おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

法人カードの申し込み方法って実は簡単!?申し込みの流れとおすすめ法人カード5選も紹介

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美
クレジットカードとスマホを持つ男性

「法人カードを作成したいけれど、どうやって申し込めばいいの?」
「審査に通るかどうか心配」
「どの法人カードを選べばいいのかわからない」

スムーズな経費管理や経理の手間削減に役立つ法人カードですが、申し込み手順や審査基準がわからずに申し込みを躊躇っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、法人カードの申し込みでは、とくに難しい手続きは必要ありません。

そこで今回は、主に下記についてご紹介します。

この記事ではこのような内容を紹介!

初めて法人カードを作成する方におすすめの法人カードもご紹介しますので、法人カードの申し込みで悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。 

法人カードとは

法人カードとは

事業用決済に特化しているクレジットカードです。

クレジットカード払いに対応しているものであればすべての経費を一元管理できるのでお金の流れが明確になり、経理の手間も大幅に軽減されます。

複数枚の従業員用カードやETCカードを発行すれば経費の立て替え処理が不要になるほか、有料道路の料金もまとめて管理することが可能です。

個人用のクレジットカードと同様に利用金額に応じたポイントも貯まります。

貯めたポイントは多彩な商品や他社ポイント、航空マイルなどに交換できるので経費削減にも役立つでしょう。

経費の支払いに個人のクレジットカードを使うと、事業での出費と個人的な出費の区別がつきにくくなるのでおすすめできません。

法人経営者や個人事業主なら、法人カードの所有は必須といえるでしょう。

次の章では、法人カードの申し込みの流れを詳しく紹介します。

法人カード申し込みの流れ

ここでは、法人カードの申し込み手順をわかりやすく解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

申し込みに必要な書類を用意

カード会社によって用意する書類は異なりますが、法人カードの作成では下記のような書類が必要です。

登記簿謄本
登記の内容を証明するための書類です。管轄の法務局で取得します。
発行されてから6か月以内に限り有効となるので取得タイミングには注意しましょう。
代表者の本人確認書類
運転免許証やパスポートなど、公的証明書のコピーを用意します。
決算書
直近1年から2年分の写しを提出しなければいけない法人カードもあります。

スムーズに申し込みを完了させるためにも、書類は事前に過不足なく用意しておきましょう。

法人口座の開設

法人カードは、引き落とし口座に法人名義の口座を指定します。

ただし、個人事業主は個人用の口座で問題ありません
口座を開設していない場合は、法人カードを申し込む前に開設しておきましょう。

なお、引き落とし口座は申し込み時に記入するケースと、審査通過後に書面を送るケースがあります。

入会手続き

法人カードの申し込みは、インターネットでの申し込み郵送による申し込みがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

インターネット

インターネットを使った一般的な申し込み手順をご紹介します。

STEP1:公式サイトの申し込みフォームに必要事項を入力する
情報の入力は10分程度で終わります。
複数の法人カードを発行しているカード会社もあるので、申し込む前にカードの種類やランクをしっかりと確認しましょう。
STEP2:入会申込書を返送する 
フォームを送信すると、カード会社から入会申込書が郵送されてきます。
必要事項を記入し、確認したうえで捺印しましょう。
捺印後は、用意した必要書類と併せて返送します。

これで申し込みは完了です。とくに難しい手順は必要ありません。

郵送

郵送申し込みを選択する場合は、カード会社に申込用紙を請求します。

申込書が郵送されてきたら、必要事項を記載して返送しましょう。
なお、公式サイトから申し込み書類をダウンロードできるカード会社もあります。

入会審査

申込書を送付すると入会審査が行われます。

カード会社にもよりますが、審査に要する期間は2週間から3週間程度です。

個人用クレジットカードとは異なり、即日発行はできません。
審査に時間がかかるからといって、複数のカードを申し込むのは避けましょう。

多重申し込みは「お金に困っている」と判断されて審査に通過しにくくなります。
法人カードは、時間に余裕を持たせた申し込みを心がけてください

法人カードの受け取り

審査に通過すると、簡易書留や本人限定受取郵便などで法人カードが届きます

本人限定受取郵便は、受け取り時に公的な本人確認書類を提示する必要があります。
申し込み者本人以外が代理で受け取ることはできません。

次の章では、法人カードの審査基準について解説します。

法人カード申し込みの審査基準

ここでは、法人カードの審査基準について解説します。

審査落ちしないためにも、申し込む前に審査基準を知っておくことは大切です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

設立年数

経営の安定度を図る基準として、経営年数を重視するカード会社も少なくありません。

審査に通過しやすくなる設立年数は「3年」が目安とされています。

ただし、あくまでも目安なので設立2年では審査に通過できず、4年なら通過するというわけではありません。

なお、経営年数を問わない法人カードも増えてきているので、設立直後の法人カード作成も可能です。

財務状況

カード会社がもっとも避けたいのは貸し倒れです。
資金繰りが厳しい事業主は、直近の決算書が必要になる法人カードの作成は難しいでしょう。

ただし、赤字決算や決算書の内容を問わない法人カードも少なくありません。

決算書や登記簿謄本を用意しなくても申し込める「三井住友ビジネスカード for Owners」のような法人カードもあります。

決算内容に不安がある方は、法人カードの申し込み時に必要書類をチェックしてみてください。)  

代表者本人の信用力

経営年数や決算内容を問わない法人カードでも、代表者個人の信用情報は重視します。

代表者本人に自己破産や延滞などの履歴があれば、会社の経営状況に関わらず法人カードの作成は難しくなるでしょう。

なお、法人カードの審査では他社からの借り入れもチェックされます。

ローンの残高やリボ払いの残高が多い場合は、返済能力を疑われて審査に通りづらくなる可能性があるので注意してください。

法人カードに申し込む前には、可能な限り返済を進めておきましょう。

次の章では、審査のハードルが低く申し込みやすい法人カード選びのポイントを解説します。

申し込みやすい法人カードを選ぶ3つのポイント

ここでは、申し込みの間口が広く申し込みやすい法人カードの主な選び方を解説します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

個人事業主向けの法人カード

個人事業主向けの法人カードは、基本的に財務状況や経営年数を問いません

キャッシングやリボ払いに対応している活用幅の広い法人カードもあります。

一般ランクの法人カード

ゴールドカードやプラチナカードは利用限度額が高くなるので、審査もそれだけ厳しくなります。

初めて法人カードを作る場合には、審査難易度が低い一般ランクへの申し込みが無難です。

ただし、ゴールドカードでも審査の敷居が低く、リボ払いや分割払いに対応している「オリコ EX Gold for Biz」のような法人カードもあります。

ビジネスシーンでの利用にゴールドカードが必要な場合にはチェックしてみましょう。

外資系の法人カード

外資系のカード会社は独自の審査基準を適用するので、国内の法人カードで審査に落ちた方でも作成できる可能性があります。

たとえば、アメックスのビジネス・ゴールド・カードは、ゴールドランクでありながら決算書不要で申し込むことができる法人カードです。

付帯特典も豊富でステータス性も高いので、外資系の法人カードを選ぶのもひとつの方法でしょう。

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美 監修者

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

法人として登記申請を行うならば、必ず「印鑑カード」の交付申請も同時に行うようにしましょう。

通常、法人用のクレジットカードの申込には「登記簿謄本」が必要となり、その交付にあたっては法務局に出向くか、もしくは郵送やオンラインにて申請する必要がありますが、管轄の法務局内に証明書発行請求機があれば、交付申請書に記入することなく印鑑カードを機械に挿入し、操作するだけ発行申請が可能となりますので、非常に便利です。最近は主要都市の法務局であれば「証明書発行請求機」が設置されているところがほとんどですので、積極的に活用しましょう。

また、最近では申し込みの際に登記簿謄本や決算書が不要な法人用クレジットカードもあることから、事前に調べておくことをおすすめします。法人設立後間もない会社であれば、決算書の提出が悩ましいところでしょう。

しかし、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」のように、申し込み時に決算書不要でゴールド・カードが申し込めるカードもありますので、設立して間もない会社や、経営状況に不安がある法人代表者であれば、申し込んでみる価値はあるでしょう。

特にこれから長く使おうと思っておられる方や、海外での利用も見込んでいる方であれば、1枚は持っておくべきカードといえます。

次の章では、初めてでも申し込みやすいおすすめの法人カードを5種類ご紹介します。

申し込みやすいおすすめ法人カード5選

審査のハードルが比較的低く、申し込み書類の少ない法人カードを厳選してご紹介します。

ビジネスに役立つ付帯特典が充実したカードが揃っていますので、申し込みやすい法人カードを探している方は、ぜひ参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

ステータス性の高さと申し込みやすさが魅力のゴールド法人カードです。

申し込みに決算書は不要
個人事業主本人確認書類さえあれば申し込めます

設立年数や経営状態は審査に影響を与えません。

貯めたポイントは高レートでANAマイルに移行できます。

手厚い海外旅行傷害保険も付帯しているので、海外渡航の機会が多い事業主にもおすすめです。

カードで購入した商品の破損や盗難を一定期間補償してくれるサービスや不正利用時の補償も万全なので、さまざまなビジネスシーンで安心して活用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税抜) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

登記簿謄本や決算書は不要なので、個人事業主でも簡単に申し込むことができます。

ETCカードのほか、iDやWAON、PiTaPaなど、多彩な電子マネーが使えるのも大きな特徴です。

ポイント還元率は0.5%ですが、コンビニやマクドナルドの利用でポイントが5倍になるので、日常的な小額決済でもポイントがザクザク貯まります。

法人カードながらキャッシング機能を搭載。
さらに、リボ払いや分割払いにも対応しています。

年会費1,250円(税別)で維持できるコストの低さも魅力です。

三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~150万円 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
オンライン限定!最大10,000円のVJAギフトカードプレゼント!

オリコ EX Gold for Biz

決算書不要で申し込めるゴールド法人カードです。

法人用の「M」個人事業主用の「S」が選べます。
どちらも分割払いとリボ払いでの支払いが可能です。

なお、「S」にはキャッシング機能が付帯しています。

ゴールドカードながらも2,200円(税別)というリーズナブルな年会費も魅力。

もちろん、空港ラウンジの無料利用や手厚い旅行傷害保険など、ゴールドカードならではの特典も豊富です。

スムーズな支払いを実現するタッチレス決済機能が搭載されているので、少額経費の支払いも簡単。

経費の支払いで貯めたポイントはAmazonギフト券や航空マイル、他社のポイントなどに交換できます。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

JCB CARD Biz

申し込みから審査までウェブで完結する法人カードです。

入会申し込みフォームに代表者の個人情報を入力するだけ審査結果がメールで届きます

審査に通過すれば入会申込書が郵送されてくるので、本人確認書類を添えて返送するだけでOKです。

年会費1,250円(税別)と維持しやすいのもポイント。ETCカードの年会費は無料です。

車移動の多い仕事をされている事業主なら、保有しておきたい1枚といえるでしょう。

JCB CARD Biz

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜) 0.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2~3週間 個別設定 無料

ライフカードビジネスライト(スタンダード)

年会費無料で維持できる法人カードです。

申込に必要なのは本人確認書類のみなので、フリーランスでも気軽に申し込むことができます。

ETCカードは1枚まで発行手数料と年会費が無料です。

スタンダードカードながら利用限度額は最大200万円に設定されています。

2回払いやリボ払いにも対応しているのも嬉しいポイントです。

ライフカード「ビジネスライト」

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短4営業日発行 10~200万円 無料

まとめ

今回は法人カードの申し込み手順や審査基準などについてご紹介しました。

改めて内容をまとめてみます。

3つのポイント

    1. 法人カードの申し込み手順は簡単
    2. カード会社によって審査基準は異なる
    3. 間口の広い法人カード選びがスムーズな法人カード作成のポイント

法人代表者だけではなく、個人事業主でも気軽に作れる法人カード。

作成までの流れに難しい手続きもなく、設立年数や決算内容を問わないタイプも少なくありません。

法人カードの作成を検討している方は、今回ご紹介したおすすめ法人カードのなかから、自社に適した1枚を選んで申し込んでみてくださいね。

2020.09.30

【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

【最適が見つかる!】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2020年最新版

経営者や個人事業主の方にとって、法人カードは事業資金の管理などを楽にしてくれる必須アイテムです。今や、事業をスムーズに行う上で必須のアイテムと…

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美
監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。 『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人カードランキング

ページトップ