コーポレートカードの審査基準、落ちるケースや理由について解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
財布からクレジットカードを出す男性

会社によっては、社員に「コーポレートカード」を作らせることがあります。

会社に言われたからとは言え、クレジットカードを持つことに不安を持つ人は少なくないでしょう。中でも審査に通るかどうか気になりますよね。

通常のクレジットカードとコーポレートカードでは、審査に違いはあるのでしょうか?この記事ではコーポレートカードの審査について詳しくご説明します。

コーポレートカードを仕事で使う コーポレートカードとは、法人カードの一種です。これと似た呼び方のカードにビジネスカードというものがあります。ビジネスカードも法人カードの一種です。 一般的にはコーポレートカードは大企業向け、ビジネスカードは中小企業向けの法人カードを指す名称として使われています。

三井住友VISAカードを例に挙げて見てみましょう。三井住友ビジネスカードは概ね20名以下、三井住友コーポレートカードは概ね20名以上という目安が書かれています。

会社によってはコーポレートカードを社員証として使っているケースもあります。入退室の際のICカードとして使用したり、社員食堂や売店の支払いにも使用したりします。

社員証として使っていない会社であっても、コーポレートカードの裏面には顔写真と氏名と会社名が入るので、身分証明書の代わりに使える場合もあります。

請求書を計算する男性

コーポレートカードには2種類の支払い方法があります。

一つは会社払い(会社一括決済方式)です。当然会社のカードですから、個人的な利用はできません。出張費や消耗品費など、経費として使います。

もう一つは個人払い(個別決済方式)です。通常のクレジットカードと同様、コーポレートカードを持っている個人の口座から引き落とされます。こちらのカードは個人的に使用しても構いません。

ただし、利用明細が会社に見られてしまう可能性があります。見られて困るような使用は避けておいたほうがいいかもしれません。

会社払いは個人よりも会社の信用が審査の対象となるので、審査はかなり通りやすいです。一方、個人払いは個人の信用もチェックされるので、会社払いと比べると審査が厳しくなります。

コーポレートカードを作ると、これらの特典があります。

個人払いのコーポレートカードであれば、通常の個人カードと同様にポイントを貯めることができます。多くの会社ではこのポイントまでは管理していません。

例えば、出張経費で貯めたポイントでも、個人で使って構わないということになります。ポイントはある程度貯まらないと景品等と交換できませんが、ネットサービスのポイントなら比較的低いポイントから交換することができます。

そのほかにも、カード会員だけの特典があります。カードの種類によって異なりますが、コンサートや演劇のチケットが優先的に購入できたり、空港のラウンジが無料で利用できたりします。

会社払いのコーポレートカードだと使用範囲が狭くなりますが、カードを見せるだけで受けられる特典もあるので、調べてみると良いでしょう。

コーポレートカードならではの注意点があります。

会社払いのコーポレートカードは会社の経費を精算するために作るものなので、個人使用はできません。

不正に利用すると「着服」になってしまいます。経理担当者も確認しているので、不正使用が見つかると処分が下されることでしょう。

個人払いのコーポレートカードは通常のクレジットカードと一緒です。

会社を通して申し込んだとはいえ、使い過ぎたときに会社が肩代わりしてくれるものではありません。

また、いずれのコーポレートカードも会社の信用で作られているので、会社を辞めたら返納しなくてはなりません。

inspection 個人向けカードと比べると、コーポレートカードは審査が甘い傾向にあります。これは会社の名前を使って申し込むため、その会社の信頼度が反映されるからです。当然、大企業のほうが審査は通りやすいといえます。

これまで他のクレジットカードの審査が下りなかった人でも、「コーポレートカードなら作ることができた」というケースもあります。

通常のクレジットカードよりカードを作りやすいとは言っても、滞納はないに越したことはありません。コーポレートカードを作る前に一度確認して、可能な限りクリーンな状態で申し込むのが良いでしょう。

また一般的に、個人の携帯電話だけでなく固定電話があったほうが審査に通りやすくなると言われています。

コーポレートカードだと勤務先の電話番号も書くのであまり関係ないかもしれませんが、念のため、自宅の固定電話番号を書いておいた方が審査に通る確率がアップするでしょう。

コーポレートカードにも、通常のクレジットカードと同様の審査があります。

ただし、通常のクレジットカードと違って会社を通じて申し込むことから、勤務先に関する審査はすでに終わっていることが多いです。

会社払いのコーポレートカードだと、会社の支払い能力が審査されます。

コーポレートカードを導入する時点で会社の信用に対する審査は行われているので、新たに個人に対して発行する際の審査はあまり厳しくありません。

一方、個人払いのコーポレートカードは個人の支払い能力が問題ないか審査されます。

会社のステータスが高いとそれだけプラスになりますが、それ以上に個人の属性が重視されます。

勤務年数、年収、これまでのクレジットカード使用歴などが審査の対象となります。

電話する男性

審査に落ちる理由は、これまでにクレジットカードの支払いやローンの滞納歴があることがほとんどです。コーポレートカードは会社の名前で申し込むので、勤務先や年収を理由に落ちることは少ないと考えられます。

まれに新入社員だと勤務経歴が少ないので落ちることもあります。しかし、会社が若手社員に対してもコーポレートカードへの加入を推奨しているのであれば、勤務経歴を理由に落ちることはまずないでしょう。

ほかに心当たりがないのに落ちたという場合は、単純に書類の記載ミスや記入漏れの可能性があります。個人情報が不確かな場合は、どのクレジットカード会社も審査に慎重になります。

カード会社から確認され、再度記入するように依頼されることがほとんどなので、期日までに対応しましょう。それに記入の期間を置いて申し込んでみると審査が下りる可能性があります。

 

コーポレートカードの審査では、会社の名前を使って申し込むため、その会社の信頼度が審査において重視されます。

コーポレートカードの審査は通常のクレジットカードより緩いとはいえ、100%通るわけではありません。しかし、コーポレートカードにはさまざまな特典がありますから、作っておいて損はないでしょう。

審査の落ちる理由のほとんどは、クレジットカードの支払いやローンの滞納歴があることです。

通常のクレジットカードよりカードを作りやすいとは言えますが、事前にローンの滞納等はないか確認しておきましょう。

会社の信用が関わってくるので、支払いが苦しいときでもコーポレートカードは優先的に返済することをおすすめします。

コーポレートカードについてまとめた「コーポレートカードとは何?コーポレートカードの基礎知識をご紹介!」の記事も、合わせて参考にしてみてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加