クレジットカードをアプリで賢く管理!便利な家計簿アプリや割引特典を紹介

クレジットカードのアプリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードの利用分を管理するために、今では様々なアプリが登場してきました。クレジットカードを複数持っている人がまとめて管理できるアプリや、クレジットカード会社が運営している会員向けのアプリまで様々な種類があります。

今回の記事では、クレジットカードと一緒に使うと便利なアプリを紹介します。

OKサインをする女性

スマートフォンの家計簿アプリはたくさん存在しますが、家計簿アプリにもそれぞれ特徴があります。

特に最近はレシートをカメラで読み取って記録してくれたり、クレジットカードやネットバンキングと同期できるアプリが増えてきています。

そんな家計簿アプリから、クレジットカードの管理におすすめのアプリを3つご紹介します。

ただしクレジットカードやネットバンキングの自動同期機能には、注意が必要です。同期させるためにはアプリ内で各種ログインIDやパスワードなどの入力を要求されます。

本来は利用者以外が知りえない大事な情報をアプリ、もしくはアプリを開発している会社に渡してしまうことになります。

利用明細を確認するためのIDやパスワードが漏洩したところで、クレジットカードを悪用される可能性は低いですが、過去に一部の金融機関で問題となったこともあります。

現在は解決しましたが、アプリによっては「そういった恐れもある」ということは知っておきましょう。

またここで紹介するようなメジャーな家計簿アプリは、いずれもしっかりとセキュリティ対策を行っていると謳っています。しかし、アプリから情報が漏洩してしまう可能性は0ではありません。

同期機能を利用する場合はそういったリスクを承知した上で、自己責任でご利用ください。

マネーフォワードは2,600以上の金融関連サービスの自動同期に対応しており、対応数No.1を謳っています。

また三菱UFJキャピタルやクレディセゾンなどの、大手金融機関による出資を受けてセキュリティ対策を行い、システムを厳重に運用しています。

ダウンロード回数は450万回を超えており、人気の家計簿アプリの1つです。

スマートフォンアプリだけでなくウェブサービスとして提供されているので、パソコンからの家計簿作成や編集にも対応しています。

細かい金額のレシートはその場ですぐに、たくさん溜まってきたら自宅に帰ってからパソコンでまとめて記録する、といった使い方が可能です。

またアプリ版には、レシートの読み取り機能を搭載しています。レシートの様式によっては認識しにくいこともありますが、大概のレシートはこの機能を利用して簡単に登録できます。もちろん手動での編集にも対応しています。

クラウド上でデータが同期されるため、「機種変更してもバックアップ不要で、簡単に新しい機種に移行できる」というメリットもあります。

外部連携機能に強いマネーフォワードは、作業を自動化して楽に家計簿を付けたい方におすすめです。

Zaimはアプリのダウンロード回数が600万回を超える、日本最大級の家計簿アプリです。機能面ではマネーフォワードとほぼ同じことが可能で、クレジットカードの明細同期やレシートの読み取り機能も搭載しています。

こちらもWEBサービスとしてパソコン向けにも提供されています。

シンプルなUIで見やすく、手動での管理もしやすいです。自動同期に対応している金融機関数は約1,500と、マネーフォワードよりも少ないですが、ダウンロード回数はZaimのほうが上回っていることからその人気ぶりが伺えます。

金融機関の対応数以外で両者の大きな違いはないので、マネーフォワードとZaimの両方を使ってみて気に入ったほうを選ぶと良いでしょう。

レシートを読み取るタイプは正しく読み取れずに失敗することがありますし、数字はともかく品目の文字まで100%正確に読み取ることは難しいです。

もちろん後から手動で修正することもできますが二度手間ですし、場合によっては初めから手動で入力したほうが速く済んでしまうこともあります。

「かけ~ぼ」はシンプルで操作しやすいUI(画面表示)でありながら、クレジットカード専用の帳簿を作成できるなど非常に多機能でもあるのが魅力です。

特にグラフの分析機能が特徴的で、自分が「見やすい!」と思うオリジナルの家計簿を作ることができます。もちろんバックアップ機能も用意されているので、機種変更してもデータを引き継げるので心配はありません。

簡単に家計簿を付けたい人から細かくしっかりと管理したい人まで、万人におすすめできる家計簿アプリです。

解説する女性

クレジットカードを発行している会社の多くは、自社のカードを所有しているユーザー向けに利用明細を確認できるアプリを提供しています。

明細はWEBサイトから確認することもできますが、スマートフォン向けに最適化されていないサイトだと見にくかったり、操作しにくいことがあります。

一方でアプリだと簡単に明細画面を表示できるだけでなく、クレジットカード関連のキャンペーンや特典情報などをお知らせしてくれるなど様々なメリットがあります。

ここでは利用明細を確認できるものを中心に、クレジットカードと合わせて利用したいアプリをいくつかご紹介します。

年収の基準

まずは利用明細の他に、ポイントやキャンペーン情報などの、特典を確認できるアプリから紹介していきます。

「楽天カードアプリ」では、楽天カードの利用明細や貯まった楽天スーパーポイントが確認できるだけでなく、楽天カード保有者限定のキャンペーンに、一覧から応募することができます。

また家計簿機能が搭載されているのが、大きなポイントです。このアプリ内の家計簿は楽天カードの利用明細を自動同期したり、記録したい項目だけ個別に選択することも可能です。

レシート撮影による記録にも対応しています。家計簿アプリとしては他社のクレジットカードの明細を同期できないのがデメリットですが、発行会社である楽天が提供しているという点では非常に安心ですね。

アプリ起動時にはパスコード、もしくは指紋認証を行うように設定することもできるので、中身を盗み見られる心配もありません。楽天カードをメインで使うなら必須のアプリです。

「dカードアプリ」はdカードの利用明細やdポイントの残高を確認できるだけでなく、dポイントカードとしての機能も搭載されています。バーコードを表示させることで、対象店舗でdポイントを貯めたり支払いに使うことができます。

またdカードアプリも、キャンペーンやエントリー状況を確認することが可能です。特にdカードに付帯されている電子マネー「iD」のポイント還元率がアップするキャンペーンは、定期的に行われています。キャンペーン期間ごとに、エントリーするのを忘れないようにしましょう。

「MyJCB」は、JCBカードの利用状況を確認できるアプリです。おまとめログイン設定を行うことで、複数のJCBカードをまとめて管理することができます。

利用明細やOki Dokiポイントの残高が確認できる他、キャンペーンの参加登録も可能です。

ただし全てのJCBカードで利用できるわけではなく、加盟店解放型のクレジットカードでは利用できない点に注意が必要です。

具体的にはカード番号が「354」「355」「3573」以外で始まるJCBカードは、利用できません。

また「354」「355」「3573」から始まる番号でも、リボ払い専用カードや一部のデビットカードなどでは利用できない場合があります。詳しくは公式サイトをご確認ください。

「エポスカード公式アプリ」では、会員サイト「エポスNet」の一部の機能が利用可能です。利用明細の確認やキャンペーン登録に対応している他、1日1回エポスポイントが当たるミニゲームに挑戦することもできます。

また専用のエポスカレンダーはカードの利用日や支払日、さらにキャンペーン期間も一目で確認することができます。

「au WALLETアプリ」はau WALLETクレジットカードやau WALLETプリペイドの利用明細や、貯まったWALLETポイントを確認できます。

お得なキャンペーン情報や、ポイントアップ店もこのアプリから調べられます。

またプリペイドカードのチャージ機能も、搭載されています。チャージ方法はauかんたん決済やクレジットカード、WALLETポイントなどから選べて、アプリ内で全ての処理が完結するのが便利です。

au WALLETの魅力はクレジットカードからチャージして貯められるポイントと、au WALLETで支払うことで貯まるWALLETポイントで、いわゆる「ポイント二重取り」が可能な点にあります。

またプリペイドタイプのau WALLETカードもMasterCard加盟店で決済可能なので、クレジットカードと同じ感覚で利用することができます。

auユーザーは、アプリからクレジットチャージを行って、どんどんポイントを貯めましょう。

カードとタブレットを操作する女性

上記のアプリに比べると機能は乏しいですが、クレジットカードによってはこのようなアプリも提供されています。

「オリコアプリ」はOrico Card THE POINT(オリコカードザポイント)の利用明細やオリコポイント、暮らスマイルのポイントなど確認できます。

また暮らスマイルのポイントを、オリコポイントへ移行させる手続きもアプリ内で操作可能です。

オリコポイントは付与されてから1年の有効期間が設定されているので、ポイントが貯まったら忘れない内にギフト券などと交換しましょう。

オリコカードザポイントは、比較的新しいクレジットカードなので今後に期待しましょう。

パソコンを見る女性

クレジットカード会社が提供しているアプリと言えば、利用明細を確認できるだけのアプリも多いです。しかしそれ以外にも、お得な優待を受けられたり、ポイントが貯めやすくなるアプリを提供していたりします。

JCBカードを所有している方だけの特典が満載のアプリ「たびらば」は、海外旅行へ出掛ける前に入れておきましょう。

国や地域ごとにアプリが用意されているので、行き先に合わせて必要なアプリをダウンロードしないといけない点には注意が必要です。

たびらばはオフラインでも使えるので、あらかじめダウンロードしておけば、海外の通信環境がない場所でも問題なく利用できます。

JCBカードを合わせて提示することで、様々な特典を受けられる優待情報や優待店を調べることできます。

またよく使うフレーズ集などもまとめられているので、現地の人と会話する際にはこれを参考に話してみるのも良いでしょう。

dカードやdポイントカードを持っていない方でも、「dポイントクラブアプリ」をDLすると、モバイルdポイントカードを利用してdポイントを貯めることができます。

おサイフケータイに対応しているスマートフォンなら、読み取り機にかざすだけでOKですし、非対応のスマートフォンでもアプリを起動して、バーコードを表示することでdポイントを貯めたり使うことができます。

またおサイフケータイの「iD」を利用している方なら、ローソンでは1度かざすだけで、iD決済とdポイントを貯める処理を同時に行うことができて、非常に便利になります。

他にも会員ランクに応じてクーポンを手に入れられたり、抽選キャンペーンの応募など様々な特典が用意されています。

ドコモユーザーだけでなく他社ユーザーでも利用できておすすめです。ぜひdカードと組み合わせて利用しましょう。

「楽天チェック」のアプリをインストールしたiPhoneやAndroidスマートフォンを持って、楽天チェック加盟店に訪れると、それだけで楽天スーパーポイントを貯められます。

楽天チェックは楽天カードや楽天ポイントカードを持っていなくても利用できますが、一緒に利用することで楽天スーパーポイントが貯まるスピードが速くなります。

よく立ち寄る場所の近くに楽天チェックの加盟店があれば、ぜひダウンロードしておきたいアプリですね。

クレジットカード対応をうたう家計簿アプリにも、いくつかの種類があります。

マネーフォワードやZaimのように、様々なクレジットカードや銀行などの金融機関の自動同期に対応しているものから、楽天カードのように自社サービスの自動同期のみ対応しているもの、あるいは「かけ~ぼ」のように手動で細かく管理したい人向けに豊富な管理機能を提供しているアプリなどがあります。

またクレジットカードの利用明細を、簡単に確認できるアプリも、多くのクレジットカード会社から提供されています。

単に明細を見れるだけでなく、ポイントを確認したりキャンペーンに応募できるなどの特典を用意しているアプリも多いので、所有しているクレジットカードに対応しているアプリをダウンロードしてみましょう。

クレジットカードと合わせて利用すると効果的ですが、dポイントクラブや楽天チェックはクレジットカードを持っていなくても利用できるので、こちらもぜひ試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加