赤字決算でも法人カードを作りたい! 審査に通過するための3つのポイント

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美
パソコンを操作とカードを手にもち微笑むメガネをかけている女性

法人カードの作成を考えている法人代表者や個人事業主の中には、何らかの理由で前年度が赤字決算の人もいるでしょう。しかし赤字決算だと、支払い能力がないのではと思われてしまわないか、心配ですよね。

そこで、前年度が赤字決算でも作れる法人カードや審査通過のコツを知りたいとお考えではありませんか。

今回の記事では、赤字決算の法人代表者が法人カードを作るための方法を解説していきます。

記事を読むことで、前年度赤字決算でも作れる法人カードや審査通過のコツを知り、申し込めるようになります。

赤字決算でも作りたい! 法人カードは審査が厳しい

両手でジェスチャーをする男性

法人カードは個人カードに比べると審査が厳しいと言われているので、赤字決算の経営者でも作れるのか心配な人も多いでしょう。この章では、なぜ法人カードの審査が厳しいのかを解説していきます。

個人と法人両方が審査対象

法人カードは法人代表者である個人が事業支出目的で申し込むクレジットカードです。法人の支出のために代表者個人が申し込むので、法人・代表者個人両方の信用状況が審査対象になります。

法人カードの種類によって、法人・個人どちらに重きが置かれるのかは異なりますが、どの法人カードも法人・個人ともに審査対象です。

会社のクレヒス・経営状態はチェックされる

法人カードを申し込んだ時に、会社に支払い能力があるかどうかを必ず審査されます。会社のこれまでのクレジットヒストリー(以下、クレヒス)や、経営状態が悪化していないかどうかなどが、重要なポイントです。

そのため、赤字決算の会社でありがちな事業ローンの返済遅れや未払いなどがあると審査に悪影響を与えてしまいます。

会社の事業支出のためのクレジットカードなので、貸し倒れを起こさないかどうかを慎重に判断されます。

代表者のクレヒスもチェックされる

会社の信用状況と同時に、代表者個人のクレヒスも審査対象になります。もし会社が支払いできなくなった場合、代表者に肩代わりして支払ってもらわねばならないことから、代表者個人のクレヒスも慎重にチェックされています。

もし代表者個人にクレジットカードやローンなどの支払い遅延や未払いなどがあると、法人カードの審査に悪影響を及ぼしてしまいます。

特に赤字決算の会社の場合、会社が支払いできなくなるリスクが大きいと捉えられてしまうため、代表者個人のクレヒスが良いかどうかはとても重要です。

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美 監修者

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

赤字決算だと法人カードを作ることは出来ないと思い込んでおられる経営者の方は多いと思います。
確かにカード会社としても、赤字決算の会社に対しては倒産における貸し倒れのリスクを避けるためにも、審査を厳しくするのが通常です。

しかし、だからと言って赤字決算だと絶対に審査に通らないというわけではありません。現在は赤字であっても将来的には黒字になる、もしくは倒産する可能性は低いと判断されれば、審査に通ることは可能です。

この章では、なぜ法人カードの審査が厳しいのかを解説してきました。次の章では、法人カード申込時に必要な書類を紹介します。

法人カード申込時に主に必要となる4つの書類

「IMPORTANT」と書かれた資料を持つ手

赤字決算の会社は黒字決算の会社と比べて法人カードの審査に有利とは言えないからこそ、書類の不備がないようにしておくことが大切です。ここでは、法人カード申込時に主に必要となる4つの書類を紹介していきます。

  • 申込用紙
  • 経営者の本人確認書類
  • 法人であることの確認書類
  • 銀行口座

このほかに個人事業主の場合は収入証明が必要な場合もあるので、あわせてチェックしていきましょう。

申込用紙

法人カードの申し込みの際、ウェブサイトまたは申込用紙への記入が必ず必要です。記入漏れがあると審査に不利に働いてしまうことも多いため、赤字決算の会社だからこそ漏れなく記入することが大切です。

申込用紙に記入する内容はカード会社によって多少異なりますが、主に下記のような内容があります。

  • 本人に関する情報(氏名・住所・生年月日・年収・居住年数など)
  • 会社に関する情報(会社名・所在・年商など)
  • 希望のカードに関する情報

必須項目以外もできるだけ埋めておくことで、審査がスムーズに進みやすくなります。

経営者の本人確認書類

法人カードを申し込むと、経営者個人の本人確認書類のコピーを提出する必要があります。対象となる本人確認書類の種類はカード会社によって多少異なりますが、現住所が一致しているものが望ましいです。

例えば三井住友カードの場合、下記のいずれかのコピーであれば問題ありません。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

申し込む際には、どの書類のコピーが必要なのかをしっかり確認のうえ、間違えずに提出しましょう。

法人であることの確認書類

経営者個人の本人確認書類の提出が求められるのと同様に、法人であることの確認書類も提出を求められます。具体的には登記簿謄本と呼ばれている「全部事項証明書」のことで、法務局で取得できます。

ただし、6カ月以内に限定されるなど、古すぎるとだめな場合もあるため、いつ発行した書類なら使えるのかをしっかりチェックしておきましょう。

会社の印鑑証明書でも証明できますが、定款のコピーなど他にも書類が必要となる場合が多く面倒なので、全部事項証明書を提出するのがおすすめです。

銀行口座

法人カードを個人事業主ではなく法人代表者として申し込む場合、引き落とし口座は法人口座に限られます。代表者の口座であっても、個人口座を引き落としには設定できません。

法人口座の開設には1~2週間程度かかる場合も多いため、法人口座を持っていないならまずは法人口座を作ってから法人カードを申し込むといいでしょう。

法人口座を作っておくことで、赤字決算の会社でも審査がスムーズに進みやすくなります。

個人事業主の場合は収入証明が必要な場合もある

法人カードを申し込むのが個人事業主の場合は、赤字決算か否かにかかわらず、年収を証明する書類のコピーの提出を求められることがあります。さらには事業計画書の提出を求められることもあり、法人代表者に比べると手続きがかなり面倒です。

例えば三井住友カードの場合、下記2種類の書類のコピーを提出する必要があります。

  • 確定申告書B第一表(控え)
  • 青色申告決算書(控え1ページ目)または収支内訳書(控え1ページ目)

個人事業主は法人に比べて赤字かどうかが見えづらいため、税務署に提出した公的書類での証明が求められます。

この章では、法人カード申込時に必要な書類を紹介してきました。次の章では、法人カードの審査に通過するためのポイントを解説していきます。

赤字決算の法人必見! 法人カードの審査に通過するための3つのポイント

4枚のカードを持ち微笑む女性

赤字決算の法人や個人事業主でも、少し工夫をすることで法人カードの審査に通過しやすくなります。この章では、法人カードの審査に通過するための3つのポイントを解説していきます。

法人カードの審査に通過するための3つのポイント
  • 設立時期はあまり関係ない
  • 事業の実態が外からわかりやすいようにする
  • 固定電話があるといい

以下見ていきましょう。

設立時期はあまり関係ない

法人カードの申し込み条件は、以前は設立3年以上や2期以上黒字が条件のカードも多かったですが、設立初年度でも作れる法人カードは増えつつあります。ただし、ゴールドカードやプラチナカードなどステータスが高いカードの中には設立して数年が条件となるカードもあります。

例えば、三井住友ビジネスプラチナカードは、会社設立後3年以上経過している人が対象ですが、一般カードにはそのような規定はありません。

法人カードでも一般カードであれば、設立時期にとらわれず申込可能なカードが多いです。

黒字決算であることが求められる場合はある

銀行系を中心とする一部の法人カードでは、一般カードでも黒字決算を申込資格としているカードもあります。赤字決算の法人は、黒字決算であることが求められるカードを申し込んでも審査に落ちる可能性が高いです。

例えばMUFGカードビジネスは、一般カードでも原則黒字決算の法人・個人事業主を申込対象としています。

いきなり審査落ちするのを防ぐためにも、カードごとの申込資格をしっかりチェックしたうえで申し込むようにしましょう。

事業の実態が外からわかりやすいようにする

法人カードを申し込む場合であっても、決算書を提出しなくて済むカードも増えつつあります。代表者個人のクレヒスに問題がないことはもちろんですが、どんな事業をしているのかをわかりやすいようにしておくことも大切です。

具体的には、下記のような外に開示できるような情報を作っておくと有利です。

  • 屋号
  • ホームページ
  • 通帳など

事業の実態を公にしておくことで、審査が有利になります。

個人事業主は開業届を提出しておく

会社であれば事業を営んでいることは外からわかってもらいやすいですが、個人事業主は本当に事業を営んでいるのかどうかが会社に比べるとわかりづらいです。そのため、最低限税務署に開業届を提出しておくことが必要です。

税法上のルールでは、開業届の提出で個人事業主として認められることになっていて、開業届を提出していないと審査に落ちてしまう原因になってしまうこともあります。

審査に通過しやすくするためにも、個人事業主は開業届を速やかに提出しておきましょう。

企業や事業のウェブサイトがあると有利に働く

会社や事業に関するウェブサイトがあると、審査において有利に働く場合もあります。誰でも見られるインターネットを介して、事業内容を世界中に発信していることになるため、事業実態を外から把握しやすいでしょう。

公式サイトでなくても、ネットモール内にあるショップでも問題ありません。ネットショップの場合、利用者・購入者がいることがわかれば、それだけで事業実態の証明になります。たとえ赤字決算であっても取引が多ければ多いほど信用にもつながりやすいです。

このように、会社や事業に関するウェブサイトは事業実態を外からわかりやすくする手段のひとつです。

固定電話があるといい

事業専用の固定電話があるかどうかは、法人カードの審査に大きく影響を及ぼします。携帯電話しかなければ、万が一支払い遅延になってしまった場合、逃げられて回収できなくなってしまうリスクが大きくなってしまうため、審査に落ちやすいです。

個人事業主の場合、固定電話を要していない人も多いかもしれませんが、IP電話でも構わないので事業用の電話番号を準備しておいた方が有利に働きます。

審査に不利な赤字決算事業者だからこそ、固定電話番号を用意し、少しでも審査がスムーズに進むようにしておきましょう。

この章では、法人カードの審査に通過するためのポイントを解説してきました。次の章では、前年度赤字決算の法人代表者におすすめの法人カードを紹介します。

前年度赤字決算の法人代表者におすすめの法人カード4選

5枚のカード

申し込みに黒字決算が求められる法人カードもありますが、赤字決算でも申込可能な法人カードもあります。この章では、前年度が赤字決算の法人代表者におすすめの法人カードを紹介してきます。

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美 監修者

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

赤字決算でも法人カードを作れるかどうかのポイントは、「代表者個人の信用度」および「会社の設立期間」です。
この2つがクリアできれば、法人カードを作れる可能性もあると思ってください。
中でもアメックスの法人カード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、設立して1年でも発行できたりすることから、選択肢の一つに入れておくとよいカードです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、高いステータスを持つ法人カードです。赤字決算であっても、代表者個人の信用に問題がなければ比較的持ちやすいと言われています。

カードを持つことで、経費の支払いをまとめられるのはもちろん、アメックスの多彩な付帯サービスを受けられます。

年会費 31,000円(税別)
追加カード 12,000円(税別)
ETCカード年会費 500円(税別)
発行可能枚数本会員5枚まで、追加カード会員1枚まで
主な付帯サービスは下記の通りです。
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険付帯
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」VIP会員年間登録料無料
  • ヘルスケア無料電話健康相談
  • キャンセルプロテクション
  • ビジネス・カード会員様限定イベント

社外でのミーティングや出張、経営者との交流など、幅広く役立つ付帯サービスが充実している、忙しい経営者にぴったりの1枚です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 31,000円(税抜) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行している法人カードの一般カードです。一般カードですが他社のゴールドカードクラスのサービスが付帯していて、ゴールドカードよりもさらに持ちやすいと言われています。

年会費 無料
追加カード 6,000円(税別)
ETCカード年会費 500円(税別)
発行可能枚数本会員5枚まで、追加カード会員1枚まで
主な付帯サービスは下記の通りです。
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料・福利厚生プログラム「クラブオフ」年間登録料無料
  • 空港ラウンジ同伴者1名も無料
  • カード利用100円ごとに1ポイントもらえる

サービス内容は前述のゴールドカードには少し劣るものの、ポイントの付き方は同じで、他社より付きやすいのが魅力。効率よくポイントをためて、マイルや商品などに交換したい赤字決算の法人代表者におすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
初年度無料 12,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 審査基準による 0.5% 500円(税別)
今がチャンス!お得な入会特典
当サイトからのお申込みで初年度年会費無料!

オリコEX Gold for Biz

オリコEX Gold for Bizは、法人向けの付帯サービスが充実しているカードです。信販会社のオリコが発行していて銀行発行の法人カードに比べて審査に通過しやすいため、赤字決算の法人代表者におすすめです。

年会費 無料、2年目以降2,000円(税別)
追加カード 年会費無料(最大3名、個人事業主不可)
ETCカード年会費 無料
主な付帯サービスは下記の通りです。
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファー付帯
  • クラウド会計ソフトfreee標準プランの利用期間を2カ月間無料延長
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」優待
  • 空港ラウンジ無料
  • ビジネスローン(法人代表者)またはキャッシング(個人事業主)利用可能

一般カードレベルの年会費で空港ラウンジも使えるのは大きなメリット。費用を抑えながらもサービスを求める経営者におすすめです。

オリコ EX Gold for Biz

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

ライフカードビジネスライト

ライフカードビジネスライトは、信販会社のライフカードが発行している法人カードです。申し込みの際決算書は必要なく、設立間もない法人や赤字決算の法人でも持ちやすいと言われています。

年会費 無料
従業員カード 無料(3名まで)
ETCカード年会費 無料(1枚まで)
主な付帯サービスは下記の通りです。
  • 弁護士法律相談1時間無料
  • カーシェアリング優待
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」優待
  • MastercardビジネスアシストまたはVisaビジネスオファー付帯

ポイントが付かないデメリットはありますが、年会費無料なのは大きいです。費用を抑えて法人カードを持ちたい赤字決算の法人経営者におすすめです。

この章では、前年度が赤字決算の法人代表者におすすめの法人カードを紹介してきました。赤字決算の法人経営者は、カード選びの参考にしてください。)

ライフカード「ビジネスライト」

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短4営業日発行 10~200万円 無料

まとめ

今回の記事では、赤字決算の法人代表者が法人カードを作るための方法を解説してきました。銀行系など、黒字決算であることが条件の法人カードは難しいかもしれませんが、それ以外であれば赤字決算であっても持てるカードもあるようです。

申し込みの際には、事業の実態が外からわかりやすいようにしたり、書類に不備がないようにしたりすることで、審査がスムーズに進みやすくなります。

また、赤字決算の法人は審査に通過しやすいカード選びも重要です。

赤字決算の法人でも法人カードを作る方法はご理解いただけましたか。今回の記事を参考に手続きを進めて、法人カードを申し込んでみてください。

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美 監修者

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

会社の経営状況にはいろんな要素が関係してきます。
社会情勢や、取引先の経営状況に影響されることもあるでしょう。

こういったものは大抵予測がつかないもので、何年かに1度は赤字決算を経験する企業が大半を占めているのが現状です。
このような状況も踏まえ、赤字だからと後ろ向きに捉えるのではなく、中期および長期計画を立てながら、前向きに考えていくことが大切です。

2020.09.18

おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!【2020年最新版】ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

【2020年最新版】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!還元率・年会費・ステータス性・サポート面などの観点から、おすすめクレジットカードをナビ…

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美
監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。 『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

法人カードランキング

ページトップ