誤って借金にもつながる?クレジットカードとキャッシュカードの違いを徹底解説

ATMとクレジットカード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財布に入っていて、形がよく似ているのがクレジットカードとキャッシュカード。その違いをしっかりと把握できていますか?

クレジット機能付きのキャッシュカードや、デビットカード、キャッシング機能のあるクレジットカードなど便利になる一方で、少し複雑になっているカード事情。違いを混同している人が多いのも事実です。

しかしカードの機能を混同して使ってしまうと、「意図しないキャッシング」などの思わぬトラブルを招いてしまうこともあるのです。

クレジットカードとキャッシュカードのスグにわかる違いや、メリットとデメリットをこちらの記事で解説します。

安心してクレジットカードとキャッシュカードを持てる知識を身につければ、自分がどのカードを持てばいいかを判断できますよ。

クレジットカードを持つ男性

まずはキャッシュカードとクレジットカードの、根本的な目的を確認しましょう。最も大きな違いは、「現金を引き出すときに使うかどうか」、「会計を支払うときに使うかどうか」ということです。

キャッシュカードは、銀行口座にある自分の預金から現金を引き出すカードで、銀行ATMで主に使用します。審査は必要なく、銀行口座を持っていれば必ず持てます。現金を自分の口座から引き出すことは「キャッシング」とはいいません。この後出てくる「キャッシング」とは分けて考えましょう。

クレジットカードは、買い物をするときに「クレジット=信用」で実際に支払いを先延ばしにできるカードです。信用で購入できるものなので、審査が必要で18歳以上でないと持てません。

使用するのは、買い物や飲食店での会計時、オンラインショッピングの決済時です。

キャッシュカードやクレジットカードと混同しがちなのが、デビットカードです。デビットカードは銀行口座にある現金を実際にATMで物理的に引き出す必要なく、その買い物で瞬時に会計ができるカードです。

クレジットカードのように支払いを先延ばしにしているわけではなく、未払いが発生しません。使用するのはクレジットカードと同じ、買い物や飲食店での会計時、オンラインショッピングの決済時です。

年会費がかかるわけでなく、銀行のキャッシュカードに同時に機能が付与されていることが多いです。カードの裏面に「J-Debit」と書かれていればそれはデビットカードです。お金を引き出すときの暗証番号を打ち込めば、利用できます。

このように、よく似た3つのカードがあるため、その目的と用途は整理して考えましょう。

クレジットカードの利用を忘れる女性

それでも、クレジットカードとキャッシュカードを混同して認識している人も中にはいます。どちらの機能も持つ、「クレジット機能付きキャッシュカード」という一体型カードを持っていたり、これから作ろうとしている人はよく注意する必要があります。

クレジットカード機能付きキャッシュカードの場合、銀行ATMで自分の口座から引き出したいのに、「クレジットカード」の項目から「キャッシング機能」を間違えて選択してしまうことが危険なのです。

キャッシングとは、お金を借りること。自分の口座から引き落とすには金利は何もかかりませんが、このキャッシングによって現金を引き出してしまうと、金利18%がかかる借金をしてしまうことがあります。

例えば10万円をキャッシングした場合、年利で1万8,000円の利息を払う必要が発生してしまうのです。ATMの誤作動でキャッシングをしてしまうのを防ぐためには、ATM画面からキャッシングしてしまわないようにしましょう。

当面、お金を借りる予定のない人は、カードの入会時に必ず記入する「キャッシング利用設定」をあらかじめ0円にしておけば安心です。自分のカードにキャッシング機能がついているかどうかは、「オンライン上の会員サイトにログイン」⇒「利用限度額照会」⇒「キャッシング枠照会」で確認できます。

クレジットカードとキャッシュカードの違いを理解し、ATMでの現金引き落とし時には「キャッシング」を利用してしまわないようにしましょう。

ATMの操作を間違えてしまうのが不安であれば、一体型カードではなくクレジットカードとキャッシュカードを別のカードとして持つことをおすすめします。

ATMとクレジットカード

それでは、クレジットカードとキャッシュカードが一体となっているカードのメリットには、どんなことがあげられるでしょうか。大きく3つにまとめてみました。

財布がカード類で分厚くなるのをできるだけ防ぎたい場合は、一体型のカードはとても便利です。

  1. 1枚でまとめられるので財布がかさばらない
  2. 預金金利優遇、引き落とし手数無料などの特典がある
  3. 将来住宅ローンを考えているならば、良いクレジットヒストリーを作っておくことで信用が積まれ、住宅ローン金利が優遇されたり審査が通りやすくなる可能性がある

また、イオンカードセレクトのようにわかりやすく金利が優遇されていることもあるため、イオンをよく利用する人はこの機会にメインバンクをイオン銀行へ変えると、ポイントをお得にためるだけでなく利子としてお小遣いにもなるためおすすめです。

普通預金の金利0.02%に0.1%上乗せし、年0.12%(税引後年0.095%)の金利が適用されます。税引後でも、100万円預けて年800円の利子の違いが発生します。

三菱東京UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など、どのメインバンクもクレジットカードを発行しています。将来的に住宅ローンなど、その銀行からの融資を検討しているならば、その銀行のクレジットカードを作って利用しておけば良いクレジットヒストリーで信用を積んでおくことができ、審査が通りやすくなるほか、低い金利で借り入れることができる可能性があります。

ただし必ずしも優遇されるわけではないので、これは補足的なメリットとしてとらえておきましょう。

これらの3つのメリットにあまりピンとこず、「ポイントをたくさんためたい!」と思ってクレジットカードを使っている人には、一体型カードは特におすすめはしません。

クレジットとキャッシュカード一体型のカードには、イオンカードセレクトを除いてポイント還元率が特出して高いものはありません。ポイントやマイルなどのクレジットカード特典を期待している人は、他のカードがおすすめです。

クレジットカードの特典についてまとめた記事はこちら。

一体型カードのデメリットをまとめると、以下の3つのことがあげられます。

    1. 銀行ATMで間違えてキャッシングを利用してしまう可能性 前述した通り、ATM操作を理解しキャッシング設定を0円にすれば安心です。
    2. カード紛失時に、クレジットと現金引き出しのどちらも使えなくなってしまう 盗難・紛失補償はどのカードにも付与されています。
    3. ポイント還元率の基本は0.5%還元。決して高還元率ではない。

 

銀行ATMでキャッシングをしてしまうと金利18%の借金に!」の章で紹介した通り、思わぬキャッシングをしてしまう恐れがあります。しかし、あらかじめキャッシング枠を0円に設定しておけば防げます。

またカードが一体型になっているため、カード1枚を紛失してしまっただけで、キャッシュカードもクレジットカードも使うことができなくなってしまいます。

どのカードにも盗難・紛失補償は付与されていますが、カードを停止して再発行をするには時間も手間もかかります。カードは大切な貴重品なので、こればかりは気をつけて保管してくださいとしかいえません。

 

クレジットカードとキャッシュカードは、目的によって大きな違いがあります。キャッシュカードだからといって、「キャッシング」を誤って選択してしまわないように注意してください。

クレジット機能付きキャッシュカードには便利であるほかに、「金利優遇や信用を積めるメリットがある」一方で、「ポイントやマイルをお得にためる」という点では劣ります。

「なんとなく一体型カードを使っている」という人は、他にも自分に合った特典満載のクレジットカードがないか検討することをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加