ANAカードマイルプラスとは?その仕組みを知ってお得にマイルを貯めよう

飛行機の模型と黄色と白のカード

フライト利用時はもちろん、普段のショッピングなどの支払いでもANAマイルが貯まるANAカード。ANAカードには、特約店で利用をすることでクレジットカードのポイントとは別にマイルを貯めることが可能な「ANAカードマイルプラス」というサービスがあります。

ANAカードを所有している方は、マイルがお得に貯まるANAカードマイルプラスについて対象となるカード、その仕組みや活用方法、ANAカードマイルプラス加盟店などについて知りたいと思うのではないでしょうか。

この記事では、ANAカードマイルプラスを利用してお得にマイルを貯めることのできる情報などを詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

ANAカードマイルプラスの概要

お店でカード払いする女性

「ANAカードマイルプラス」は、ANAカードマイルプラス加盟店にて対象カードで決済をするとマイルが貯まるサービスです。つまり、クレジットカード会社のポイントとマイルをダブルで貯めることが可能です。

ANAカードマイルプラスの加盟店は、ANAはもちろん、総合百貨店のオンラインショップから公共料金など多岐に渡っているので、幅広いジャンルのクレジット決済で利用することができます。

それでは、ANAカードマイルプラスのマイルが効率的に貯まる仕組みや加盟店などについて、詳しく見ていきましょう。

ANAカードマイルプラス加盟店の利用でさらにマイルが貯められる

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードを利用すると、100円または200円ごとに1マイルが貯まります。

例えば加盟店で「ANA VISA 一般カード」を10,000円分利用した場合、貯まるマイルの例は下記の通りです。

ANA VISA 一般カード
10マイルコースの場合
※移行手数料(年間)
6,480円
ANA VISA 一般カード
5マイルコースの場合
※移行手数料(年間)
無料
クレジットカード会社のポイント
1000円=1ワールドプレゼントポイント
10ポイント=100マイル 10ポイント=50マイル
ANAマイレージプラス加算分 100円=1マイル 100マイル 100マイル
合計 200マイル 150マイル

クレジットカード会社のポイントはマイルへのポイント移行手続きが必要ですが、ANAカードマイルプラスでは、自動的にマイルが加算されるので、面倒な手続きは必要ありません。

マイル積算対象のANAカード一覧

ANAカードマイルプラスのマイル積算対象は、次のカードとなります。

ANA一般カード
  • ANA VISA一般カード
  • ANA マスター一般カード
  • ANA JCB一般カード
  • ANA アメリカン・エキスプレス®・カード
  • ANA JCB ZERO
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA VISA nimoca カード
  • CTBC ANA JCBプラチナカード(台湾在住者向け)
  • CTBC ANA VISA シグネチャーカード(台湾在住者向け)
ANAワイドカード
  • ANA VISAワイドカード
  • ANA マスターワイドカード
  • ANA JCBワイドカード
ANAゴールドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANA マスターワイドゴールドカード
  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA ダイナースカード
  • ANA アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
  • CTBC ANA JCB プレシャスカード(台湾在住向け)
  • CTBC ANA VISA ビジネス・シグネチャーカード(台湾在住者向け)
  • ANAカード U.S.A.(アメリカ在住者向け)
  • Dah Sing ANA CARD(香港在住者向け)
ANAカードプレミアム
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  • ANA JCB カードプレミアム
  • ANAダイナース プレミアムカード
  • ANAアメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カード
  • CTBC ANA JCB Eternity カード(台湾在住者向け)

また一部加盟店では別の決済方法でもANAカードマイルプラスのマイル積算対象となります。どのような決済方法が対象となるのか、みていきましょう。

一部加盟店では三井住友カード発行の「iD」利用も対象になる

NTTドコモが運営する電子マネー「iD」を搭載した下記の三井住友カード発行のANAカードは、一部加盟店でiD決済した場合もマイル積算の対象となります。

三井住友カードiDには「カード一体型」「携帯型」「専用カード」の3種類があります.それぞれのANAカードで利用可能なiDの種類は次の通りです。

カード一体型とiD携帯型の申し込みが可能なカード

  • ANA VISA 一般カード
  • ANA マスター 一般カード
  • ANA VISAワイドカード
  • ANA マスターワイドカード
  • ANA VISAワイドゴールドカード
  • ANA マスターワイドゴールドカード
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード

iD携帯型とiD専用カードの申し込みが可能なカード

  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • ANA VISA Suicaカード
  • ANA VISA nimoca カード

またiPhone・Apple watchユーザーの方はApple payにiDが搭載されたカード情報を登録することで、iPhoneでID決済が可能です。

マイル積算対象加盟店は、各加盟店の詳細情報を確認すると良いでしょう。

iDが使える主なANAマイルプラス加盟店

一部加盟店ではJCB発行のQUICPay利用も対象になる

JCBが発行する下記のANAカードで利用可能な電子マネー「QUICPay」での利用も、一部加盟店ではマイル積算の対象となります。

  • ANA JCB一般カード
  • ANA JCB ZERO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB
  • ANA JCBワイドカード
  • ANA JCBワイドゴールドカード
  • ANA JCBカードプレミアム

QUICPayにはクレジットカード一体型のANAカードはありません。

「おサイフケータイ」対応機種のスマートフォンや携帯電話での利用のほか、iPhoneやApple watchでのApple Pay決済、QUICPay専用カードでの利用が可能です。

またANAユーザーには見逃せない、ANA国内線搭乗がタッチで可能なスキップサービスと、QUICPay・nanacoの機能が1つになった翼のキーホルダー型のQUICPayもあります。

QUICPayの利用については、上記のANAカードをお持ちであればいずれのタイプも申し込み・利用が可能です。

QUICPayの利用可能店舗一覧は下記ページで確認をすると良いでしょう。なお、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのQUICPayの利用分はマイル積算対象外になります。

QUIC Pay利用可能店舗一覧

マイル積算までにかかる時間

ANAカードの利用後、ANAカードマイルプラスで得たマイル積算が確認できるまでには約1~2ヵ月ほどかかります。貯まったマイルを特典無料航空券などに交換する場合は、カード利用後の積算時期に注意するようにしましょう。

ここまでANAカードマイルプラスの概要や基本の仕組みなどについてご紹介しました。では具体的なANAカードマイルプラスの加盟店にはどのような店舗があるのでしょうか。

ANAカードマイルプラス加盟店一覧と活用方法

カードを持って買い物袋を並べる女性

ANAカードマイルプラスの加盟店には、数多くの店舗やサービスなどがあります。代表的な加盟店についてみてみましょう。


航空券・機内販売 ANA・ANAグループ
ANA国内線・国際線 機内販売
100円(税込)=1マイル
※飲食を除く1,000円以上の機内有料サービス品が対象
提携ホテル
  • ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ(チサンホテル、ロワジールホテル)
  • ホテル法華クラブグループ
  • 三井ガーデンホテルズ
  • ホテルモントレ
  • ルートインホテルズ
  • ザ・テラスホテルズ
  • シギラリゾート
  • オークラホテルズ&リゾーツ
  • 東急ホテルズ など
200円(税込)=1マイル
※100円(税込)=1マイルの施設も有
空港アクセス イースタンエアポートモータース
ハロー・トーキョー など
200円(税込)=1マイル
エアポートリムジンバス
各空港駐車場
サンパーキング(羽田空港、成田空港)など
100円(税込)=1マイル
お土産・免税店 三洋堂
JTB商事 など
100円(税込)=1マイル
レンタカー ニッポンレンタカー 100円または200円=1マイル~
空港施設 羽田空港ペットホテル
アンジュ保育園
100円(税込)=1マイル
モバイル・Wi-Fiルーター グローバルWiFi
WiFiレンタルどっとこむ など
100円(税込)=1マイル~
レストラン スターバックス
ANAカードマイルプラス・グルメ登録店 など
100円(税込)=1マイル~
スーパー・コンビニ・ドラッグストア イトーヨーカドー
セブン-イレブン
200円(税込)=1マイル
マツモトキヨシ 100円または200円=1マイル~
百貨店・ショッピングモール 大丸・松坂屋
高島屋 など
200円(税込)=1マイル
阪急百貨店 など 100円または200円=1マイル~
交通 出光興産 200円(税込)=1マイル
グリーンキャブ
中央無線タクシー(大和自動車交通グループ)
ENEOS(JXTGエネルギー)など
100円(税込)=1マイル
ゴルフ場 ANAカードマイルプラス加盟ゴルフコース
カヌチャリゾート など
100円または200円=1マイル~
200円(税込)=1マイル
アクティビティ・エンターテイメント ルスツリゾート
沖縄美ら海水族館 など
200円(税込)=1マイル
100円(税込)=1マイル
総合通販 ANAショッピング A-style 100円(税込)=1マイル~
食品・飲料・お酒 アクアクララ
日本百貨店しょくひんかん
200円(税込)=1マイル
100円(税込)=1マイル
書籍・雑誌・新聞・CD・DVD セブンネットショッピング
東洋経済新報社 など
100円または200円=1マイル~
100円(税込)=1マイル
ファッション・小物・アイウェア コナカ、KONAKA THE FLAG(店舗)
SUIT SELECT(店舗) など
100円(税込)=1マイル
美容・健康 グローバルスポーツ医学研究所(てもみん)
ヘルフェン
100円(税込)=1マイル
インテリア・日用品・雑貨 ボーコンセプト 200円(税込)=1マイル
フラワーギフト インターネット花キューピット
日比谷花壇(hibiyakadan.com)
100円または200円=1マイル~
100円(税込)=1マイル~
プロバイダ・通信 グローバルWiFi(WEBお申し込み)
WiFiレンタルどっとこむ など
100円(税込)=1マイル~
引越 アート引越センター
サカイ引越センター(国内・海外引越)
100円(税込)=1マイル
※サカイ引越センターの海外引越は1契約=1,000マイル
住宅 東京ガスリックリビング(ガス機器販売、修理、リフォーム) 100円(税込)=1マイル
家電・AV機器 ダイソン
ヤマダ電機LABI など
100円(税込)=1マイル200円(税込)=1マイル
スポーツ用品 セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ 200円(税込)=1マイル
学習・資格 産業能率大学「プロカレッジ」など 200円(税込)=1マイル
公共料金 ENEOSでんき(JXTGエネルギー) 200円(税込)=1マイル

加盟店一覧は下記からも確認が可能です。次に、マイルのお得な獲得方法についてチェックしてみましょう。

ANA inspiration of JAPAN|ANAカードマイルプラスでためる ANAカードマイルプラス加盟店一覧

セブンネットショッピングを利用すればマイルの3重取りが可能

書籍やDVD、ギフトなど多数の商品がそろう「セブンネットショッピング」は、自宅配送はもちろん全国にあるセブンイレブンの店舗で購入商品を受け取ることができる便利なネットショップです。

この便利なセブンネットショッピングも、「ANAマイレージモール」を経由してショッピングしANAカードで決済をすると、下記3つのポイントやマイルが取得可能です。

  1. ANAカード決済で貯まるカード会社のポイント
  2. ANAカードマイルプラスで自動的に貯まるマイル
  3. ANAマイレージモール経由で自動的に貯まるマイル

カード会社のポイントはマイルへの交換申請をすることで、マイルが3重に貯まります。

例えばセブンネットショッピングで10,000円分をANA VISA 一般カードで決済した場合、獲得できるマイル数は下記の通りです。

ANA VISA 一般カード
10マイルコースの場合
ANA VISA 一般カード
5マイルコースの場合
ANAマイレージモール経由
100円=1マイル
100マイル 100マイル
ANAマイレージプラス加算分
200円=1マイル
50マイル 50マイル
クレジットカード会社のポイント
1,000円=1ワールドプレゼントポイント
10ポイント=100マイル 10ポイント=50マイル
合計 250マイル 200マイル

セブンイレブン受け取りにすれば、送料無料

セブンネットショップで購入した商品の受け取りをセブンイレブン店舗での受け取りに指定すると、購入金額に関わらず送料は無料となるので、大変お得です。

高島屋オンラインストアを利用すればマイルの3重取りが可能

ANAマイレージモールを経由し高島屋オンラインストアで商品を購入した場合も、マイルの3重取りが可能です。

高島屋オンラインストアで、10,000円分をANA VISA 一般カードで決済した場合に貯まるマイルは下記の通りとなります。

ANA VISA 一般カード
10マイルコースの場合
ANA VISA 一般カード
5マイルコースの場合
ANAマイレージモール経由
200円=1マイル
50マイル 50マイル
ANAマイレージプラス加算分
200円=1マイル
50マイル 50マイル
クレジットカード会社のポイント
1,000円=1ワールドプレゼントポイント
10ポイント=100マイル 10ポイント=50マイル
合計 200マイル 150マイル

ANAマイレージモール経由でマイル積算対象外の商品一覧

ANAマイレージモールを経由して高島屋オンラインストアショッピングをしても、下記はマイル積算対象外となります。

  • カタログギフトのシステム手数料
  • セレクトサイトの商品
  • カタログ番号注文にてご購入の商品
  • 高島屋ローズキッチンにてご購入の商品
  • セレクトスクエアにてご購入の商品
  • セクレタリーサービスにてご購入の商品
  • 各種商品券

また、ANAマイレージモールを経由せずに商品を購入した場合、事後登録申請はできませんので注意が必要です。

まとめ

対象店舗でANAカードを利用するだけで、マイルが加算されるANAカードマイルプラスについてご紹介をしてきました。ポイントをおさらいしてみましょう。

  • ANAカードマイルプラスの利用で、カード会社のポイントとは別にマイルを貯められる
  • ANAカードマイルプラス加盟店のサービスの種類は多岐にわたる
  • 一部店舗では電子マネー「iD」「QUICPay」での利用もANAカードマイルプラスの対象となる
  • ANAマイレージモールのANAカードマイルプラス加盟店を利用すれば、マイルの3重取りが可能

お得にマイルを貯めることができるANAカードマイルプラス、ANAマイラーの方はぜひ利用してみてください。

スポンサーリンク

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    スポンサーリンク

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら