ANAのクレジットカードを徹底解剖!マイルをどんどん貯める方法

飛行機を持つ少女

飛行機にはあまり乗る機会はないものの、クレジットカードの利用で無料の航空券がもらえるならば「興味がある!」という人も多いのではないでしょうか。

実はANAのクレジットカードは、1年に1度も自分で航空券を買わなくても、ショッピングなどの日常利用でマイルがどんどん貯まっていくのでとてもお得です。

ポイント移行などもしやすいのがANAマイルのメリットですが、実はその仕組みが少し複雑です。ANAカードといっても種類が本当にたくさんあるので、どれが一番お得かというのがイマイチ掴みにくいのが一つの理由といえるでしょう。

知らず知らずのうちに、マイルを損してしまっているかもしれないのがANAマイルです。それに加えJALのマイルもあるため、まずどちらを作ればいいかということもあるため、マイルはより複雑なテーマとなっています。

そんなすべての疑問にお答えすべく、ANAのマイル攻略方法をクレジットカードの活用術から徹底解説します。

「ANAのクレジットカードとJALカード、どちらを作ればいいのか迷っている!」という悩みにもこの記事でお答えします。

ANAカードが優れているポイントをJALと比較

ANA飛行機

マイルをいざ貯めようと思った時、まず何から始めなくてはならないのでしょう?まずそれを知るために、マイル自体のことについて知りましょう。

日本においてマイル貯めのカードは大きく分けて2種類あり、それはANA(全日本空輸)カードとJAL(日本航空)カードです。

そして、ANAカードで貯められるマイルはANAマイルJALカードで貯められるマイルはJALマイルとなります。

ここで注意したいのが、マイルはまず各航空会社が実施しているマイレージポイントプログラムに入らなければたまらないということです。

しかし、一度作れば現金に換算した価値が1マイル=1.5〜2円相当のマイルがどんどんと貯まっていくので、マイレージのためにカードを作らない手はありません!

しかし、いざカードを作るという際によく悩むのが「どちらのカードを作ってどちらのマイルを貯めたらよりお得なのだろう?」、「今の生活スタイルで効率よくマイルが貯められるのはどちらだろう?」ということだと思います。

ここではそんな声にお応えして、JALと比較してANAカードが優れている点をご紹介していきたいと思います!

ANAカード簡単概要

まず、JALカードと比べて便利な点はカードの種類が豊富なことが挙げられます。通常、ワイド、ゴールド、プラチナのグレードがあります。

それによって年会費も様々なので、どのような予算であってもカードを作成できます。「カードに年会費をかけたくない」という方にも、年会費無料のJCB ZERO ANA通常カードがあるので安心です。

そしてグレード別に年会費を見てみると

  • 一般カード(年会費 2,000~7,000円)
  • ワイドカード(年会費 7,250円)
  • ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)
  • プラチナカード(年会費 70,000~155,000円)

となります。このうち、一般カードに対応している会社は

  • VISA
  • Master Card
  • Suica
  • TOP&ClubQ
  • JCB
  • JCB ZERO
  • ソラチカ
  • American Express

そして、もちろんそのグレードとブランドの組み合わせによって還元率は大きく変わってきます。例えば、普通のカードでは基本的に還元率1%ですが、JCB ZEROは無料な分、還元率が0.5%となってしまいます。

入会でマイルがもらえる!
ANAカードの詳細はこちら

ANA VISAカード 一般

Thumbnail ana visa normal

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) ID(アイディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 0.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 1% 540円
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

ショッピングでマイルが貯まる

海外プリペイドカード

ANAカードまたはJALカードを使いこなす、いわゆる「陸マイラー」と呼ばれる方たちがいます。マイルというのは、元をたどれば飛行機に乗って、その移動距離によって航空会社から与えられるポイントだったのです。

しかし、陸マイラーになれば、飛行機に乗らなくてもショッピングによってマイルを貯めるショッピングマイルというものがあります。

マイルの交換先も様々

「でもわたしあまり旅行に行かない」、「そもそも飛行機に乗るのが嫌い」という方もおられるかと思います。そんな方でも安心なのが、提携ポイントへの交換制度です。

貯めたマイルは、なにも航空券と交換できるだけのものではありません。例えば、スターバックスカードへの入金に使えたり、iTunesギフトコード、楽天Edy、Tポイントなど非常に使い勝手の良い便利な電子マネーやポイントに移行可能なのです。

目安として10,00マイル貯めなければ交換できませんので、そこは注意しなくてはなりません。

自分がANAカードを作るべきなのかの判断

考える女性

ここまで読んでメリットがあるのはお分かりいただけたと思いますが、「それでも私がANAを作ってもお得なのかな?」とまだ思われているかもしれません。

基本的には迷わず一枚持っておいて損はないと思いますが、選択肢がいろいろある分、何を作っていいのか迷ってしまうというのも事実だと思います。

ここでは、その決定要素となる情報をお伝えしようと思います。是非参考になさってください。

年間のクレジットカード利用額

クレジットカードの還元率だけでなく、年間のクレジットカード利用額と計算して元が取れなければお得とは言えません。

グレードが高ければ高いほど年会費が高くなるのですが、年間のクレジット決済額が高額になる場合は、グレードの高いカードの方がマイルを貯めやすく、相対的にお得になります。

しかし、もちろんANAカードプレミアム(プラチナカード)を持つ必要まではありません。普段では味わうことのできない特別なサービスが受けられるのですが、マイルを貯めるという観点では年会費が高くついてしまうからです。

「マイル還元率2%」と全カードの中でもっとも高いANAダイナースプレミアカードは、年会費が155,000円となるので、計算すると「年間800万円以上程度のカード決済がないと元が取れない」計算になります。

ANAカードを最大限お得に使う裏ワザ

最大限

ANAカードは複雑な分、いろいろな組み合わせでいろいろなメリットが発生するポイントです。

例えば、ANA一般カードで三井住友カードが発行する4枚の年会費はマイ・ペイすリボに登録して、年に最低1回決済した場合、VISA、Masterは1,025円、SuicaとTOP&ClubQは751円となります。これの利点は、これらを持っているだけで年間4000マイルもらえてしまう点です。

ここではどのようにすればANAカードを最大限お得に使えるか、それぞれの戦術を分けつつ紹介したいと思います。

一番おすすめのカードはソラチカカード

ここでマイラーなら必ず作らなければならない、大人気にして大本命カードを紹介致します。その名も「ソラチカカード」です。

このソラチカカードの正式名称は「ANA ToMe CARD PASMO JCB」となるのですが、カード決済時のマイル還元率は1%とほかのカードとあまり変わりません。

年会費は初年度無料で、2年目以降2000円と高くはないですが、メリットがあるようにも思えません。しかし、このカードが本領を発揮するのはポイントサイト経由でマイルを貯めた時になります。

このカードを使えば、マイルレート0.9倍と言う超高レートでポイントをマイルに移行することができます。

使い方としては

  • ポイントサイト
  • PeX
  • メトロポイントに変換
  • ANAマイルに変換

となります。決済用としては使えませんが、埋蔵用として陸マイラーにはこの年間最大216,000マイルを獲得可能にするソラチカは、欠かないカードとなります。

電子マネーとのあわせワザ

pixta_23418448_m-1

ANAカードでたまるのは、ショッピングのカード決済のみにとどまりません。

実は、他の電子マネーやポイントとうまく組み合わせることによって、ANAマイルを効率良く貯めることが可能です。

楽天Edy

楽天Edyは、取り扱い店で軽く端子にタッチするだけで決済ができる、非常に便利な電子マネーのサービスです。

おサイフケータイとのコンボ「ケータイ de Edyマイル」も利用することができ、ケータイさえ持っていればカバンやサイフなど持たなくても手ぶらで決済できるというすぐれた機能です。

ANAは楽天Edyと提携していて通常200円で1マイル貯めることができます。しかし、おすすめな貯め方としては、「ANAマイレージクラブプラスMOBILE」に登録してEdyを使うことです。

このプランは月額300円(年3,600円・税抜き)を支払わなければなりませんが、その代償としてEdyでの支払い時に200円につき3マイル貯まるようになり、還元率1.5%となります。

しかも、それプラスANAのクレジットカードを使用してEdyをチャージした場合、200円につき1マイルがもともと貯まるのでした。

これを踏まえると合計200円に付き4マイル、なんと還元率2%となり、非常に高還元となることがわかります。

さらに、通常会員が1マイル1コインなのと比べ、ANAマイレージクラブプラスMOBILE会員は最大1.5倍の専用レートで換算可能。非常にメリットの多いカードなのです!

Tポイント

Tポイントは、上で説明したソラチカカードのマイル交換レートと比較すると、レートが0.5倍と目減りしてしまいます。

しかし、ソラチカで貯めることのできるマイルが月に18,000マイルという弱点があり、それ以上貯めたい場合次の候補として浮上するのがTポイントとなります。

貯める方法としては、ソラチカと同じようにポイントサイトから貯めて、PeX、Tポイントと変えてANAマイルとします。例えば、人気のポイントサイトハピタスで上限の毎月3万ポイントを貯めることができれば、ソラチカルート+Tポイントルートで月に23,000マイル貯まります。

ソラチカでのマイル取得実践者には、是非おすすめしたい方法となります。

セブンイレブンでボーナスマイルあり

ANAマイレージクラブとコンビニエンスストア大手であるセブンイレブンは、実は提携をしていて、セブンイレブンの会計をANAカードで支払うとマイルが貯まります。

クレジットカード会社のポイント移行とは別に、ANAカードでのクレジット決済で200円(税込)が1マイルとなります。セブンイレブンはnanacoという独自のポイント制度がありますが、ANAマイラーであればセブンイレブンではANAクレジットで支払いましょう。

特典航空券はローシーズンに使うとお得

結論から言うと、特典航空券はハイシーズンでなくローシーズンに使うとお得にマイルを消費できます。

実際に、ANAでマイルを使って航空券を買おうとすると気づくことがあるのですが、L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)によって必要マイル数が若干異なってきます。

例えば、ハイシーズンとローシーズンでは沖縄の往復で5,000マイル差があります。なるべくですが、ローシーズンを狙ったほうがお得です。

ANAカードの注意点やデメリット

注意

今までANAカードのメリットを述べてきましたが、もちろんメリットばかりがある訳ではありません。

ただし、「やっぱり何か裏があると思った!」と思われるような大きなものではありませんし、ANAのクレジットを作って全体的にお得だということは変わりがありません。ここでは、メリットに比べてほんのささいなことですが、注意点やデメリットを説明していきます。

ポイントをマイルに移行するときの手数料

実は、ポイントを移行するのもただではありません。例えば、ANAクレジットカードを作った際に、5マイルコースにすれば移行手数料無料ですが、移行レートが高くなる10マイルコースでは移行手数料が6,300円かかってしまいます。

それだけでなくても、例えば上で述べたようなTポイントからANAマイレージに移行する際、レートが0.5なのでその分を損していると言うことになります。

もちろん、マイルを貯めるためならば仕方がないですが、このことは覚えておきましょう。

ハイシーズンのマイル使用はハードルが高い

上で述べた通り、航空券取得に余計にマイルがかかってしまうだけでなく、ハイシーズンであるので飛行機チケットが売り切れてしまうことも多々あり、ハイシーズンは何かとマイル使用のハードルが高いのです。

もちろん、ハイシーズンでないと休みが取れないというのは誰もが同じではありますが、このような理由から、なるべくハイシーズンに旅行に行くことは避けたほうがよさそうです。

マイルには有効期限がある

マイルには有効期限があります。マイル取得日から36ヶ月後の月末が有効期限となるので、3年が目安となります。

ただし、上級会員のステータスを取得することで、それを防ぐこともできます。

アメリカンプレスのみ、一般カードでも年会費7,000円と高額ですが、年間6,000円のポイント移行コースでポイントに有効期限がなくなるという特典が付くので、買い物でコツコツ貯める派には有効かもしれません。

まとめ

最後にデメリットを述べましたが、それらを差し引いてもANAカードを持つこと自体が既にお得なのです。

整理すると、ポイントサイトを使ってガッチリマイルを貯める陸マイラーは、ソラチカカードが必須となってきます。

そして、それがマイルを貯める上で一番の近道になってくることも間違いないといえるでしょう。

そのほか、決済でポイントを貯めたい方も、ご自身の年間利用額を考慮してなるべくマイルレートの良いカードを選んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事