ANAカードのキャンペーン情報を知ってお得なタイミングで入会しよう!

空港ではしゃぐ夫婦

ANAカードに入会するなら、マイルがたくさんもらえるキャンペーンが開催されているタイミングを狙って入会したいとお考えではありませんか?

これからANAカードを作ろうと思っている方であれば、ANAカードのキャンペーン情報や注意点、お得な入会タイミングを知りたいのではないでしょうか?

本記事では、ANAカードのキャンペーンがどれぐらいお得なのかという内容と開催時期についてまとめています。この記事を最後までお読みいただき、よりお得なタイミングで入会するための助けとなれば幸いです。

これでANAカードの入会を検討している人が、ANAカードのキャンペーン情報や注意点を知ることができ、お得なタイミングで申し込めるようになります。

ANAカードの入会キャンペーン内容比較一覧表

3枚のクレジットカード

ANAカードの入会キャンペーンには「ANAカード全体のキャンペーン」と「発行会社独自のキャンペーン」の2種類があります。

それぞれのキャンペーンでもらえるマイルを比較一覧表でまとめました。

入会ボーナスマイル キャンペーン全体の獲得マイル
ANA全体 1,000~10,000マイル 7,000~18,000マイル
JCB系 1,000~10,000マイル 最大18,700~最大32,500マイル
VISA/Mastercard 1,000~10,000マイル 1,000~10,000マイル
アメリカン・エキスプレス 1,000~10,000マイル 1,000~30,000マイル
ダイナースクラブ 2,000~10,000マイル 2,000~18,000マイル

このように比較してみると、入会ボーナスマイルだけならどの発行会社を選んでもそれほど大きな違いはありません。強いて言えば、ダイナースクラブが他の発行会社よりも1,000マイル多くもらえるくらいです。

しかし発行会社が実施しているキャンペーンで比較してみると、JCB系のANAカードが群を抜いており、最大18,700マイルを獲得することができます。

しかし「最大」となっているところに落とし穴があります。JCB系のANAカードを作るだけではキャンペーンマイルのすべてを獲得できるわけではなく、最大マイルを獲得するためには設定された条件を達成しなければならないからです。

この章では「ANAカード全体の新規入会キャンペーン」の流れについて確認し、次章でカード発行会社が実施しているキャンペーン概要についてお伝えしていきます。

ANAカード全体の新規入会キャンペーンの流れ

まず初めにANAカード全体の新規入会キャンペーンについて説明します。

ANAカード全体の新規入会キャンペーンには「自動でもらえるマイル」と「キャンペーンに参加登録することでもらえるマイル」の2つに分けることができます。

それぞれのキャンペーンマイルで具体的にどれくらいのマイルがもらえるのかを詳しくお伝えします。

入会すると自動的に入会ボーナスマイルが獲得できる

ANAカードに入会するだけで、自動的にカードランクに応じた入会ボーナスマイルを獲得することができます。

カード種類 獲得マイル数
一般カード 1,000マイル
ワイドカード 2,000マイル
ゴールドカード 2,000マイル
プレミアムカード 10,000マイル

もっとも多くマイルがもらえるのは10,000マイルのプレミアムカードですが、年会費が75,600~88,400円となっていることも含めて入会すべきかを判断するようにしましょう。

ANA JCB カード プレミアム

Thumbnail ana jcb premium

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
70,000円(税別) 70,000円(税別) 0.8%~3.3% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 1.3~3.3% 無料

一般カードの入会マイルは1,000マイルともっとも少なくなっていますが、年会費初年度無料の特典を考慮するとコストパフォーマンスに優れていると考えることができます。

ANA JCB 一般カード

Thumbnail ana jcb normal

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ) 楽天Edy
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.3%~1.0% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度) 公式サイト参照 0.5~1.0% 無料

キャンペーンに参加登録するとキャンペーンマイルが獲得できる

ANAカードのキャンペーンに参加登録するだけで下記のボーナスマイルを獲得できます。

カード種類 獲得マイル数
一般カード 1,000マイル
ワイドカード 1,500マイル
ゴールドカード 3,000マイル
プレミアムカード 3,000マイル

入会ボーナスマイルほどではありませんが「参加登録するだけでもらえる」という点においては、誰でも気軽に獲得できるマイルであると言えます。

ANAフライト搭乗でキャンペーンマイルが獲得できる

ANAフライト搭乗で下記のキャンペーンマイルを獲得できます。

  • 国内線:500マイル
  • 国際線:1,500マイル

対象期間内に国内線と国際線に1回ずつ搭乗すれば合計2,000マイルを獲得できます。

この搭乗マイルはカードランクや距離数に関係なく一律のマイル数が設定されており、マイル積算対象運賃であれば条件達成となるため、特割や旅割、パッケージツアーなどを上手に活用する方法がおすすめです。

ANAマイルプラス加盟店利用でキャンペーンマイルが獲得できる

対象期間中にANAマイルプラス加盟店でANAカードにて決済すれば最大3,000マイルがもらえます。

  • 税込10,000~49,999円:500マイル
  • 税込50,000円以上:3,000マイル

せっかくの入会キャンペーンなので、できれば税込5万円以上を利用して3,000マイルを獲得したいところです。

そこで確認したいのが「ANAマイルプラス加盟店」です。ANAマイルプラス加盟店には下記のような商品や店舗があります。

  • ANA航空券購入
  • ANA機内販売
  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • エネオス
  • イトーヨーカドー
  • 京急EXイン
  • ニッポンレンタカー
  • ヤマダ電機
  • 紳士服のコナカ
  • 大丸、松坂屋
  • 阪神百貨店
  • 高島屋

対象期間内に航空券購入やホテルの宿泊代、大型家電製品などを購入すれば、税込50,000円以上の条件を達成できる可能性が高くなります。このキャンペーンを機に、家電製品の買い替えを検討してもいいかもしれません。

ここまでANAカード全体の新規入会キャンペーンについてお伝えしました。

カードランクが上がるほど獲得できるマイル数も多くなるため、年会費を払ってでも上位ランクのカードに入会するほうがお得という考え方や、初年度年会費無料の一般カードに入会してコストをかけずにマイルを貯めたほうがお得という考え方があります。

どちらもお得で決められないという方は、次にご説明する「カード発行会社が実施しているキャンペーン」を参考にしてみてください。

カード発行会社が実施しているキャンペーン概要

カードを持っている父親と座る家族

カード発行会社が実施しているキャンペーンについて、それぞれの会社ごとにご紹介します。

ANAカード全体でもらえるマイルに加えて獲得できるマイルとなるため、この章で紹介しているカード発行会社を選ぶとさらにお得です。

JCB限定キャンペーンでマイルを獲得する条件は2つ

JCB系のANAカードに入会することで最大18,700~最大32,500マイルを獲得できますが、達成しなければならない条件に「MyJチェック登録」と「一定額以上のカード利用」の2つがあります。

それぞれの条件について詳しくお伝えします。

MyJチェック登録でOki Dokiポイントを獲得できる

JCB系のANAカードに入会して「MyJチェック」に登録するだけで、カードランクに応じたOki Dokiポイントを獲得することができます。

カード種類 獲得ポイント数
一般カード 400ポイント(1,200マイル相当)
ワイドカード 400ポイント(1,200マイル相当)
ゴールドカード 1,500ポイント(4,500マイル相当)
プレミアムカード 2,000ポイント(6,000マイル相当)

MyJチェックとはJCBのWEB明細サービスのことで、登録することによって紙の利用明細が送付されなくなります。

紙の利用明細が発行されなくなるため自分で会員専用WEBサービス「MyJCB」にログインして利用明細を確認する必要がありますが、MyJCBアプリをインストールしておくとログインの手間を省くことができます。

また未確定分の利用明細も確認することができるので、紙の利用明細よりも便利な側面があります。

「MyJチェック」を登録するだけでOki Dokiポイントを獲得できるので、条件達成がしやすくなっているのがポイントです。

カードを一定金額以上利用するとOki Dokiポイントを獲得できる

ANAカードを一定額以上利用すると最大16,500マイル相当のOki Dokiポイントがもらえます。

  • 税込30万円以上:1,000ポイント(3,000マイル相当)
  • 税込60万円以上:5,500ポイント(16,500マイル相当)

2018年5月時点で実施されているキャンペーンの場合、カードの利用期間は2018年5月1日から10月31日までとなっているため、約6ヵ月間で最低でも税込30万円以上を利用しなければ条件を達成できないということになります。

入会する月が早ければカードを利用できる期間が長くなるので、早めに入会したほうが獲得できるチャンスが広がります。

また注意点として、年会費や公共料金、ETCカード利用分、電子マネーチャージ分などは対象外となっている点が挙げられます。

出張や旅行のフライト代や宿泊代などを集中的にANAカードで支払うようにすれば、条件達成が現実的なものとなるでしょう。

アメックス限定のキャンペーンでは一定額のカード利用が必要

アメックス限定のキャンペーンでは、入会と一定額のカード利用で最大30,000マイルが獲得できます。

条件 獲得ポイント・マイル数
入会ボーナスマイル 1,000マイル
入会後1ヵ月以内に3回のカード利用 1,000ボーナスポイント
入会後3ヵ月以内に税込15万円のカード利用 3,000ボーナスポイント
入会後3ヵ月以内に税込50万円のカード利用 20,000ボーナスポイント
通常カード利用ポイント 5,000ポイント(税込50万円を利用した場合)

基本的には一定額のカード利用が必要となりますが、入会後1ヵ月以内に3回利用するだけで1,000ボーナスポイントがもらえるという簡単な条件なので、コンビニやドラッグストアなどでお買い物をすればすぐに達成可能です。

入会後3ヵ月以内に税込15万円のカード利用で3,000ボーナスポイントも、フライト代や通勤定期券の購入などで比較的達成しやすい条件ではないかと思います。

入会後3ヵ月以内に税込50万円のカード利用で20,000ボーナスポイントはやや難易度が高いかもしれません。海外出張やビジネスクラスなどを上手に利用して条件達成を目指してみましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail ana amex

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
7,000円(税別) 7,000円(税別) 0.4%~0.6% ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 公式サイト参照 0.4%~1% 無料

過去のVISA/Mastercard系新規入会キャンペーン内容

VISAとMastercardについては6月以降まで入会を待ったほうがお得です。

過去に実施されたVISAとMastercardのANAカードのキャンペーンは6月から翌年4月までが対象期間となっているからです。毎年5月はANAカード全体のキャンペーンしか行われていないため、6月以降の入会を検討しましょう。

ちなみに過去に実施されたVISAとMastercard限定のANAカードキャンペーンでは、ANA全体のキャンペーンで最大20,000マイルとカード会社のキャンペーンで最大46,500マイルを合わせて最大66,500マイルを獲得できる内容になっています。

VISAとMastercardにこだわりたいのであれば、発行会社のキャンペーンが行われる予定の6月以降に入会するようにしましょう。

ここまでカード発行会社ごとの実施キャンペーン概要についてお伝えしました。発行会社によって独自のキャンペーンを展開しており、差別化を図っていることが見て取れます。

それでは最後にANAカードのキャンペーンに関する注意点を確認しておきましょう。

ANAカードのキャンペーンの注意点

スクリーンに映るびっくりマークと座っている若者たち

ANAカードのキャンペーンでもらえるマイルは条件を達成さえすれば獲得できるので特に難しいことはありませんが、1つだけ注意したい点があります。

キャンペーンのエントリー登録が必要な場合が多い

ANAカードのキャンペーンは対象期間内の「エントリー登録」が必要なものが多い点で注意が必要です。

入会ボーナスマイルは入会するだけで獲得できるので問題ありませんが、それ以外の「参加登録」と「条件達成」でもらえるマイルはエントリー登録が必須となっているからです。

すでにキャンペーンの対象期間が過ぎているものもありますので、その場合は次回のキャンペーン開催時であればお得に入会できるようになります。

まとめ

ANAカードのキャンペーン情報について、最後にもう一度まとめます。

  • ANAカードのキャンペーンには「ANAカード全体のキャンペーン」と「発行会社独自のキャンペーン」の2つがある
  • ANAカード全体のキャンペーンは「エントリー参加登録」が必要なものが多く、中には終了しているものもあるので注意が必要(その場合は次回のキャンペーン開催時に申し込むとお得)
  • 「ANAカード全体のキャンペーン」と「発行会社独自のキャンペーン」は併用できるので、もらえるマイル数を参考にカードを選ぶとお得

せっかくANAカードを作るなら、キャンペーンの対象期間かどうかを確認し、お得に入会できるかを見極めるようにしましょう。

この記事を最後までお読みいただいた方なら、ANAカードのキャンペーン情報を把握しお得なタイミングで入会できるようになります。是非参考にしてみてください。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら