法人カードを簡単に持ちたい!審査通過のポイントと導入しやすいおすすめカード4選

法人カードを持つためにはカード会社の審査に通過することが前提です。しかし、現在の自身の状況では審査落ちするのではないか?などと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

また、審査通過難易度があまり高くなくて、比較的簡単に持てるクレジットカードはないのかと考えている方もいるかと思います。

そこで今回は、以下の内容にて解説します。

  • 法人カードの審査の詳細
  • 法人カードを選ぶ際の注目点
  • 審査通過に重要なポイント
  • 審査通過が簡単な傾向にあるクレジットカード

記事を最後までチェックすることで、法人カードの審査に関する知識が高まり、簡単に手に入れるためにどんなことが重要なのかがわかるはずです。

法人カードと個人カードの違い

法人カードと個人カードの大きな違いは、誰に向けて発行されるカードなのかという点です。

まず、企業や個人事業主向けに発行される法人カードは、基本的に経費の支払いに使うのが前提で、カード券面に本人の氏名+法人名が刻印されます。それに対し個人カードは券面に本人の氏名が刻印され、カードで支払えるものであれば利用目的は自由です。

ただし、利用時にカードを提示して署名をするという流れは、法人カードも個人カードも違いはありませんし、支払いも指定した銀行口座から引き落とされるのも同じです。

それでは、法人カードと個人カードに大きな違いがないのでは?と感じるかもしれません。しかし、審査の詳細やカードそのものの使い勝手にいくつかの違いがあります。

こちらでは、それらの違いについて解説していきましょう。

会社と代表者個人のそれぞれの信用力を審査

個人向けカードの審査では個人の信用力のみが重要になりますが、法人カードでは「会社の信用力」「代表者個人の信用力」の2つが審査対象です。

設立から日が浅い場合でも問題なく申し込める法人カードもあります。しかし、ビジネスの実績が少ないほど審査通過の可能性は低くなると思って良いでしょう。

申し込み時に事業実績の確認できる書類提出が必要なカードがある

法人カードの審査で会社の信用力を証明するために、「法人の本人確認書類」の提出が必要となるカードがあります。

たとえば「JCB法人カード」では、以下のいずれか1点を申し込み時に提出することが条件です。

  • 現在事項全部証明書
  • 履歴事項全部証明書
  • 発行日から6ヵ月以内の原本またはコピー

JCBでは、上記の書類で「法人の名称」「本店所在地」「事業内容」「代表者氏名」を確認すると記載されています。

なお、このほかにも決算書の提出を必要とする法人カードもあるので、詳しくは検討するカードの公式サイトを確認するなどしてください。

一部の法人カードは代表者の本人確認書類のみでOK

法人カードのすべてで、現在事項全部証明書や履歴事項全部証明書が必要なわけでなく、代表者の本人確認書類の提出のみで済むカードも一部あります。

なぜなら、それらの法人カードは会社の信用力以上に代表者個人の信用力を重視して審査をおこなうカードだからです。

たとえば「ライフカードビジネスライト」では「審査書類は本人確認資料のみ」、「三井住友ビジネスカード for Owners」では「登記簿謄本・決算書不要」などの記載が公式サイトにあります。

利用限度額が高く設定される

法人カードと個人カードには設定される利用限度額にも大きな違いがあります。

一般的な個人カードの場合、利用限度額は50~100万円程度のことが多いでしょう。それに対し、法人カードでは500万円もしくはそれ以上の金額が設定されることもあります。

これは先に解説したように、法人カードが経費の支払いに使う目的があるからです。仕入れなどで支払い金額が大きくなっても問題なく耐えられるように、あらかじめ高い利用限度額が設定されることになります。

支払い方法の自由とキャッシング機能の有無

個人カードは分割払いやリボ払いができるなど、支払いの自由度が高かったりキャッシング機能で現金が引き出せたりしますが、法人カードには基本的にこれらの機能が付帯しません

「三井住友ビジネスカード for Owners」のように「1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い」などに対応し、キャッシング利用枠が50万円まで設定された法人カードもありますが稀な存在です。ほとんどの法人カードで支払いは一括払いのみ、キャッシング機能なしだと思っていてください。

個人カードと法人カードの違いについて解説しました。

次に法人カードの選ぶ際の注目点を4つ解説するので、参考にしてみてください。

法人カードの選ぶ際の4つの注目点

審査通過が簡単なことも大切ですが、そのほかにも法人カードを選ぶ際の注目点があります。

こちらでは、上記の4つについてまとめているのでチェックしていきましょう。

申し込み条件をクリアできるカードを選べているか

どの法人カードにも申し込み条件、申し込みの目安や条件が設定されていて、クリアしていないことには審査通過することができません

たとえば、「ダイナースクラブビジネスカード」では、「年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主」が基本会員の入会の目安ですし、「三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)」では、「満30歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方」が申し込み対象です。

前もって、目安や条件をクリアしたカードを選べているのかをチェックしてから申し込むようにしてください

十分な利用限度額は確保できそうか

法人カードは経営状況に応じた利用限度額の設定ができるのかも大きなポイントになります。

なぜなら、利用限度額が毎月の経費の支払いに対応できなければ、さらに他の法人カードを作ったり、現金を用意したりしなければならなくなるからです。

一般的な法人カードの利用限度額の目安は「1ヵ月分の予定利用金額×2」ほどですが、いきなり高い設定金額で申し込みをしても審査通過はしないでしょう。

利用限度額は後から上げることが可能で、そのためにチェックして欲しいのが上限金額です。最初は法人カード発行時に設定される利用限度額内で良好な利用実績を築き、その後に増枠の申請をおこなってください。

良好な利用実績があればカード会社からの信用も得やすくなります。その結果、増枠の審査にも通過しやすくなりますし、利用限度額も上限いっぱいもしくはかぎりなく上限に近い金額に設定される可能性も高まるでしょう。

ビジネスに活用できるサービス付帯があるか

ビジネスに活用できるサービス付帯がある法人カードを選ぶことで、利用価値がさらに高まります。

空港ラウンジの利用や国内外旅行傷害保険の付帯があれば出張が多い方に役立ちますし、コンシェルジュサービスが利用できれば接待の場所の提案や手配をはじめ、さまざまなサポートの依頼が可能です。また、福利厚生サービスや充実した補償付帯をそろえたカードもあります。

あらかじめ付帯してほしいサービスを決めておけば、カード選びはよりスムーズになるかもしれません。

支払う年会費と法人カードの充実度のバランスはとれているか

維持コストとして毎年必要な法人カードの年会費は、支払う金額に対する利用価値があるかどうかが重要です。

たとえば、年会費が1万円の法人カードを作っても、経費決済と支払いの一本化のみにしか利用できないのでは支払う金額と利用価値のバランスが取れていないことになるでしょう。

それに対し、年会費が5万円とかでも、世界の豪華空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」が利用できたり、指定レストランのコース料理が1名分無料になるサービスがあったりすれば、支払う金額もしくはそれ以上の充実度を感じられるはずです。

次に法人カードの審査通過を簡単にするためのポイントを3つ取り上げて解説します。

法人カードの審査通過を簡単にするためのポイント3つ

法人カードの審査を通過するために、以下の3つのポイントを意識してください。

いずれも極めて困難な内容ではありません。これらをクリアすることで法人カードの審査通過の可能性が高くなり、簡単に発行しやすくなるでしょう。

1.法人カードの審査に重要なのが代表者個人の信用

法人カードの審査では、会社以外に代表者個人がどんな方なのかということも重要視されます。

その際は、クレヒスと呼ばれるこれまでのクレジットカードの利用履歴が判断基準となります。

代表者の良好なクレヒスが重要

正式名称がクレジットヒストリーのクレヒスは信用情報とも呼ばれ、代表者自身の登録内容が良好なものであれば審査通過の可能性が高くなります。

なお、前で解説したようにクレヒスとは過去のクレジットカードやローンの利用履歴のことです。

クレヒスにはすべての信用取引の情報が登録されていますが、詳しい内容は以下をご覧ください。

  • クレジットカードの利用と返済
  • クレジットカードの申し込み
  • ローン(カードローンやフリーローン、マイカーローンなど)の申し込みと返済
  • 携帯電話端末の割賦購入

延滞などの金融事故があれば審査落ちは避けられない

代表者がこれまでに長期延滞をしていた、債務整理をおこなっていたなどの場合、クレヒスに金融事故情報が登録されているので審査落ちは避けられません。

クレヒスは「個人信用情報機関」と呼ばれる機関に登録されている情報で、現在は日本国内に3つ存在。情報ネットワークによって、各個人信用情報機関の登録情報は共有されています。

なお、良いクレヒスとなるのが以下の状態で、審査通過に重要となるポイントです。

  • クレジットカードやローンを利用していて延滞や滞納がなく返済していること 
  • 設定された利用限度額の中で大きな金額を使っている
  • クレジットカードやローンの借入件数が少ない

要するに、延滞や滞納をすることなく長期間利用していることで、今後も延滞や滞納をする可能性は低いとカード会社は判断する、ということです。審査通過も簡単になるでしょう。

2.短期間に複数の法人カードに申し込むのはNG

短期間にA社とB社、そしてC社というように、複数の法人カードに申し込むことで審査落ちの可能性を高めてしまいます。

法人カードの審査は個人カード以上に時間がかかるため、保険感覚で複数枚のカードに申し込みたくなるかもしれません。しかし、そうすることで審査落ちした情報のみが蓄積されていき、「申し込みブラック」という状態になってしまうのです。

なお、申し込みブラックになる一般的な目安はカード会社などによって異なりますが、平均1ヶ月間に3枚以上とされています。

他の法人カードの審査に落ちた、今回も審査落ちしたなどの場合、次回の申し込みは半年後にしてください。

なぜなら、新規で申し込みをした情報は信用情報機関に半年間登録されるからです。

そして、情報が削除された半年後に再度法人カードを申し込むようにしましょう。

3.固定電話回線を契約する

固定電話回線があるかどうかも、法人カードの審査に大きな影響を与える場合があります。実際に法人カードを発行した方の中で、申し込み確認の電話連絡時に「固定電話はありませんか?」と担当者から真っ先に聞かれたという情報もあるほどです。

固定電話を契約することによって、「会社が存在する」「常駐する社員がいる」とカード会社が判断することから信用度も高まります

もしも代表者が携帯電話の回線しか保有していない場合、固定電話を契約してみてください。そうすることで、審査通過において有利になるでしょう。

最後に、審査通過が簡単な傾向の法人カードを3種類紹介します。

審査通過が簡単な傾向の法人カード3選

法人カードはさまざまな会社から発行されていますが、その中でも審査通過が比較的簡単な傾向にあるカードを3選でご紹介します。

いずれも極めて困難な内容ではありません。これらをクリアすることで法人カードの審査通過の可能性が高くなり、簡単に発行しやす

ぜひ、内容を参考にしてみてください。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

ステータスの高いことで知られるアメックスが発行する「アメックス・ビジネス・ゴールド・カード」は法人設立後間もない方が審査通過したケースも多くあります。

なぜならアメックスでは会社の信用力以上に代表者個人の信用力を参考にして審査をおこなっているからです。

年会費は31,000円(税別)とやや高めの設定ですが、空港ラウンジの利用をはじめ、最高1億円補償の旅行傷害保険にプロテクションサービスなど、充実した機能がそろっています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

オリコEX Gold for Biz

「オリコEX Gold for Biz」には個人事業主用のS法人用のMがあり、いずれも年会費2,000円(税別)でゴールドカードを持つことができます

空港ラウンジの無料サービスに旅行傷害保険、ショッピング保険の付帯があるほか、個人事業主用のSには10~100万円のキャッシング利用枠があるなど、使い勝手も良いです。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

ライフカードビジネスライト

「ライフカードビジネスライト」は、一般カードであれば永年無料ゴールドカードでも2,000円(税別)という年会費のお得さが魅力です。

一般カードは年会費が無料なぶん他社法人カードのように付帯サービスの充実度は高くありませんが、利用限度額は最高200万円まで設定できます。

ゴールドカードは格安価格ながらも旅行傷害保険にシートベルト傷害保険の付帯をはじめ、空港ラウンジの無料利用可能が可能です。

また、支払い回数も分割払いにボーナス一括払い、リボルビング払いに対応するなど、融通がききやすい特徴があります。

まとめ

法人カードを簡単に手に入れたい方に向けて、審査の詳細にカードを選ぶ際の注目点、審査通過に重要なポイントなどを解説しました。また、最後に紹介した3種類の法人カードも審査通過が比較的簡単な傾向になることで知られています。

最後に記事のポイントを振り返りましょう。

  • 個人カードと法人カードは発行対象が異なる
  • 申し込み条件をクリアした法人カードを選ぶ
  • 代表者個人の信用力が法人カードの審査通過に重要
  • 短期間に複数枚の法人カードに申し込まない

基本的に代表者個人の信用力を参考に審査をおこなう法人カードを選び、自身に金融事故などがなければ審査通過の可能性は高いでしょう。

しかし、自信がない方は、まずは個人カードのクレヒスを良好にすることから始めてください。そして、良好なクレヒスが築かれてから改めて申し込みをすれば、審査通過は決して難しいことではなくなります。

【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

2020.03.13

【最適が見つかる!】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2020年最新版

経営者や個人事業主の方にとって、法人カードは事業資金の管理などを楽にしてくれる必須アイテムです。今や、事業をスムーズに行う上で必須のアイテムと言っても過言ではないでしょう。しかしいざ法人カードの導入を決めても、「どのカードを選べば良いのかよくわからない」「どのカードがうちの会社に1番合っているの?」と、お悩みの方も多くいらっしゃると思います。自分や会社に1番合った法人カードを選ぶためには、「利用目的」に着目して比較することが大切です。というのも、カードそれぞれに得意な分野が異なっているのです。本記事では、法人カードの選び方や特徴別のおすすめ法人カードをご紹介していきますので、読みながらあなたやあなたの会社が求めるニーズに沿ったカードを見つけてみてくださいね。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    法人カードランキング

    目的別

    掲載法人カード

    人気の記事

    新着記事