジットカードを私用にも使えてしまうことです。

悪意がなくても、間違って使うことを未然に防ぐことは難しく、こればかりは社員が使う時に注意するしかありません。

もし使ってしまった場合には、横領とみなされることもあるので、カードを私用で使った時点で会社に報告することが重要です。

会社決済型と個人決済型について

クレジットカードを持つ男性

コーポレートカードには、クレジットカードの使用分を会社の口座から支払うタイプの 会社決算型と、個人の口座から支払うタイプの 個人決算型2種類のタイプがあります。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、それぞれの特徴を理解して使い分けるようにしましょう。

会社決済型のコーポレートカード

先ほども説明しましたが、 会社決済型のメリットは クレジットカードの利用データが一括で管理できるということです。

その結果、面倒な経費精算がなくなり、会社側とカードを使う社員のどちらにもメリットがあると言えます。

デメリットは、クレジットカードを持つ社員が手軽に使えてしまうということです。私用の買い物で間違えて使わないよう、各々注意しなければなりません。

個人決済型のコーポレートカード

個人決済型のメリットは、 役員や社員が自由にカードを使えるという点です。
自分の口座から引き落とされるため、私用で使っても問題ありません。また、買い物をして付与されるポイントなどは自由に使うことができるので、カードの使用者にメリットが大きいのが特徴です。

デメリットは、カードを発行する際に、個人の審査が行われる点です。そのため、会社の業績が順調でも、個人の信用情報によってはカードを発行できないこともあります。

コーポレートカードの審査のポイント

inspection

まず、審査で見られるのが、 会社と代表者のステータスです。会社のステータスでは、設立年数や業績を重要視しています。

会社の設立年数は長いほうが通りやすい

設立年数は3年経過しているかどうかが基準とされていて、絶対に通らないというわけではありませんが、「3年」というのが一つの目安になっています。

一方、三井住友ビジネスカード for Ownersは、設立が間もない企業でも持つことができます。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC

黒字決算&代表者のステータスは大きい

企業の安定性を見る際には、業績は黒字決算であることが基準となります。

また代表者のステータスも重要です。代表者はクレジットカードの履歴が重要になっています。

例えば、過去にブラックリストに載ったことや、支払いの遅延があると審査に通りにくくなってしまうので、注意が必要です。

以上の点は、審査の基準となりますが、事前に準備をしておくと審査を通りやすくできるポイントがあるのでご紹介します。

審査を通りやすくするには

まず一つ目は 固定電話回線の所持です。固定電話を引いておくと信用が生まれるので、まだ設立したばかりの会社にはおすすめのポイントです。

二つ目は、 代表者がすでに持っているクレジットカードをアップグレードすることです。ステータスの高いカードを所持していることで、信頼があるとみなされ、審査が通りやすくなることがあります。

「こうすれば必ず通る!」とは言い切れないものですが、審査で有利に進めるために、是非知っておいてくださいね。

審査について紹介した、「コーポレートカードの審査基準、落ちるケースや理由について解説!」の記事も参考にしてみてくださいね。

財布からクレジットカードを出す男性

2017.01.20

コーポレートカードの審査基準、落ちるケースや理由について解説!

会社によっては、社員にコーポレートカードを作らせることがあります。会社に言われたからとは言え、クレジットカードを持つことに不安を持つ人は少なくないでしょう。中でも審査に通るかどうか気になりますよね。通常のクレジットカードとコーポレートカードでは、審査に違いはあるのでしょうか?この記事ではコーポレートカードの審査について詳しくご説明します。

コーポレートカードを選ぶポイント

判断する男性

コーポレートカードはカード会社によって受けられるサービスや年会費などが異なります。

そのため、自社との相性の良いカードを選ぶことが大切です。

カードを選ぶ際には以下の二つのポイントに注意しましょう。

年会費

まず一つ目はカードの 年会費です。年会費はカード会社によって異なります。

また複数枚カードを作る場合には、枚数によって年会費が異なるケースもあるので事前に確認するようにしましょう。

サービス内容

二つ目はカードの サービス内容です。カードによっては特典があるものもあります。

例えば、 出張の手配や駐車場の優待など、国内外の出張が多い方には嬉しいサービスを受けられるものもあります。

そのため、年会費が少し高くなっても、コストパフォーマンスが良い場合もあります。

しかし、あまり特典を使う予定のない方はサービスが充実しているものよりも、シンプルで年会費を抑えられるカードを選んだ方が経費を減らすことができます。

特典に惑わされずにカードを選ぶことが大切です。

以上のように 年会費と特典のバランスを考えながら選ぶようにしましょう。

クレジットカードを使うメリットはたくさんある

ビジネス会食

「そもそも、社員がクレジットカードを使うだろうか?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれません。しかし、会社の社員がクレジットカードを持つメリットはたくさんあります。

急な出張や接待でも、クレジットカードがあれば現金を立て替える必要もありません。クレジットカード利用によるポイントも還元されます。

また会社決済の場合、「不正利用がないかどうか」や「使った店や日付や金額」も細かく把握でき、社員は現金を立て替える必要がありません。

個人決済の場合でも、会社の信用でより良い条件でクレジットカードを持つことができます。

クレジットカードの使い方については、「わかりやすさNo.1!安全で正しいクレジットカードの使い方」の記事にも目を通しておくと安心ですね。

2016.11.17

わかりやすさNo.1!安全で正しいクレジットカードの使い方

クレジットカードを作ったばかりだと、「どう使っていいのかわからない!」、「レジで恥ずかしい思いをしたくない!」という不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、安全で正しいクレジットカードの使い方を、どこよりもわかりやすく説明します。基本的なことですが、クレジットカードを使う上でとても重要なことなので、自分の認識と間違っていないかをチェックするときにも役に立つはずです。

まとめ

コーポレートカードとはどんなものかイメージはつかめましたか?

  • コーポレートカードとは「法人や個人事業主向けのクレジットカード」のことでコーポレートカードとビジネスカードは、カード会社によって呼び方が異なるだけで明確な違いはありません。
  • コーポレートカード導入による最大のメリットは、経費精算が簡単にできるようになることです。
  • コーポレートカードの申し込み時の審査においては、「設立年数が3年経過していること、業績は黒字決算であること」が、審査通過の目安の一つになります。

コーポレートカードを作るには、自社でどのように使いたいかを考え、カードの使い道をシミュレーションしてみるのがおすすめです。

JCBのカードを例にすると、一般法人カード、ゴールド法人カード、プラチナ法人カードが用意されています。

JCB一般法人カード JCBゴールド法人カード JCBプラチナ法人カード
お申込み対象 法人または個人事業主 ※ カード使用者は18歳以上の方が対象となります。
年会費 カード使用者 1名様の場合 初年度無料 初年度無料 30,000円(税別)
翌年度以降1,250円 (税別) 翌年度以降10,000円 (税別)
カード使用者追加 1名様ごとに 初年度無料 初年度無料 6,000円(税別)
翌年度以降1,250円 (税別) 翌年度以降3,000円 (税別)

公式サイトはこちら

カードの特性をしっかりと見極めて、上手に使いこなしましょう。

コーポレートカードの審査については、「コーポレートカードの審査基準、落ちるケースや理由について解説!」の記事も参考にしてみてくださいね。

財布からクレジットカードを出す男性

2017.01.20

コーポレートカードの審査基準、落ちるケースや理由について解説!

会社によっては、社員にコーポレートカードを作らせることがあります。会社に言われたからとは言え、クレジットカードを持つことに不安を持つ人は少なくないでしょう。中でも審査に通るかどうか気になりますよね。通常のクレジットカードとコーポレートカードでは、審査に違いはあるのでしょうか?この記事ではコーポレートカードの審査について詳しくご説明します。

「もっとクレジットカードのことを知りたい!」という方は、ナビナビクレジットカードの 「おすすめクレジットカードはライフスタイルで違う!ベストクレカを比較」の記事も参考にしてみてくださいね。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

現金を用意する必要もなく利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。単にクレジットカードといっても、たくさんあってわかりにくいですよね。クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。クレジットカードはうまく使えば、とても便利でお得なサービスなのです。このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

Thumbnail smcc business classic for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜1,250円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10万円~80万円 税別500円+税
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC

三井住友ビジネスカード for Owners(ゴールド)

Thumbnail smcc business gold for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 本会員 税抜10,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
50万~200万円 税別500円+税
  • 国内旅行保険

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナ)

Thumbnail smcc business platinum for owners

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
本会員 税抜50,000円+税 本会員 税抜50,000円+税
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
200万~500万円 税別500円+税
  • 国内旅行保険

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら