飛行機のチケットはクレジットカード購入がおすすめ!欠航や遅延対応も解説

離陸する飛行機

飛行機のチケットをクレジットカードで購入する場合、クレジットカードによってはマイルがお得に貯まったり、遅延や欠航時の補償がついていたりします。

飛行機をよく利用する人からすると、

  • 飛行機の料金をクレジットカードで支払う方法支払うメリットが知りたい。
  • 飛行機のチケットをとるのにクレジットカードがなくても可能か知りたい。
  • 飛行機代でポイントやマイルがお得なクレジットカードが知りたい。
  • 航空会社が発行しているおすすめのクレジットカードが知りたい。
  • 飛行機が欠航や遅延した場合の返金処理方法が知りたい。

と思われるのではないでしょうか。

この記事では、飛行機代をクレジットカードで支払うメリット、飛行機によく乗る人におすすめのクレジットカード予約変更や遅延・欠航時の手続きについて情報をまとめてみました。

記事を読むことによって、自分に合ったクレジットカードを判断できるようになるでしょう。

飛行機の航空券チケットをクレジットカードで払うメリット

空港の窓から見える飛行機

飛行機の航空券をクレジットカードで購入するメリットは、

  • 予約時にそのままオンライン決済ができて便利
  • 航空会社が発行するクレジットカードでマイルがお得に貯まる
  • 利用付帯の旅行保険がつく
  • 支払いに余裕ができるだけでなく収支管理が簡単

といった風に多岐に渡ります。

ここからは、それぞれのメリットについてみていきましょう。

予約時にそのままオンライン決済ができて便利

飛行機に乗るにはあらかじめ予約する方法があり、購入時にはクレジットカードを利用する人が多いのではないでしょうか。

クレジットカードの決済だと予約時にそのままオンライン決済ができるため、店舗や窓口まで出向く必要がなくとても便利です。

クレジットカードがないとどうやって支払えばいいのか

もちろん、航空会社はクレジットカードがない場合も支払い可能です。具体的には、以下のような支払い方法があります。

支払い方法 内容・備考
コンビニでの支払い 各コンビニにより手順が異なる。
ローソン、ファミマ、ミニストップ、サークルKサンクスの場合は、コンビニにあるマルチメディア端末で申込券または受付表を発行し、レジで支払う。
銀行振込 ATMもしくは銀行ホームページから指定口座に振り込む。
インターネットバンキングでの支払い 各金融機関のインターネットバンキングサービスに登録しておき、オンライン上で振り込む。
Pay-easyでの支払い 対応しているメガバンクのPay-easy対応ATMにて現金もしくはキャッシュカードで支払う。
マイルやポイントでの支払い 航空会社の会員ページから、自身の保有している「ANA SKY コイン」や「e JAL ポイント」などで航空券を購入する。

現金で購入する場合はコンビニに行くのが手軽そうですね。

しかしわざわざコンビニまで出向くのが面倒な方は、クレジットカードで支払うのが最も簡単だといえるでしょう。

航空会社が発行するクレジットカードでマイルがお得に貯まる

航空会社が発行しているクレジットカードで支払うとマイルを効率的に貯めることも可能です。

JALとANAで少し貯まり方に違いがあるので、それぞれ解説していきます。

JALカードの場合

JALマイルには以下のような種類があります。

マイルの種類 マイルの内容・貯まる仕組み
フライトマイル 区間マイレージと個別に設定された積算率に応じて貯まるマイル
ボーナスマイル 入会搭乗時毎年初回搭乗時搭乗ごとに付与されるマイル。
搭乗ごとに付与される分に関しては、
フライトマイルの◯◯%」といった風に、フライトマイルを基準にして加算される。
ショッピングマイル クレジットカードを使って買い物や公共料金の支払いをしたときに貯まるマイル。通常200円につき1マイル。オプションのショッピングマイル・プレミアムなら2倍。
特約店利用 クレジットカードを使って買い物をしたとき、
それが特約店であればショッピングマイルにさらに追加で200円につき1マイル(合計200円につき2マイル)が加算される。
アドオンマイル JALカードの中でもアメックスブランドに限り航空券や機内販売などの対象商品を購入したときに貯まるマイル。普通カードは100円につき1マイル、ゴールドカード・プラチナカードは100円につき2マイル。

貯めたマイルは、

  • 特典航空券との交換
  • 座席のアップグレード
  • 「e JAL ポイント」や「JALクーポン」との交換
  • 年会費の支払い
  • 各種指定商品との交換
  • 電子マネーや提携先ポイントへの交換

などに利用可能です。

ANAカードの場合

ANAマイルには以下のような種類があります。

マイルの種類 マイルの内容・貯まる仕組み
フライトマイル 区間マイレージと個別に設定された積算率に応じて貯まるマイル。
ボーナスマイル ANAのプレミアムメンバーになると、
通常のフライトマイルに加算されるマイル。
また、入会時カード継続時にももらえる。
ANAカードマイルプラス クレジットカードを使って買い物をしたとき、
それがANAカードマイルプラス加盟店であれば、
クレジットカード会社のポイントとは別に200円につき1マイル
(もしくは100円につき1マイル)が加算される。
また、提携店の中でも、ANA航空券、機内販売、
「ANAショッピングA-style」での購入の場合は100円につき2マイルになる。
プレミアム特別
ボーナスマイル
プレミアムメンバーかつ対象のANAカードを持っている場合、
カード継続時にプレゼントされるマイル。

貯めたマイルは、

  • 特典航空券との交換
  • 座席のアップグレード
  • 宿泊施設の支払い
  • 「ANAショッピングポイント」や「提携ポイント」への交換
  • 指定商品との交換
  • 各種提携施設の利用料金の支払い
  • 寄付、支援

などに利用可能です。

旅行保険の利用付帯分がつく

クレジットカードで決済をすることによって、カードに付帯している旅行保険の「利用付帯分」も適用となります。

よく「カードを持っている=保険が適用になる」と思っている人がいますが、それは正確ではありません。

というのも、国内や海外の旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があり、自動付帯分は持っているだけで適用となりますが、利用付帯分は該当するクレジットカードで決済をしないと付帯されないからです。

例えば、「JAL アメリカン・エキスプレスカード」の場合、最高3,000万円の旅行保険が付帯していますが、そのうち自動付帯は1,000万円しかなく、残りの2,000万円は利用付帯となっています。

カードの保険特典を最大限に活用するためにも、積極的にクレジットカードで支払いを行っていきましょう。

支払いに余裕ができ収支管理が簡単

クレジットカードは後払いのため、「今月はちょっとピンチ…」といった場合でも支払いに余裕ができます。

また、「手元に現金がない…」というときも、分割払いやリボ払いを適用することによって、クレジットカードのショッピング枠をうまく活用しつつ、自分のペースで航空券の料金を支払うことが可能です。

この他にも、支払いをクレジットカードに一元化しておけば、収支管理が簡単になり経費計算などもはかどります。

このように、クレジットカードでの航空券購入は、他の支払い方法にはないメリットが数多く存在しているのです。

次の項からは、飛行機にのる方におすすめの航空会社系クレジットカードを紹介していきます。

飛行機に乗る方おすすめの航空会社系クレジットカード

パソコンで航空チケットをクレジット払いする人

航空券の購入は、航空会社が発行しているクレジットカードで行うのがマイルが貯まりやすく特典も豊富なためおすすめです。

ここからは、航空会社系クレジットカードの中でも代表的な、

  • JALカード
  • ANAカード
  • Mileage Plus セゾンカード

の3つのカードについて解説していきます。

JALカード

JALカードはJALが発行するクレジットカードで、利用することでフライトマイルやショッピングマイルが貯まるだけでなく、旅行保険も充実しています。

以下は、JALカード(普通)の概要です。

申込資格
(本会員)
18歳以上(高校生を除く)かつ日本に生活に基盤があり、
日本国内で支払いができる人
※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、
18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある人(学生を除く)
※JALカードSuicaは日本国内在住で18歳以上(高校生を除く)
かつ電話連絡がとれる人
申込資格
(家族会員)
本会員と生計を同一にする両親、配偶者、18歳以上(高校生を除く)の子ども
年会費
  • 本会員…2,160円(税込)
  • 家族会員…1,080円(税込)

※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、 

  • 本会員…6,480円(税込)
  • 家族会員…2,700円(税込)
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス
保険
  • 海外・国内旅行傷害保険…最高1,000万円
    ※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、最高3,000万円
  • 海外旅行時救援者費用…100万円
ポイント

JALマイレージ

  • フライトマイル
  • ショッピングマイル(200円につき1マイル)
  • ボーナスマイル(例:入会搭乗時、毎年初回搭乗時など)
主な特典
  • 機内販売割引
  • 国内空港店舗、空港免税店割引
  • ホテルニッコー&JALシティの割引・特典
  • JALパックの割引
  • JALビジネスきっぷ

※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、

  • 空港のカードラウンジが無料利用可能
  • 世界8,000ホテルのレストランが10%〜70%オフで利用可能

JAL普通カード(VISA・MasterCard)

Thumbnail jal visamaster normal

国際ブランド

MasterCard VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5%〜1% JALマイレージ
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 10万円〜100万円 0.5%〜1.0% 無料

ANAカード

ANAが発行するANAカードは、JALカードと同じくマイルが効率的に貯められるカードです。

以下は、ANA一般カードの概要です。

申込資格
(本会員)
18歳以上(高校生を除く)かつ日本に生活に基盤があり、
日本国内で支払いができる人
申込資格
(家族会員)
本会員と生計を同一にする両親、配偶者、18歳以上(高校生を除く)の子ども
年会費
  • 本会員…2,100円(税込)
  • 家族会員…1,050円(税込)

※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、 

  • 本会員…7,350円(税込)
  • 家族会員…2,700円(税込)
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス
保険
  • 海外・国内旅行傷害保険…最高1,000万円
    ※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、最高3,000万円
マイル ANAマイレージ
フライトマイル、ショッピングマイル(200円につき1マイル)、
ボーナスマイル(例:入会搭乗時、毎年初回搭乗時)など
主な特典
  • 国際ブランドごとのカードポイント(例:JCBならOki Doki ポイント)
  • 機内販売割引
  • 国内空港店舗、空港免税店割引
  • ANA FESTA(ANAグループのお土産店) 割引・特典
  • A-style割引
  • ビジネス公開講座割引
  • その他、提携ホテル、レンタカー割引

※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、

  • 空港のカードラウンジが無料利用可能
  • 世界8,000ホテルのレストランが10%〜70%オフで利用可能

ANA JCB 一般カード

Thumbnail ana jcb normal

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) 楽天Edy
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.3%~1.0% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度) 公式サイト参照 0.5~1.0% 無料

MileagePlusセゾンカード

MileagePlusセゾンカードは、セゾンカードがユナイテッド航空と提携して発行しているクレジットカードです。

航空会社本体が発行しているカードではありませんが、充実した旅行保険やマイルの貯まりやすさが魅力のカードとなっています。

また、JALカードやANAカードと違い、国際ブランドをアメリカン・エキスプレスにした場合、特典がつくにもかかわらず年会費が変わりません(その代わりカードラウンジの利用はなし)

ただ、このカードはセゾンカードの一種であるものの、セゾン系列の永久不滅ポイントは付与されないので気をつけてください。

申込資格
(本会員)
18歳以上(高校生を除く)
申込資格
(家族会員)
本会員と生計を同一にする両親、配偶者、18歳以上(高校生を除く)の子ども
年会費 1,620円(税込)
国際ブランド VISA、Mastercard、アメリカン・エキスプレス
保険 海外旅行傷害保険…最高3,000万円(国内は対象外)
マイル マイレージプラス・プログラム
フライトマイル。1,000円につき5マイルのショッピングマイル。
年会費5,400円(税込)のマイルアップメンバーズに加入すると
ショッピングマイルが1,000円につき15マイルになる。
※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、毎年年会費請求時に500マイルのサンクスマイル
主な特典
  • 海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタル
  • 全国の西友、リヴィンで5%オフ
  • 人気チケットの先行予約、優待割引

※国際ブランドがアメリカン・エキスプレスの場合は、

  • 世界8,000ホテルのレストランが10%〜70%オフで利用可能

このように、航空会社が発行・提携しているクレジットカードはマイルが貯まりやすいだけでなく、旅行保険などが充実している傾向にあります。

  • JALユーザーであればJALカード
  • ANAユーザーであればANAカード
  • 国際ブランドをアメリカン・エキスプレスにして、旅行保険を充実させつつ年会費を抑えたい人はMileagePlusセゾンカード

というように使い分けるとよいでしょう。

次の項からは、飛行機で旅行に行くなら知っておきたい、飛行機の予約変更や遅延、欠航の場合の手続きを紹介します。

知っておこう!予約変更・飛行機の遅延や欠航の場合

パスポートと飛行機

ここからは、

  • クレジットカードで購入後に予約変更したい場合
  • 飛行機の遅延、欠航の場合

のふたつについて解説していきます。

クレジットカードで購入後に予約変更したい場合

クレジットカードで購入後に予約変更をする場合は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 当該便の出発前までに手続きを行う
    手続きは航空会社のサイト、予約・案内センター、空港カウンターで行えます。出発後には予約変更できません。
    また、特割や旅割など、一部の割引サービスで予約した場合は変更できないケースもあるので気をつけてください。
  2. 払い戻し手続き
    搭乗者の変更を行うのであれば、一度払い戻しが必要です。払い戻し期間は「航空券の有効期間内および有効期間満了日の翌日から起算して10日以内」となっています。
    手続きは、予約変更と同じ場所で行えます。
  3. 口座に払い戻し
    単なる予約変更でなく、予約変更から払い戻しをした場合、手続きからおよそ1〜2ヶ月ほどで支払い口座に返金されます。また、そのときに発生した振込手数料は原則こちらの負担となります。

飛行機の遅延や欠航の場合

自身の都合ではなく、不慮の事故や災害、悪天等などにより飛行機が遅延・欠航する場合もあります。

ここからは、そういったときの手続き方法、そしてステータス性の高いカードに付帯している遅延・欠航の補償について解説していきます。

手続き方法

不慮の事故や災害、悪天等などにより遅延・欠航があった場合の手続きは以下の通りです。

  1. 遅延・欠航証明書の発行
    航空会社のホームページから遅延・欠航証明書を発行します。
  2. 払い戻しもしくは予約変更の手続きを行う
    証明書をもって、航空会社のサイト、予約・案内センター、空港カウンターで手続きを行います。特割や旅割といった割引航空券も対象です。
    ただし、旅行会社で手配した航空券の場合は、旅行会社に直接連絡する必要があるので気をつけてください。
  3. 払い戻し手続き
    払い戻しを選択した場合も、航空会社のサイト、予約・案内センター、空港カウンターもしくは旅行会社に問い合わせて行えます。
    代金は手続きからおよそ1〜2ヶ月ほどで支払い口座に返金されます。

証明書発行→手続き→1~2ヶ月で払い戻しと時間がかかります。仕方のないことだとはいえ、骨折り作業ですよね。

しかしきちんと対応をしないと、せっかく買った航空券の分を損してしまいます。「運が悪かった」と割り切って、然るべき手続きを行ってくださいね。

ステータスの高いカードなら遅延や欠航の補償がある

ゴールドカードやプラチナカードで決済をしておくと、以下のような補償を受けられることがあります。

  • 乗継遅延費用
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
  • 手荷物遅延費用
  • 手荷物紛失費用

1回の遅延、欠航に対する限度額はカードによって異なり、おおむね1万円〜4万円となっています。

JCBゴールドカードや、三井住友ゴールドカードがおすすめです。

まとめ

それでは、これまでの内容を振り返ってみましょう。

▼ クレジットカード決済するメリット

  • 手続きがスムーズ
  • マイルが貯まる
  • 利用付帯の旅行保険がつく
  • 支払いに余裕ができ、管理も簡単

▼ マイルが貯まるカード

  • JALカード、ANAカード、MileagePlusセゾンカードなどが有名
  • 旅行保険も充実している

▼ 予約変更、遅延や欠航の手続き

  • 予約変更は必ず出発前にまでに行う
  • ステータス性の高いカードであれば、遅延・欠航の補償がある

航空券はクレジットカードが支払いをした方が、マイルも貯まって何かとお得です。

もし飛行機を頻繁に利用される利用される方であれば、ここで紹介したカードを、一度検討してみてはいかがでしょうか?

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら