銀行系クレジットカードは持つべき?メリット&デメリットを徹底解説

「銀行系のクレジットカードは格調高い印象で、庶民には手が届かないのではないか?」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

銀行系クレジットカードの中には、一般の人が問題なく作れてセキュリティ面でも安全な、おすすめカードが数多くあります。

今回の記事では、銀行系クレジットカードの概要やメリット、デメリット、ポイント還元率の実情だけでなく、銀行系クレジットカードだからこそ作れる、キャッシュカード一体型クレジットカードについても解説します。

銀行系クレジットカードとは、銀行が発行するクレジットカード

クレジットカード

銀行系クレジットカードとは、文字通り 銀行やその系列会社が発行しているクレジットカードです。

ここでは、銀行系クレジットカードを発行している銀行はどこか、あるいは銀行系クレットカードの最大の特徴は何であるか、などについて簡単に説明します。

メガバンクはじめほとんどの銀行がカードを発行

現在、銀行系クレジットカードはメガバンクから第二地銀にいたるまで、 全国のほとんどの銀行から発行されています。

その最大の特徴はなんといっても「 安心と信頼」でしょう。特にセキュリティ面は万全のため、安心してカードを使うことができるのがメリットです。

また、発行元がしっかりしていて社会的にも高い評価を受けている銀行系クレジットカードは、所持する人のステイタスを上げることに一役買っています。

それだけに他のクレジットカードよりも少し審査が厳しめで、人によっては審査に落ちるということもあります。

けれども、その厳しい審査を通ってカードを所持することができれば、年を重ねてもずっと使い続けることができるおすすめのクレジットカードだといえるでしょう。

ここまで銀行系クレジットカードが全国のほとんどの銀行で発行されていることや、安心と信頼で社会的にも高い評価を受けているということをお話ししました。

次は、「銀行系クレジットカードのメリット」についてお話ししていきます。

銀行系クレジットカードのメリット

クレジットカードを持つ女性

銀行系クレジットカードには次のようなメリットがあります。

  • ATM手数料などの特典がある
  • キャッシュカード一体型が選べる
  • 銀行の窓口サービスが受けられる

ここでは、上記の3点について詳しく解説していきます。

ATM手数料無料などの特典がある

銀行系クレジットカードは、クレジットカードの特典だけでなく ATM手数料無料など銀行発行のカード独自の特典があります。

ここでは以下の2つの銀行系クレジットカードをご紹介します。

SMBCカード(SMBCスタンダードプラス)

SMBCカードの口座開設プラン「SMBCスタンダードプラス」で作れるクレジットカード機能付きキャッシュカードです。

クレジットカード利用料金口座振替など一定の要件を満たすと、 三井住友銀行のATM時間外手数料が無料コンビニATMの手数料も月4回まで無料となります。

三菱東京UFJ-VISA

三菱東京UFJ-VISAは、クレジットカードに普通預金口座とキャッシュカード機能が追加された、少し珍しいクレジットカードです。

クレジットカード料金口座振替など一定の要件を満たすと、三菱東京UFJ銀行ATM手数料がいつでも無料となります。

銀行口座キャッシュカードが一体となったクレジットカードが発行できてATM料金も無料になるサービスが受けられるのは、銀行発行のカードならではの強みです。

キャッシュカード一体型が選べる

銀行型クレジットカードはキャッシュカード一体型もあり、用途に応じて選ぶことができます。ひとつ前でご紹介した通り、ATM手数料無料などの特典があるカードも存在します。

キャッシュカード一体型カードの強みとして次の3点が挙げられます。

  1. カードを何枚も持ち歩かずに済む
  2. 口座引き落としで残高不足になるリスクが減る
  3. クレジットカードと銀行キャッシュカード両方の特典が受けられる

特にメリットがあるのは2の「残高不足のリスクが減る」という点です。その理由を簡単に説明します。

キャッシュカード一体型のクレジットカードは、 連携したキャッシュカードの口座がクレジットカード利用代金の引き落とし口座となります。

もしその口座を給与等の振込指定口座とすれば、常にその口座に一定のお金が入ってくる状態になります。

その場合、 うっかり口座にカード利用代金を入れ忘れていても、よほど高額の買い物でもしない限りは滞りなく引き落としが行われます。それが良いクレヒスを積む助けとなります。

ただし、連携口座が給与などの定期的な入金がない口座である場合は、期日までに入金をしなければ当然残高不足になります。

そのリスクを減らしたいなら、キャッシュカードつきクレジットカードの口座を給与等の振込指定口座にすることをおすすめします。

銀行の窓口サポートが受けられる

銀行系クレジットカードは発行会社が銀行ですので、 銀行の窓口サポートが受けられます。

  • クレジットカードやキャッシュカードのトラブル対応
  • 定期預金などの口座開設
  • 税金、公共料金支払いの口座振替手続き
  • 給与、年金等の口座振り込み手続き
  • カードローンなど各種ローンの相談や契約
  • 外貨両替
  • 貸金庫の相談、契約

銀行で受けられる窓口サポートはざっと挙げただけでもこれだけありますが、銀行系クレジットカードを持っている人は、 発行会社である銀行にとっての優良な顧客と位置付けられますので、より親身に対応してもらえることが期待できます。

良いクレヒスを積むことができる

銀行系クレジットカードは、良いクレヒスを積むことができるという点でもメリットがあります。

たとえば、メインの取引銀行のクレジットカードを所持している場合、公共料金の支払いなどをクレジットカード払いとすれば毎月必ず口座引き落としが行われます。すると知らないうちに良いクレヒスを積むことができます。

また、カード発行銀行を給与振り込み口座に指定しておけば、毎月一定額のお金が口座に入ってくるため、口座引き落としで残高不足になるリスクがぐっと減るという利点もあります。

クレジットカードで良いクレヒスを積むことの最大のメリットは、住宅ローンを組みやすくなるという点です。特にクレジットカードを発行している銀行で住宅ローンを組む場合は、そこで良いクレヒスを作っているとそれがより有利に働きます。

その結果ローン審査における銀行の評価が上がり、ローン金利の優遇も受けられる場合があります。

ここまでは、主に銀行系クレジットカードのメリットについて説明しましたが、もちろんデメリットもあります。次はその点についてお話しします。

銀行系クレジットカードのデメリット

電話をする女性

銀行系クレジットカードのデメリットは次の2つです。

  • ポイント還元率で他のカードに劣る
  • キャッシュカード一体型なので 紛失すると大変

ここではこれらのデメリットについて見ていきましょう。

ポイント還元率で他のカードに劣る

銀行系クレジットカードのデメリットの筆頭として挙げられるのが、 ポイント還元率が他のカードに劣るという点です。

たとえば、ネットショッピングで有名な楽天カードや、信販系カードのオリコカード・ザ・ポイントは、通常のポイント還元率が1%ですが、銀行系カードでポイント還元率が高いカードはそれほどなく、 その多くは0.5%前後です。

また、ポイントがUPする特典などもほとんどないため、ポイントを貯めたいという人にとってはあまりメリットがないカードだと言えます。

しかし中には独自のポイントプログラムでポイントサービスを充実させているカードも存在するので、銀行系カードの特別なポイントプログラムはあらかじめ確認しておきましょう。

キャッシュカード一体型なので、紛失すると大変

銀行系クレジットカードのデメリットはもうひとつあります。 銀行系クレジットカードには発行銀行のキャッシュカードと 一体型になっているカードが多いため、そのようなカードを所持している場合は 紛失すると大変なことになるということです。

特に給与口座などがあるメインバンクのキャッシュカード機能がついたクレジットカードの場合、最悪全財産に近いものを失う恐れもあります。その保管にはくれぐれも気を付けることが重要です。

万が一、キャッシュカード一体型のクレジットカードをなくしたことに気づいた場合、すぐにカード発行銀行またはカード発行会社に連絡し、届け出を行う必要があります。

銀行系の企業は そのようなトラブルには驚くほど迅速に対応してくれますので、すぐに連絡すれば被害は最小限にとどめられます。

ここまでは、銀行系クレジットカードの概要やメリット、デメリットなどについて解説してきました。それをふまえた上で、最後におすすめの銀行系クレジットカードをご紹介します。

おすすめの銀行系クレジットカード

クレジットカードを持つ男性

銀行系クレジットカードでおすすめしたいのは、次の5種類です。

  • 三井住友銀行系
  • 三菱東京UFJ系
  • みずほ銀行系
  • ゆうちょ銀行系
  • イオン銀行系

ここでは、それぞれの銀行が発行するカードの特徴やメリットなどをご紹介します。

三井住友銀行系

三井住友銀行系のクレジットカードはカード審査が厳しめですが、中には主婦や学生でも審査に通りやすいカードもあります。

そのひとつが「三井住友VISAクラッシクカード」です。

三井住友VISAクラシックカード

まずは、三井住友銀行系のカード会社三井住友カードの代表ともいえる「三井住友VISAクラシックカード」をご紹介します。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 年会費 ネット申込で1年目無料 2年目以降1,000円(割引特典あり)
  • ポイント還元率 0.5~0.65%
  • 申込資格 18歳以上(高校生を除く)
主なメリット
  • 写真つきICカードが選べるなど、 セキュリティ面に強い
  • 「SMBCスタンダード」に申し込むとATM手数料や振込手数料が無料となる特典がある

三井住友VISAクラッシックカードはクレジットカードとキャッシュカードを1枚にまとめた方がお得です。

三井住友銀行をメインバンクとしている方はもちろん、何枚もカードを持ち歩きたくないという方にもおすすめのカードです。

三菱東京UFJ銀行系

次は、三井住友銀行と同じメガバンクである三菱東京UFJ銀行系カードの中でも、ポイントプログラムの充実度から最近注目を集めている「VIASOカード」をご紹介します。

VIASOカード

VIASOカードは、銀行系クレジットカードの中では珍しく、ポイントプログラムが充実しています。

VIASO(ビアソ)カード

Thumbnail viaso normal

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%~10% VIASOポイントプログラム
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌営業日 100万円 無料
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 年会費 無料
  • ポイント還元率(キャッシュバック) 0.5~10%
  • 申込資格 18歳以上で電話連絡が可能な方(高校生を除く)
主なメリット
  • カード利用代金の0.5~1%が銀行口座に自動でキャッシュバック
  • 「VISAO eショップ」利用でさらに0.5~10%のポイント還元がある

VISAOカードのポイントは銀行口座にキャッシュバックされます。これは預金口座を有する銀行系クレジットカードの利点です。

また、「VISAO eショップ」を利用すると、楽天市場などの加盟店で最大10%のポイント還元があるほか、Mastercardブランドを選ぶと最大10,000円相当のボーナスポイントもつきます。安心感とポイントの両方でメリットを享受したい方にイチオシのカードです。

みずほ銀行系

みずほ銀行系のカードも多様なラインナップが並んでおり、用途や目的に応じて自分好みのカードが選びやすくなっていますが、この記事では年会費やポイント面で、よりお得なカードをご紹介します。

みずほマイレージクラブカード

みずほ銀行系クレジットカードを1枚選ぶとしたら、ぜひ選択肢に入れてほしいのが「みずほマイレージクラブカード」です。

銀行系カードならではの安心感に加え、年会費、ポイント面でもお得感が高いカードです。

  • 年会費 無料
  • ポイント還元率 1~1.5%
  • 申込条件 みずほ銀行に口座がある方
主なメリット
  • 年会費永年無料
  • ポイント還元率が高い
  • 永久不滅ポイント

みずほマイレージクラブカードはみずほ銀行のICキャッシュカードとの一体型となっていますので、申込みの際はみずほ銀行の口座を開設する必要があります。

このカードの最大のメリットはポイント還元率の高さです。オリコカードとの提携カードですので、ポイント面ではオリコカードと同様の恩恵が受けられます。

また、永久不滅ポイントでポイントを使い忘れても安心。ATM利用手数料優遇特典もついているので、初めてクレジットカードを作る方にもおすすめです。

ゆうちょ銀行系

全国にネットワークを広げているゆうちょ銀行系クレジットカードの中で特におすすめなのが、キャッシュカード一体型のクレジットカードです。

ここでは、その中からJP BANK VISAカード/マスターカードをご紹介します。

JP BANK VISAカード/マスターカード

JP BANK VISA カード/マスターカードはゆうちょ銀行が発行しているカードで、国際ブランドはVISAとマスターから選べます。

申込条件としてゆうちょ銀行の口座を持っていることが前提となります。

  • 年会費 1年目無料 2年目より1,350円(税込・年会費特典あり)
  • ポイント還元率 0.3~0.5%
  • 申込資格 18歳以上(高校生除く)
主なメリット
  • ポイントが銀行口座へのキャッシュバックで還元される(マスターカードのみ)
  • ポイントをVJAギフトカードに交換できる(VISAのみ)
  • 公共料金支払い口座、給与振込口座指定等条件により年会費無料

JP BANK VISAカード/マスターカードは、へき地にも必ずあるゆうちょ銀行のATMをいつでも無料で利用できるだけでなく、クレジットカードとしても使える大変便利なカードです。

他銀行の支店があまりない地域にお住まいの方には、特におすすめです。

また、そのセキュリティ対応は「神レベル」と呼ばれており、安心して利用できるカードだといえます。

イオン銀行系カード

イオン銀行系カードは「流通系カードではないか?」と思う方も多いでしょう。しかし「イオンカードセレクト」は発行会社がイオン銀行なので、れっきとした銀行系カードです。

次はそのイオンカードセレクトについて説明します。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、 イオン銀行が発行しているキャッシュカード一体型クレジットカードで、ご存知の通りイオンカードとしても使えて大変お得なカードです。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
  • 年会費 無料
  • ポイント還元率 0.5~1%
  • 申込資格 18歳以上で電話連絡ができる方
主なメリット
  • イオン銀行の普通金利優遇(年0.02%→年0.1%
    ※2017年8月12日に0.12%→0.1%に変更
  • イオングループ店舗利用でポイント2倍
  • お客様感謝デーはイオングループ店舗で5%オフ
  • 公共料金振替口座指定で毎月5ポイント贈呈
  • 給与振込口座指定で毎月10ポイント贈呈

イオンカードセレクトの最大のメリットは、イオンカードのメリットを最大限に受けられるという点です。

また、特にイオン銀行のキャッシュカードと一体化することで、普通預金口座の金利が優遇されるというのも特筆すべき点です。

ゼロ金利の時代に普通預金の金利が優遇されるカードはめったにないため、イオン系列の店舗をよく利用する方には特におすすめしたいカードです。

まとめ

今回の記事では銀行系キャッシュカードについて解説しました。

  • 銀行系クレジットカードは国内のほとんどの銀行から発行されている
  • キャッシュカード一体型のクレジットカードもあり、銀行の窓口サポートも受けられる
  • 良いクレヒスを作ると住宅ローンの審査などに通りやすいのもメリット
  • デメリットは「ポイント還元率の低さ」と「紛失時のリスクの高さ」
  • クレジットカード特典と銀行利用の両面でメリットが大きいものを選ぶと◎

最後にもうひとつ重要なポイントとして、普段から取り引きのある身近なメインバンクから発行されているカードを選ぶことをつけ加えます。

メインバンク発行のクレジットカードは確かにカード紛失時のリスクは高まりますが、それを上回るメリットがあります。

加えて、安心、信頼という面でも優れたカードですので、ぜひ前向きに申込みを検討してみてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら