クレジットカードの申し込み方法を詳しく解説!用意するものやかかる日数の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クレジットカードが欲しいと思ったら、 必ず「申し込み」をしなければなりません。クレジットカードを発行するためには審査が必要なため、申し込み後に審査され、晴れてクレジットカードが手に入るのです。

そこでクレジットカードの申し込み方法発行までの期日必要なものを知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、クレジットカードの申し込みの方法や用意するもの、発行までにかかる日数などについて紹介します。

クレジットカードの 申し込み方法が分からない方や、必要な準備物が分からない方、またいつカードが手に入るか分からない方には有益な情報となっていますので、是非参考にしてみてください。

申込の流れ

まず最初に、クレジットカードの申し込み方法と流れをご紹介します。

申し込み時に必要な情報やオススメの申し込み方法、注意点を記載していますので、まずはこちらの知識をしっかり把握しておきましょう。

クレジットカードはオンラインでの申し込みがオススメです。プラチナやブラック等の特別なカードを除けば、ほとんどのカードはオンラインで申し込みをすることができます。

クレジットカードの申し込み方法には、以下の3つがあります。

  • オンライン申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 窓口での申し込み

なぜオンライン申し込みがオススメかというと、 カードを作るまでの時間や手間がかからない点と、どの申し込み方法でも審査の結果が変わることは無いからです。

ネットや窓口での申し込みではキャンペーンが行われているのに対して、郵送での申し込みはほとんど行われていません。しかも窓口での申し込みは手間もかかります。

郵送での申し込みは、カード会社によって差はありますが3週間程度の時間がかかります。郵送による申し込みのメリットはほとんどないと言ってもよいでしょう。

パソコンやスマホを持っていない等の特別な理由が無い限り、 クレジットカードの申し込みはオンラインで行うのが最もオススメです。

オンラインで申し込みをして、後日郵送で書類が送られてくる申し込み方法についての流れをご紹介します。

  • 各クレジットカード会社の公式サイトへアクセス
  • 必要な書類を郵送もしくはPDFでのダウンロードを選択
  • 申込書類を記入、クレジットカード会社へ返送する
  • クレジットカード会社により審査が行われる
  • 審査を通過すれば、自宅にクレジットカードが郵送される

申し込みのプロセスも多く、また手書きで申し込み用紙を記入する必要があるなど手間もかかります。

こちらに対して、近年主流となっているオンラインでのクレジットカード申し込みの流れをご紹介します。

  • 各クレジットカード会社の公式サイトへアクセス
  • 必要事項を入力(カード会社によっては本人確認書類の写真をアップロード)
  • クレジットカード会社により審査が行われる
  • 審査を通過すれば、自宅にクレジットカードが郵送される(本人受取限定が多い)

たったこれだけのプロセスで、 簡単にクレジットカードを手にすることができます。早いところだと、即日発行が可能です。平均的には3営業日でカードが発行されます。

クレジットカード会社によっては、受け取り時に本人確認を行うところもあります。 窓口での申し込みの場合は、受け取った用紙をその場で記入して提出すれば同様に審査が行われ、通過すればカードが発行されて郵送されてきます。

クレジットカードの申し込みに必要な情報は、クレジットカード会社によって異なりますが、ある程度共通する部分について以下にまとめました。

  • 氏名 性別 生年月日
  • 連絡先(電話番号・メールアドレス)
  • 住所
  • 家賃支払いや住宅ローン支払いの有無、居住年数
  • 勤務先と年収、勤続年数 ・配偶者や扶養家族の有無
  • 銀行口座の情報

これらを申込時に記入してクレジットカード会社へ提出すると、 カード会社が審査を行います。記入漏れや間違いがあると手続きに余計な時間がかかったり、再度情報を提供しなければならなかったりと手間もかかるので、注意して記入するようにしましょう。

クレジットカードの 虚偽の申し込み情報や入力ミスは、カード会社の審査の際に確認されるので、発覚してしまいます。

カード会社は、 個人信用情報機関に申込者の情報を問い合わせ、信用情報機関から得られない情報に関しても、これまでの カード入会者の履歴からある程度情報を推測して審査します。

また、勤務先情報については場合によっては在籍確認を行うこともあります。虚偽の勤務先を申請したり、借入金や年収を大きく誤魔化したりするのは論外です。

申し込み情報に違和感を感じた場合には、カード会社は審査の際に必ず確認をします。

このようなことを行ってバレてしまうと、申し込みをしたクレジットカード会社でカードを作ることはできません。悪質な場合は詐欺罪で訴えられる可能性もあります。

必ず正しい情報を記載して申し込みをするようにしましょう。 クレジットカードの申し込み方法と必要な情報がわかりました。 次の章では、いざカードを申し込むために、準備するものの一覧をご紹介します。

問い合わせをする女性

この章では、いざカードを申し込むために、本人確認書類や銀行口座、銀行印など具体的に準備するものをご紹介します。

スムーズに手続きをするためにも、抜け漏れが無いか是非チェックしてみてください。

クレジットカードを申し込むには、申し込みをした方が本人であるかどうかを確認するための 本人確認書類が必要となります。

本人確認書類には、主に以下に記載しているような身分証明書をコピーしたり、写真を撮ってオンラインでアップロードをして提出します。

  • 運転免許証 ・健康保険証
  • マイナンバーカード ・パスポート
  • 住民票の写し ・住民基本台帳カード
  • 外国人登録証

顔写真が確認できないものですと、追加で公共料金の領収書等の居住を確認できる書類を求められる場合があるので、運転免許証のような顔写真入りの身分証明書を推奨します。

どうしても顔写真入りの身分証明書が用意できない方は、電力会社やガス会社の領収書を用意しておきましょう。

基本的には、運転免許証を提出するのが無難です。ほとんどの方は、運転免許証を身分証明書としてクレジットカード会社に提出しています。運転免許証を持っている方はこちらを提出するのがオススメです。

クレジットカード申し込むには、 銀行口座番号とその口座に登録している銀行印も必要です。

クレジットカードを利用した代金を、後日まとめて引き落とすために必要となるからです。

主に 都市銀行や地方銀行、信用金庫の口座もしくは郵便貯金口座が対応しています。しかしネット専用銀行には対応していないクレジットカードもあるので、注意が必要です。

銀行印はその口座が自分の口座であることを確認するために必要です。 銀行口座と銀行印が一致しない場合はカードの審査で落とされることになるので、こちらも間違えないように注意が必要です。

もし銀行印を忘れたり、無くしてしまった時は 銀行に行って所定の手続きをすることで再度登録をすることができます。

銀行印は実印と同じくらい大切で、悪用されると不正に預金を下ろされたり送金されたりする危険性もあります。

もし銀行印を無くしてしまった場合は、クレジットカードの申し込みをする、しないに関わらず必ず銀行へ出向き紛失届と改印届を提出して別の印鑑を登録するようにしましょう。

そうすることで以前の印鑑ではお金の出し入れはできなくなりますし、改印した銀行印を用いて新たなクレジットカードに申し込むこともできるようになります。

銀行印を忘れたり、無くしてしまった場合は必ず銀行に行って手続きをすることを覚えておきましょう。

クレジットカードの中には、銀行印不要で作れるカードもいくつか存在します。以下にまとめてみました。

提携している銀行は300を越えており、これらの 銀行の口座を持っていれば銀行印不要 で、楽天カードの公式サイトからクレジットカード作成の申し込みができます。 提携銀行については公式サイトから確認することができます。

楽天カードほどではありませんが、セゾンカードもオンライン認証でカードを作ることができます。また、即日発行が可能な点も便利なカードです。

エポスカードも楽天カードほど提携は多くありませんが、 主要な銀行の口座を持っていればほぼ印鑑不要でオンラインでの申し込みでカードを作ることができます。

一部提携していない銀行もありますが、これらのカードなら銀行印不要でクレジットカードを作ることができます。

しかし前述のとおり、銀行印無しでクレジットカードを発行する場合も、銀行印を無くしてしまっている場合はそのままにせず、安全のためにも銀行へ行って改印の手続きは行っておきましょう。

クレジットカードを申し込むには上記のものを準備すれば良いのですが、 未成年者の場合は保護者の同意が必要になります。

クレジットカードを持てるのは、ある程度判断能力があるとされる18歳からとされています。クレジットカードを申し込むのに親権者の同意が必要になる対象年齢は、 18歳と19歳です。

20歳以上は当然ながら自分の意思でクレジットカードに申し込むことができるので、親権者の同意は不要です。

18歳、19歳の方でクレジットカードが欲しい方は、こちらでご紹介した準備物のほかに、親権者の同意も忘れずに得るようにしましょう。

クレジットカードの申し込みの方法や必要なものがわかりました。これで安心してクレジットカードを申し込むことができます。

しかし申し込みにあたって注意すべき点もいくつか存在します。次の章ではカード申し込みに当たっての注意点をご紹介します

考える女性

この章では、クレジットカードを申し込む際に正しい情報を申告することや、一度に何枚も申し込まないことなど、注意すべき点についてご紹介しています。

知っておかないと 思うように審査が通らなかったりするリスクもあるので、カード申し込みにあたっての注意点についても是非把握しておいてください。

クレジットカードを申し込む上での注意点の基本として、あたりまえですが 正しい情報を記入することが大切です。

クレジットカード会社は審査の際に、個人信用情報機関を利用したり、職業や勤続年数からおおよその年収を推測します。 事実とかけ離れた情報を記載していたとしても、審査の際に発覚してしまいます。この場合当然ながら クレジットカードを作成することはできません。

また虚偽の記載をしてしまうと、 審査に通過したとしても最悪の場合、残金一括請求の後カードの利用を停止されてしまう場合もあります。

故意ではないちょっとした誤字や脱字、おおよその年収の記載などは許容範囲内ですが、審査に通りたいがために年収を偽るなどの行為は厳禁です。

虚偽の記載をして後で愛用するカードが使えなくなってしまって困るのは自分自身ですので、 必ずカード申し込みの際には正しい情報を記載しましょう。

一度に複数のクレジットカードに申し込むことを「多重申し込み」と言います。 多重申し込みはやってはいけません。

理由としては、クレジットカードを一度に複数申し込む方は、 金銭面で困っているのではないかとカード会社に認識され、審査に通らなくなってしまう原因になるからです。

複数のカードを作成して、限度額いっぱいまでカードを利用してから自己破産するようなケースもあるそうです。

クレジットカードの申し込み情報は個人信用情報機関に記録され、カード会社には申込件数は把握されてしまいます。もちろん 審査落ちした記録も残されます。

申し込み情報は個人信用情報機関に半年間記録されると言われています。このようなリスクがありますので、クレジットカードはよく選んで一枚ずつ申し込みをするようにしましょう。

どうしても複数枚のクレジットカードが欲しい場合は、半年以上の期間を開けて申し込みをして、 一枚ずつ審査を受けてゆくのが賢い方法です。

クレジットカード申し込みの注意点まで把握しておけば、より安心して申し込みができます。最後に今回の記事のまとめを記載していますので、おさらいとして参考にしてみてください。

いかがでしたか。クレジットカードの申し込みから発行までの流れ、必要な情報や準備するものから注意点までご紹介しました。

虚偽の情報を記載して申し込みを行うなど、明らかな不正をしなければ、クレジットカードは手軽で簡単に発行できることがわかりましたね。

申し込みから発行までも、オンライン申し込みをすればあっという間です。 もういちどオンラインでのクレジットカードの申し込みの手続きの流れを、簡単におさらいしておきましょう。

  • クレジットカード会社の公式サイトにアクセス
  • 必要事項を記入
  • カード会社によって審査が行われる
  • 郵送でクレジットカードが届く

申込からカードを手にするまでは、2~3週間ほどかかることが多いです。しかし店頭で受け取れば、最短で即日でクレジットカードが発行されるカードもあります。

自分のライフスタイルに合ったカードを選んで申し込みする際に、是非この記事をお役立て下さい。

今回の記事が、あなたの快適なクレジットカードライフの一助になれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加