おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

非接触型決済が主流となる時代の決済手段やサービスの種類を解説

非接触型決済で買い物をする女性

キャッシュレス時代の到来と共に、非接触型決済がドンドン増えています

現在でも現金を持ち歩いて店員さんとお釣りのやり取りをする手間を省ける、接触型のクレジットカードの人気は衰えていません。

一方で、非接触型決済のひとつである電子マネーも普及率を高めています。

非接触型の電子マネーは接触型のクレジットカードと異なり、端末に通す必要もなければ暗証番号もサインも不要です。

クレジットカードにおいても、非接触型決済に対応するカードが登場しています。

その数がもっと多くなれば、もともとポストペイ型の決済手段であり、付帯サービスなども充実しているクレジットカードの中からそれを選ぶかがより重要になるでしょう。

くれじい

この記事では、非接触型決済について、おすすめのクレジットカードも含めて解説します。

非接触型決済とは無線通信を利用した電子決済

非接触型決済とは

現金を使わずに支払いを完了させる手段の中で、無線通信を利用した電子決済手段の総称です。

非接触型というように、基本的に決済にあたって何にも触れることがない点が特徴となっています。

非接触型ICチップを利用した決済手段

代表的な非接触決済の手段といえば、電子マネーやクレジットカードがあります。

電子マネーに搭載しているのが非接触型のICチップです。

非接触型ICチップは小型軽量で薄いチップだからこそ、実用的な決済手段を支えているといえます。

多くのクレジットカードに搭載されているのは接触型のICチップであり、従来は非接触型決済にクレジットカードは入っていませんでした。

しかし、コンタクトレス対応のカードが登場したことで、一部ではあるものの、クレジットカードも非接触型決済の仲間入りをしています。

非接触型決済は比較的少額の支払いに使われる

クレジットカードでは高額決済が行われることもありますが、日常的に万単位の決済に使われるケースは多くないでしょう。

また、国内での電子マネーは電車やコンビニでの利用が普及促進に寄与しました。

電子マネーの多くは事前に決済資金をチャージするタイプで、多額の決済はお店もユーザーも想定していない面があります。

こうした背景もあって、非接触型決済が使われるのは比較的少額を支払う場面だといえます。

次の章では、非接触型決済に利用されるツールについて解説します。

非接触型決済で利用されるツールの種類は3つある

非接触型決済に使われるツールとしては、主に以下の3つがあります。

  1. ICカード
  2. 携帯・スマートフォン
  3. ウェアラブル端末

ICカード

非接触型ICチップが埋め込まれているICカードは、初期から使われている電子マネーの典型的な形態です。

国内ではソニーのFeliCaが非接触型ICカード技術の主流となっており、さまざまな分野の非接触型決済用ICカードに導入されています。

(FeliCaの導入例)

  • JR東日本のSuica
  • JR西日本のICOCA
  • 楽天Edy
  • nanaco
  • イオンのWAON
  • ドコモのiD
  • SMBCデビット

なお、コンタクトレス対応のICクレジットカードに導入されているのは、FeliCaとは異なる規格の非接触型ICカード技術です。

携帯・スマートフォン

非接触型決済はICカードとともに携帯電話によって普及してきました。

フィーチャーフォン時代に始まった「おサイフケータイ」は、スマートフォンになってより進化しています。

スマホではQRコード決済携帯キャリア決済も使われており、非接触型決済を含めた総称がスマホ決済です。

QRコード決済などもお互いに触れることがない点では非接触型決済といえますが、非接触型ICチップを利用していないため、通常は別物として考えられています。

ウェアラブル端末

ウェアラブル端末とは、着用する端末の名のとおり、人間が身に着けるアイテムを通信端末とした非接触型決済のツールです。

ウェアラブルコンピュータとも呼ばれ、多くは腕時計タイプの端末を指して使われる言葉です。

代表的なアイテムにApple Watchがあります。

腕時計が決済に使えるなら、スマホさえも不要になるとの声があります。

一方で、スマホが腕時計の代用になることから腕時計をしなくなった人が多いことも事実です。

したがって、スマホとウェアラブル端末は並存できる可能性が高いといえるでしょう。

次の章では、非接触型決済の支払いのタイミングについて解説します。

支払いのタイミングは3種類ある

非接触型決済の場合、決済時にユーザーの支払いが完全に終わっているとは限りません。

ユーザーが実際に決済資金のお金を支払うタイミングは3つあります。

  1. 前払い
  2. 即時払い
  3. 後払い

前払い

前払いの代表例は、非接触型決済に使うための資金を事前にチャージするプリペイド型電子マネーです。

コンビニの端末やクレジットカードなどからチャージします。

チャージ残高の範囲で手軽に使える点が大きなメリットです。

その反面、チャージする手段がなければ使えない点がデメリットといえます。

即時払い

現金決済と同じ即時払いとしてデビットカードがあげられます。

デビットカードは銀行口座のキャッシュカードにプラスされた機能であり、決済時点での口座残高の範囲内で利用できる点が大きな特徴です。

したがって、前払いと同様に残高を超える決済は原則としてできません。

ただし、例外的に決済情報が送られるタイムラグの関係で残高を超える決済が行われる可能性はあります。

また、プリペイド型の電子マネーでは、クレジットカードをチャージに使った場合のカード利用代金は後日の支払いです。

しかし、即時払いでは例外を除いて後日支払う代金は存在しません。

後払い

ポストペイ型とも呼ばれる後払いといえばクレジットカードが代表例です。

非接触型決済に使えるクレジットカードは増加中です。

また、ポストペイ型電子マネーはクレジットカードを紐つけることで決済しています。

つまり、ケータイ料金合算払いなど一部の例外を除いて、クレジットカードがなければ成立しないのが後払いです。

チャージの手間や残高不足の心配がない点がメリットになります。

次の章では、非接触型決済サービスの種類について解説します。

非接触型決済サービスの種類は主に3つ

非接触型決済サービスの種類は主に3つあります。

これまで述べた中にも出てきますが、

  1. 電子マネー
  2. デビットカード
  3. クレジットカード

の3つです。

電子マネー

電子マネーはカードタイプやスマホのアプリなど、複数のツールで利用されています。

発行元の違いなどから交通系と流通系、クレジットカード系といった分類がなされます。

交通系電子マネー

交通系電子マネーは電車やバスでの利用をメインに鉄道会社などからリリースされています。

年々利用できる範囲が広がっており、交通機関以外でも多くの場所で利用可能です。

(交通系電子マネーの例)

  • Suica
  • ICOCA
  • PASMO
  • kitaca
  • SUGOCA

流通系電子マネー

流通系電子マネーとは

スーパーマーケットやコンビニを経営する小売り大手などが運営する電子マネーです。

自社グループ店舗の集客や売上拡大に貢献する電子マネー事業は、新技術を取り入れるなど拡大・進化しています。

(流通系電子マネーの例)

  • nanaco
  • WAON
  • 楽天Edy

クレジットカード系電子マネー

クレジットカード系電子マネーの特徴は、交通系や流通系のように一定の分野を持たず広範囲での使用が前提となっていることです。

(クレジットカード系電子マネーの例)

  • iD
  • QUICPay

デビットカード

デビットカードは前章の即時払いで述べたように、銀行口座の残高を引き落とすことで決済を完了させるアイテムです。

デビットカードには、J-Debitと国際ブランドカードがあります。

非接触型決済でデビットカードといえば、後者の国際ブランドカードです。

後払いではないことを除けばクレジットカードに近い非接触型決済手段といえます。

(主なデビットカード)

  • SMBCデビット
    (Visaデビット・三井住友銀行)
  • イオンデビットカード
    (Visaデビット・イオン銀行)
  • じぶん銀行スマホデビット
    (JCBデビット・auじぶん銀行)
    ※じぶん銀行スマホデビットはカードレスです。

クレジットカード

クレジットカードはポストペイ型の非接触型決済です。

ショッピングの利用可能枠の範囲内で、決済時点の利用可能額まで使えます

ポイントや各種付帯サービスが人気です。

最後の章では、非接触型決済におけるクレジットカードの主要国際ブランドについて解説し、おすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカードの非接触型決済なら4種類の主要国際ブランド

クレジットカードで非接触型決済を行うなら、4大国際ブランドのカードが適しています。

以下紹介いたしますので、チェックしてみてください。

国内4大国際ブランドは非接触型カードを推進中

国内でクレジットカードの国際ブランドといえば、

  1. Visa
  2. Mastercard
  3. JCB
  4. アメリカン・エキスプレス
  5. Diners
  6. 銀聯
  7. Discover

の名が出てきます。

その中で、非接触型決済を推し進めているのは前の4ブランドです。

Visaのタッチ決済

Visaのタッチ決済は、タッチ決済対応マークのあるVisaカードでスマートに決済するための決済サービスです。

クレジットカードの国際ブランドとしては世界最大規模を誇るVisaだけに、使える場所は約200の国と地域にあります。

Mastercardコンタクトレス

Mastercardコンタクトレスは、Visaと並ぶ世界的な国際ブランドが展開するクレジットカードを使った非接触型決済サービスです。

国内で対応カードを発行するカード会社はオリエントコーポレーションなど5社で、Visaに比べて少数となっています。

JCBコンタクトレス

JCBコンタクトレスは日本発の国際ブランドJCBが進めるクレジットカードの非接触型決済サービスです。

JCBカードまたはJCBカードを登録したスマホを使ってタッチ決済します。

対応カードの国内発行会社は、JCB本体と楽天カードの2社です。

アメリカン・エキスプレスのタッチ決済

アメリカン・エキスプレスのタッチ決済はクレジットカード界でハイブランドとされるアメリカン・エキスプレスの非接触型決済サービスです。

アメックスのカードを持っているだけでもステータスシンボルになります。

国際ブランド別おすすめの非接触型決済対応カード

国内で非接触型決済を展開する4大国際ブランドについて、それぞれおすすめのクレジットカードを1枚ずつ絞って紹介します。

三井住友VISAクラシックカード

Visaのタッチ決済でおすすめは、三井住友カードが発行する三井住友VISAクラシックカードです。

実質的に年会費無料のカードで充実したスペックをもっています。

カード名称 三井住友VISAクラシックカード
カードランク 一般カード
国際ブランド Visa
年会費 1,250円(税別)
・初年度無料
※マイ・ペイすリボの登録と年1回以上のリボ払い手数料の支払いがあると無料など特典あり
利用可能枠 総利用枠:10~80万円
キャッシング利用枠:10~50万円
ポイントプログラム Vポイント:200円で1ポイント
付帯サービス・特典 ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯
・お買い物安心保険で年間100万円までショッピング補償
・不正利用補償
・ETCカード、家族カードの発行可能

三井住友カード

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税抜)※ 0.5%~2.5% Vポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.5% 500円

※マイ・ペイすリボの申込+カード利用で年会費無料

今がチャンス!お得な入会特典
《入会特典》最大12,000円プレゼント!更に抽選でポイント還元!

ジャックスカード Mastercard コンタクトレス

ジャックスカード Mastercard コンタクトレスは、リーズナブルな年会費で海外旅行傷害保険が自動付帯します。

カード名称 ジャックスカード Mastercard コンタクトレス
カードランク 一般カード
国際ブランド Mastercard
年会費 1,250円(税別)
・初年度無料
利用可能枠 一律の設定はなし
ポイントプログラム ラブリィポイント:200円で1ポイント
付帯サービス・特典 ・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯
・カード盗難保険付帯
・ETCカード、家族カードの発行可

ANA JCB 一般カード

ANA JCB 一般カードはJCBとANAの提携カードです。

ANAマイラーにも陸マイラーにもおすすめできます。

カード名称 ANA JCB 一般カード
カードランク 一般カード
国際ブランド JCB
年会費 2,000円(税別)
・初年度無料
利用可能枠 一律の設定はなし
ポイントプログラム Oki Dokiポイント:1,000円で1ポイント=5マイル
付帯サービス・特典 ・入会・継続ボーナス1,000マイル
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険(航空機搭乗中
・飛行場構内のみ)が自動付帯
・海外で年間100万円までのショッピングガード保険が付帯
・ETCカード、家族カードの発行可能
・Apple Pay Google Pay設定可

ANA JCB 一般カード

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) 楽天Edy
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.3%~1.0% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短5営業日(通常2週間程度) 公式サイト参照 0.5~1.0% 無料

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスの中では一般カードの位置づけです。

しかし、そのスペックとステータスは他社ゴールドカードと同等かそれ以上といえます。

カード名称 アメリカン・エキスプレス・カー
カードランク 一般カード
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 12,000円(税別)
利用可能枠 一律の設定なし
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード:100円で1ポイント
付帯サービス・特典 ・プライオリティ・パスの年会費無料
・自宅~空港間の手荷物無料宅配サービス
・最高5,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯
・最高5,000万円の国内旅行傷害保険が利用付帯
・年間最高500万円までのショッピング・プロテクション付帯
・返品対応のリターン・プロテクション付帯

アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
12,000円(税別) 12,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2~3週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

まとめ

キャッシュレス決済社会が進む中、従来のクレジットカードのように端末に挿し込んで暗証番号を入力するといった手間のかかる決済方法は敬遠される傾向に進んでいます。

そこで重宝されているのが、非接触型決済です。

クレジットカードにおいても今後は非接触型決済に対応したカードが主流となっていくでしょう。

カードを持ち歩きたくない場合は、スマホにカードを登録するといった使い方もあります。

くれじい

クレジットカードの重要性も増していく中で、自分に合ったカード選びに注意を払ってください。

2020.10.14

クレジットカードを徹底比較!クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア|ナビナビクレジットカード(ナビクレ)

クレジットカード・キャッシュレスの情報メディア「ナビクレ」では、様々な切り口からクレジットカードを徹底比較!ポイント還元率・年会費・発行スピード・…

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険
クレジットカード診断

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2019年9月~2020年4月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ