アメックスのポイント制度をわかりやすく解説!最もお得に交換する方法

3枚のクレジットカード

便利な機能や手厚いサービスはもとより、持っていること自体に高いステータス性があるAmerican Expressアメリカン・エキスプレス※以下、アメックス)のクレジットカード。

そんなステータス性の高いアメックスのクレジットカードですが、ポイント制度が充実しているということはご存知でしょうか。

これからアメックスカードが欲しい人、もしくは「すでに持っているけどまだ十分理解できていない」という人は、アメックスのポイント制度を詳しく知りたくありませんか?

ポイントと引き換えることができる商品は数多くありますが、「その中で何と交換したらお得なのか」興味がありませんか?

この記事ではそんなあなたに向けて、ポイント制度やポイントでお得に交換できる商品を分かりやすく紹介していきます。

この記事を読めばアメックスのポイントを正しく理解することができ、あなたにとってアメックスカードが向いているかどうかがきっと分かるはずです。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

アメリカン・エキスプレスのポイント制度

クレジットカードを見せる女性

まずはアメックスのポイント制度を正しく理解しましょう。

この章では、アメックスのポイント制度の基本、アメックスポイントにはどれくらいの価値があるのか、どのような商品と交換できるのかなどをお話ししていきます。

まず確認!セゾンカードのアメックスとは違います

本家のアメックスカードと「セゾンアメックスカード」はポイントの面から言うと、まったく違うクレジットカードだと思ってください。

日本で流通しているアメックスカードは、本家「American Express」が発行しているクレジットカードと、日本での提携会社「セゾン」が発行しているセゾンアメックスカードがあります。

セゾンの方もアメックスカードであることに間違いはありませんが、入会審査の厳しさ、年会費の価格、ポイントなどの特典はまったくの別物です。

この記事では、本家のアメックスカードを取り上げていますので、セゾンアメックスの参考にはなりません。

とはいえ、セゾンはセゾンで「永久不滅ポイント」という斬新な取り組みをしています。セゾンアメックスについて知りたい人はこちらの記事を見てください。

2017.07.18

セゾンアメックス4種を徹底比較!年会費や優待特典の違いとは

アメックスブランドのクレジットカードは審査に通りにくく年会費も高いという印象があります。それでも憧れのアメックスカードを持ちたい皆さんには、プロパーほど審査が厳しくないセゾンのアメックスブランドがおすすめです。セゾンアメックス概要やクレジットカードの種類、そしてアメックスのプロパーカードとの違いを知りたい!と思う方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そのセゾンアメックスブランドのカードをよく知るためのガイドとして、まずは一般の人でも取得しやすく人気が高い4種類のセゾンアメックスカードの年会費やその内容の違いなどについて詳しくご紹介します。また、アメックスプロパーカードとの相違点や、それ以外のセゾン発行アメックスブランドカードのご紹介も含めた情報もお届けします。

アメックスの「メンバーシップ・リワード」とは

お金がかかる

アメックスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれています。メンバーシップ・リワードには以下の特徴があります。

  • クレジットカードの利用でポイントが貯まる
  • 日常生活にポイントが使える
  • 非日常の体験をポイントで実現できる

ショッピングや食事はもちろん、コンビニやスーパーマーケット、公共料金までクレジットカードを使えば使うほどポイントが貯まるという体制が敷かれています。

基本は100円につき1ポイントが貯まる

アメックスのポイントは通常、買い物代金100円につき1ポイント貯まります。

メンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズでさらに貯まる

加えて「メンバーシップ・リワード ボーナスポイント・パートナーズ」という提携店でクレジットカードを使うと、100円につき2~10ポイントを貯めることができます。

提携店はレストランやショッピング施設、レジャー施設など多岐に渡ります。提携店を知りたい方はこちらから探すことができます。

ポイント交換先は多様

ポイントを使う方法も多様です。

買い物やオンラインショッピング公共料金の支払いにポイントを当てることができるのはもちろん、ポイントを提携店の商品券に換えることもできます。マイルへの移行もできます。

支払いに使う場合は、1ポイント0.3円(還元率0.3%)の換算レートで3,000ポイントから使うことができます。

また、楽天スーパーポイント、Tポイントへ変換することも可能です。もちろん、アメックスが用意した多彩な商品と引き換えることもできます。

なお楽天スーパーポイント、Tポイントともに換算レートは3,000ポイント(アメックスポイント)=1,000ポイント(楽天スーパーポイント、Tポイント)で、還元率は0.3%です。

アメックスのポイントで交換できる商品は、7,500アイテム以上あります。

比較的交換しやすい食料品からお酒、家電製品、AV機器、子どものおもちゃなど幅広いラインナップを誇っています。ここですべてを紹介するわけにはいきませんので、詳しくはこちらのWebカタログを見てください。

中にはベンツの車やパラグライダー体験、「世界遺産 清水寺の夜間特別拝観」「世界の青木功プロと夢のラウンドプレー 」など、「えっ!こんなものまで交換できるの?」という商品もあります。

ポイントの交換商品で最も人気は航空会社のマイル

アメックスのポイントで交換できるものは数多くありますが、人気があるのが航空会社のマイルと各種商品券です。

人気の理由は還元率の高さにあります。マイルや還元率に関しては、後に詳しく書いてありますので、そちらも合わせてご参照ください。

アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail green regular 01 480x608

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 0.166%~1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail gold regular 01 480x304

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

ポイントには有効期限がある

アメックスのポイントには、有効期限があることを忘れてはなりません。アメックスのポイントの有効期限は最大3年です。

カード入会日から1年間で貯めたポイントは、入会日から3年後に消失してしまいます。

具体的にはカード入会日が2015年1月1日の場合、2015年1月1日から12月31日の間に貯めたポイントが入会3年後の2017年12月31日に失効するというわけです。

ただし、以下のいずれかで有効期限を無期限にすることができます。

  • 一度でもポイントを何かに使う
  • メンバーシップ・リワード・プラスに加入する

メンバーシップ・リワード・プラスについては後の章で詳しく説明していきます。

一度でもポイントを使えばポイントが無期限になりますので、交換可能なポイントになったら、ポイント交換に慣れる意味でもとりあえず何かに使ってみると良いでしょう。

ここまでアメックスのポイント制度についてお話ししてきました。

次の章では貯めたポイントをよりお得に使うための知識をお伝えしていきます。せっかく貯めたポイントを少しでも有利に使うための必須知識ですので、ぜひ読んで参考にしてください。

ポイントを少しでもお得に活用する方法

レストランでの支払い

アメックスは、日常のさまざまな場面でポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

しかし、せっかく貯まりやすいアメックスのポイントも効率が悪い使い方をしてしまったらとても損をしてしまいます。

そうした事態に陥らないためには、お得に使うための知識が必要です。ポイントを使う際にはぜひこの章の記事を活用してください。

メンバーシップ・リワード・プラスでポイント交換がお得になる

アメックスのポイント制度「メンバーシップ・リワード」の上位に位置する「メンバーシップ・リワード・プラス」というオプションのプログラム(年会費税別3,000円)があります。

メンバーシップ・リワード・プラスの特徴は以下の通りです。

  • マイルや提携ポイントへの換算レートがアップ
  • 各種支払いにポイントを使う際の換算レートがアップ
  • ポイントの有効期限が無期限になる
  • 人気アイテムを最大40%オフでゲットできる

上記のように、メンバーシップ・リワードのサービスがそれぞれワンランク上のものになっています。ポイントを換算するレートは大幅に上がっています。

メンバーシップ・リワードの現金への換算レートは1ポイントあたり0.3円なのに対して、メンバーシップ・リワード・プラスでは1ポイントあたり0.5~1.0円にアップしています。換算レートは大体2倍ほどの差が出ています。

メンバーシップ・プラスに加入するには年間税別3,000円がかかりますが、アメックスカードを年間数十万円以上使ってポイントも無駄なく使いたいという人は、移行しても十分元がとれます。

ポイントの有効期限が無期限になるのも合わせて、よりお得にポイントを使うならメンバーシップ・リワード・プラスに加入することをおすすめします。

ポイントはマイルに交換するのが還元率が高い

空を飛ぶ飛行機

アメックスポイントの交換先は数多くありますが、一番おすすめなのがANAマイルへの交換です。その理由は還元率です。

現金への還元率は先ほども触れたように0.5~1.0円で、最高値の1.0円なのはカード利用代金充当(航空券購入)と旅行代金への充当(トラベルオンライン経由)だけです。

他の使い方では良くても0.8円です。

ANAマイルの還元率は1,000ポイントで1,000マイルです。楽天EdyやTポイントなどの多くの電子マネーでは1マイル1円で還元できます。

つまりANAマイルに換算するとアメックスポイントの1,000ポイントは1,000円の価値があるというわけです。

加えて、どのような使いみちでもOKです。このような観点からアメックスポイントはANAマイルに交換するのがベストと言えるでしょう。

マイル交換には手数料がかかるので注意

アメックスポイントをマイルに交換するためには手数料がかかるので、注意が必要です。

アメックスでは以下の航空会社と提携を結んで、それぞれの航空会社のマイルに交換できます。

  • ANA
  • スカンジナビア航空
  • アリタリア イタリア航空
  • キャセイパシフィック航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • エールフランス
  • カタール航空
  • シンガポール航空
  • タイ航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュエアウェイズ
  • ヴァージンアトランティック航空

各航空会社のマイルに交換するには各航空会社が提供するマイレージプログラムに加入する必要があり、この費用が手数料です。

なお、それぞれのマイレージプログラムへの加入料金はデルタ航空3,000円、タイ航空3,000円、シンガポール航空6,000円など各航空会社によって異なります。

自分が交換したいマイルに必要な手数料を詳しく知りたいという人は、アメックスの会員専用窓口(TEL番号:0120-020120)に確認してみてください。

ANAマイル交換にはさらに手数料がかかる

アメックスのポイントをANAマイルに交換するのには他の航空会社よりもさらに手数料がかかってしまいます。

アメックスポイントを高レートでANAマイルに交換するには、まず年会費3,000円(税別)のメンバーシップ・リワード・プラスに入会する必要があります。

そのうえで、年会費5,000円(税別)のメンバーシップ・リワードANAコースにも入会しなければなりません。

つまり、アメックスポイントを高い還元率でANAマイルに交換するには年間で8,000円(税別)かかるというわけです。

さらに、一度交換手続きを取ると、メンバーからの申し出が無い限りメンバーシップ・リワードANAコースは自動更新なので、これにも注意が必要です。

もともとマイルを貯めることが目的でアメックスカードを検討している人は「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」にすることをおすすめします。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail ana amex

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
7,000円(税別) 7,000円(税別) 0.4%~0.6% ANAアメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 公式サイト参照 0.4%~1% 無料

ANAグループでクレジットカードを使用するとポイントとは別にマイルが貯まりますし、ポイントの移行もスムーズになります。

ここまで、アメックスポイントをお得に使うために必要な知識をお伝えしてきました。次の章ではアメックスポイントで交換することのできる商品についてお話ししていきます。

さすがアメックスと言わせるよう豪華な商品が多数そろえられていますので、ぜひ読んでみてください。

アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail green regular 01 480x608

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 0.166%~1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail gold regular 01 480x304

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

アメックスならではのユニークなポイント交換商品

口を手で塞いで驚く女性

ポイントで商品と交換できるサービスは各クレジットカード会社で行われていますが、アメックスの用意している商品は豪華さとユニークさで他社とは一線を画しています。

早速、どのような商品があるか見ていきましょう。

他のカード会社にはない交換商品もある

先にも少し触れましたが、ポイントとの交換用にアメックスが用意している商品は約7,500種類あります。

ここですべてを紹介するわけにはいきませんので、以下に筆者主観で他のカード会社にはないと思われる商品を数点ピックアップしました。

  • メルセデスベンツ(3,470,000ポイント~)
  • 武田双雲氏が贈る自分価値の焼酎(3,024,000ポイント)

さすがアメックスと思わせるようなラインナップですね。

アメックスではポイントで、何とベンツ車を交換することができます。

他ではとてもまねできないようなラグジュアリー感溢れる商品がそろっています。

体感型商品を豊富にラインナップ

アメックスの交換商品の特徴のひとつに、体感型商品が豊富という点が挙げられます。

代表的なものを以下に紹介します。

  • クルージング(ドリンク付):30,000ポイント
  • カヌー&カヤックエクスペリエンス:30,000ポイント
  • 「走りの浪漫」を体感するMcLaren:756,000ポイント
  • 船上のプライベートコンサートwith工場夜景クルーズ:2,808,000ポイント
  • 名士とのAmazingな晩餐with田崎真也氏:1,296,000ポイント

最後の3つはユニークですね。

「走りの浪漫」を体感するMcLarenという商品は、最高級自動車メーカー「マクラーレン」のハイエンドカーを愛車にして1泊2日の小旅行に出かけるという商品です。

船上のプライベートコンサートwith工場夜景クルーズは、日本最大級の豪華クルーザーの船上でバイオリニストの川井郁子さんの演奏が楽しめるという企画です。1組限定なので、大切な人と特別な時間を過ごすことができます。

名士とのAmazingな晩餐with田崎真也氏は、ソムリエの田崎真也さんと夕食をともにしながら語り合うことができるという商品です。

田崎さんが目利きしたワインを楽しめるのはもちろん、田崎さんがプロデュースした特別メニューの料理が味わえます。

ポイント数も膨大ですが、普通の人ならなかなかお目にかかれない、とても貴重な体験となりそうですね。

まとめ

クレジットカード会社の中でもトップクラスのステータスを持つアメックス。

この記事ではそんなアメックスのポイントを効率よく貯め、お得に使うための知識をお伝えしてきました。最後にこの記事の要点をおさらいしましょう。

  • アメックスカードとセゾンアメックスカードは年会費や特典、ポイント制度が違う
  • アメックスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれている
  • ポイントには有効期限があるが、一度でもポイントを使ったりメンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば有効期限が無期限になる
  • メンバーシップ・リワードの上位サービス「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会すればポイントを貯めるにも使うにもよりお得になる
  • ポイントの交換先はマイルがお得で、特にANAマイルがおすすめ
  • マイルに交換するには手数料がかかるので注意が必要
  • ポイントで交換できる商品はアメックスならではのラグジュアリーでユニークな商品がそろう

この記事があなたにとって、アメックスが最適かどうかの良い判断材料になれば幸いです。

アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail green regular 01 480x608

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 0.166%~1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

Thumbnail gold regular 01 480x304

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 29,000円(税別) 0.75% メンバーシップリワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3日程度 300万円を限度に個別に設定 0.90% 無料

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

2017.05.30

【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。「たくさん種類があってどれを作ったら良いかわからない」そんなあなたにおすすめのクレジットカードや専門家からのカード選びのポイントを解説します。あなたにぴったりのクレジットカードを見つけましょう。

ラウンジに座る男性

2017.04.16

入会に91万円!幻のブラックカード、センチュリオンの特典は?保有者インタビュー

日本国内で持てるブラックカードのうち、最難関のクレジットカードといわれているのが、アメリカン・エキスプレスの発行するブラックカード「センチュリオン・カード」です。国内での発行枚数は公表されておらず、謎に包まれた超リッチな人向けのクレジットカードなのです。そんなセンチュリオン保有者に、今回ナビナビクレジットカードがインタビューを行いました!

2017.05.23

クレジットカードのステータスとは?メリットを徹底解説

クレジットカードには、そのカードの格付けともいうべき「ステータス(=社会的地位)」という概念があります。日頃からクレジットカードをよく使っているのであれば、 「ステータスとはどういった考え方のなのか知りたい」 「ステータスの違いは、実際にどう生活に関わってくるの知りたい」 と思っている方は多いのではないでしょうか?また、クレジットカードの中でもどういったカードがステータスの高いカードなのか、ちゃんと知っておきたいですよね。 この記事では、ステータスの考え方やカードごとの特徴について、特に押さえておきたいポイントをまとめています。ステータスについて理解しておくだけでなく、どのようなカードがステータスが高いのか、カードごとの特徴を知っておけば、自分がカードを申し込むときにどのカードを選べばよいのか判断ができるようになるでしょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら