クレジットカードのお悩みに専門家が回答!クレジットカードのメリットって何?【新連載】

雑談する若者

当サイト「ナビナビクレジットカード」では、クレジットカードにまつわるあらゆる疑問に答えるべく、役に立つ情報を発信しています。

今連載『クレジットカードお悩み相談室』ではさらに、一般のユーザーさんから届いたお悩みに、クレジットカードの専門家が回答!

意識している人はそんなにいない?!「信用情報の蓄積」についてです。

そんなにカード使わない……カードのメリットって何?

疑問

第一弾となる今回は、「クレジットカードのメリットは何?」という大学生からのお悩みです。

19歳の大学生です。クレジットカードを持っていません。 クレジットカードのメリットは何が一番大きいですか?

現金の範囲内でお金を使うのは管理しやすいけれど、カードだと後々お金が足りなくなりそうで怖いです。 ポイントが貯まるとはいっても、わずかなポイントのためにカードを作るまでもないと感じています。

カードがなくて不便なのは、ネットで買い物するのがコンビニ支払で時々面倒なくらいです。こんな僕でもクレジットカードを作ったほうがいいのでしょうか?

(19歳男性・大学生・アルバイト年収100万円)

確かに現金は目に見えてお金があるかないかを確認できるので、「管理しやすい」と感じる人も多いですよね。


何か目の前に欲しいものがあるとき、財布にお金がなければ購入できませんが、カードがあれば限度額内で利用できます。
これまでクレジットカードを使ったことがない人からすると、それを「怖い」と感じるのは、ごく常識的な感覚ですよね。

またクレジットカードを使えばポイントが貯まるというのも、一ヶ月で数千円くらいしか利用しない人からすると、「数十円分のポイントのためにわざわざカードを発行するのは面倒」「交換するほどポイントも貯まらない」というのもとてもよくわかります。

編集部T

今回はクレジットカードの専門家である菊地崇仁さんに、クレジットカードを利用するメリットを解説してもらいます。

クレジットカードは未来の信用を作る

クレジットカードを持つ人

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説

「わずかなポイントのためにカードを作るまでもない」と感じている場合は確かに作る必要はありません。そんなときは、クレジット=信用という観点で考えてみると良いでしょう。

クレジットカードを利用すると、支払い情報が各カード会社で共有されます。「この人はきちんと支払う」「この人は延滞が多い」などの情報が共有されており、この情報はカード会社ではない会社も利用します。

それは例えば、携帯電話会社、銀行など。カードを作らずにすべて現金で支払っていた場合、この「信用情報の蓄積」がありません。情報の蓄積がない場合、どのような不具合があるのでしょうか。

例えば、「そろそろ家を買いたい」と思ったときにローンの審査が通らない場合があります。理由は「きちんと支払う人」なのか、「延滞が多い人」なのわからないためです。

年収が高い人でも「きちんと払わない人」にはお金を貸しません。現時点で自分の信用情報を蓄積する一番簡単な方法は、クレジットカードを延滞無く使う事でしょう。

将来に向けて、「きちんと払う人」と認識してもらうためにクレジットカードを作るという事も考えてみてください。もちろん、延滞はNGです。

現金がなくても買い物ができたり、ポイントが貯まったりするメリットではなく、「クレジット=信用」という観点で解説がありました。

クレジットカード決済にしておけば、その分だけその人の信用力を積み重ねてくれることに繋がるのですね。

例えば携帯料金や光熱費など、日常で必要不可欠な支払いをカード払いにしておけば、カードを無駄に使って散財してしまう、ということも防げますよね。

このクレジットカードを使うことで「信用情報の蓄積」につながることは、クレヒス(=クレジットヒストリー)の概念がわかるとより理解しやすいです。

クレヒスについては、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

編集部K

クレジットカードを申し込む

2017.03.27

クレヒスは生活に影響する?クレヒスに傷が付いた時の対処法

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの取引履歴です。過去に支払いが遅れた事がある人は「自分のクレヒスに傷がついているかも」と心配になるかもしれませんが、それ以上悪いクレヒスがつかないようにし、良いクレヒスが増えれば、クレヒスの傷は大きくなりませんのでご安心を。今回はクレヒスの概要や悪いクレヒスがつく原因と対処法を知り、良いクレヒスを積み重ねる方法について解説します。

日本ではまだ現金がメインの決済手段ですが、アメリカや韓国などカード大国ではこのクレヒス(クレジットスコア、クレジットレーティングともいう)の概念がかなり浸透しているようです。

編集部T

2017.07.21

クレジットカード=信用力?クレカ大国アメリカで教えられるお金の話を聞いてみました

「クレジットカード大国」であるといわれている、アメリカ。現金決済が主流の日本では クレジットカードの決済比率は17%なのに対し、アメリカではクレカ払いの方が一般的で、クレジットカードとデビットカードをあわせると 約50%の決済比率になるといわれています。なぜそこまで、日本とアメリカにはクレジットカード決済比率に差があるのでしょうか。実際に日本で働いている アメリカ人をはじめ、同じ 北米のカナダや韓国といったクレジットカードが日本よりも普及している国々の方に、自国のクレジットカードや決済事情についてインタビューしてみました。

今回の質問者さんは19歳の大学生ですが、カード会社からすると「若いうちから是非カードを使ってほしい!」と感じる大事な顧客です。

大学生ならではの特典や審査の通りやすさなどメリットもあるので、是非大学生のうちからクレジットカードに慣れてみてはいかがでしょうか。

編集部K

大学生

2016.12.09

大学生でもクレジットカードを安心して作る!学生おすすめカードを解説

大学生になるとネットショッピングや海外留学のためなどで、自分名義のクレジットカードを作りたいと思われる方も多いことでしょう。大学生おすすめのクレジットカード、審査されること、クレジットカードのメリットとデメリットをふまえて、クレジットカードを作る際に知っておきたいことをご説明します。

講義室の大学生

2017.08.25

学生におすすめのクレジットカードを比較!カードのメリットや注意点を解説

何かと便利なクレジットカードは、学生のうちから持っておきたいアイテムのひとつ。中には「クレジットカードは社会人になって信用ができてから」と考える人もいます。しかし、カードの所持歴が長いとそのデータが専門機関に蓄積され、「支払いがしっかりできる人」との社会的信用にもつながるため、学生時代から持っておくのがおすすめです。現在学生で、これからクレジットカードを作ろうとしている人からすると、学生におすすめなクレジットカード、学生しか持てないクレジットカードが知りたい学生がクレジットカードを持つメリット、注意点を知りたい学生でもカードの審査が通過するのかどうか知りたいと思われるのではないでしょうか?この記事では、学生向けのクレジットカードや、そのメリット、注意点、そして審査に関する情報をまとめてみました。記事を読むことによって、学生時代にクレジットカードを持っておくべき理由や、自分に合ったクレジットカードがどれかを判断できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    スポンサーリンク

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら