アメックスはビジネスで使えるサービスが豊富!積極的に利用しよう

ノートパソコンとクレジットカードと手

アメックスの高いステータス性はみなさんよくご存知だと思います。ステータス性の高さは選ばれた人だけが所有できる証。特別な会員だからこそ、カード会社はさまざまなサービスを提供してくれるのです。アメックスでもカード会員向けに、趣味の分野からビジネス分野までサポートしてくれる数多くのサービスを提供しています。

クレジットカードは利用可能枠の高さにばかり注目しがちですが、提供されているサービスや特典を活用しないのはもったいない話です。この記事ではアメックスビジネスカードで利用できる各種サービスにスポットを当て、利便性の高さを知っていただこうと思います。ぜひ最後までお読みいただき、アメックスのサービスに魅力を感じていただけたらと思います。

アメックスにはビジネスに使えるサービスが充実

アメックスは付帯サービスや特典が豊富です。趣味の分野からビジネスに役立つものまで、幅広いサービス群がカード会員の日常をサポートしてくれます。個人カードがあるだけでも充分ビジネスに活用できますが、ビジネスカードにはさらにビジネス向けに特化したサービスが提供されています。通常ならば法人であってもコストの関係で導入が難しいようなことも無料で利用できる場合があって見逃せません。

次のセクションでは同じアメックスでも個人カードにはなく、ビジネスカードだけに提供されているサービスにスポットを当ててご紹介します。

アメックス・ビジネスカード会員限定の特典がすごい

ビジネスカード会員向けに限定で提供されているサービスは、仕事を強力にバックアップしてくれて頼りになるものばかりです。個人カードにもビジネスに使えるサービスは提供されていますが、ビジネスカード会員限定サービスは法人にとっての利便性をより高めた内容になっています。

会員制ビジネスラウンジの利用権

アメックスのビジネスゴールド会員には帝国ホテルの専用ビジネスラウンジ「ミーティング・スクエア」の利用権が与えられます。ただし、ミーティングスクエアは登録制であり、アメックスビジネスゴールドを所持しているだけでは利用できません。登録には20,000円(税別)の月会費が必要になります。

ラウンジは1日最大2時間(1時間の延長可)まで利用することができ、同伴者1名を連れて入ることもできます。同伴者は1名なら無料ですが、追加料金を支払えば2名以上(最大3名)の同伴者と利用することも可能です。

レストラン予約代行やイベントへの招待

ビジネスゴールドの会員は、飲食店予約サービスを提供する「ぐるなび」の「ビジネス・ダイニング」を利用することができます。予算と人数に応じて最適と思われるレストランをコンシェルジュが提案してくれるだけでなく、そのお店を気に入れば予約もできます。

またアメックスが企画するイベント「DISCOVERY」にも招待されます。イベント内容はセミナーからパーティーまでさまざまで、参加を希望する場合はアメックスの公式サイトから申込むことができます。

調査やコンサルティングを利用できる

経営が上手くいかず悩んでいるときに、電話や面談などで経営相談できるほか、経営コンサルタントを紹介してもらうこともできます。さらに船井総合研究所のセミナーや、ビジネスノウハウを紹介したCDやDVDが優待価格で提供されます。

また年会費無料で「ビジネス情報調査代行サービス」を利用することができ、自社では手間がかかる取引先の信用調査をレポート形式で報告してもらえます。

資金の調達ができる

アメックスのビジネスカードにキャッシング機能はありませんが、ビジネスカード会員を対象に「VIP Loan Card for American Express」というローンカードをオリックスとの提携で発行しています。

1.7%から16.8%の実質年率で、最大 800 万円まで融資してくれるカードローンです。使途は自由となっており、資金調達にどうしても困ってしまった時に頼れる存在になりそうです。

福利厚生や健康相談に役立つ

優待料金で飲食店やホテルを利用することができる「クラブオフ」をVIP会員として利用することができます。クラブオフに登録されている施設は7万5000以上あり、優待価格で利用できるので従業員への福利厚生用途として役に立ちます。

またヘルスケア無料電話健康相談では24時間365日の体制で、健康に関する相談や医療機関の紹介をしてくれます。通話料無料で何度でも相談ができるので、忙しいけれど体調も気になる方には心強いサービスです。

次はアメックス・ビジネスカードに付帯されているトラベルサポートについてご紹介します。

出張や社員旅行に役立つ国内外のトラベルサポート

アメックスは旅行系の付帯サービスに強いと昔から言われてきました。旅行への出発から帰宅するまでフォローしてくれる充実した内容は、ビジネスカード会員である法人にとっても出張から社員旅行まで幅広く役立てることができるものばかりです。

ここではとくに有用と思われるトラベル系のサポートサービスにスポットを当ててご紹介していきます。

会員専用旅行予約サイトの提供

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインという会員専用旅行予約サイトを提供しています。優待価格での予約ができるほか、さまざまな特典も用意されていることが特徴です。代金にはポイントを充当できるほか、100円の利用ごとに2ポイントが貯まるので、他の旅行サイトの支払いでアメックスを使うよりもお得に旅行できます。

一般旅行予約サイトでも優待特典がある

旅行予約サイトのエクスペディア、アップルワールド.com、一休.com、日本旅行とも提携しており、優待価格でホテルやツアーを予約することができます。提携先ではアメックスカード会員限定で特典を付けたプランを提供していることもあります。

H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクが旅行を手配

H.I.S.がアメックスカード会員向けに開設している「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」を利用することができます。電話で国内外のホテル、ツアー、交通機関のチケットを予約ができるほか、旅行コンサルティングや海外での現地サポートを受けることができます。

アメリカン・エキスプレス JALオンラインの利用

日本航空の国内線航空券を24時間365日いつでもオンラインで予約・発券できる「JALオンライン」を入会費・年会費無料で利用することができます。JALオンラインではJAL国内線が割引される「eビジネス6」というサービスを提供しており、専用運賃でお得に搭乗することができます。

空港利用時のサービスが豊富

アメックスは空港利用に関するサービスが実に多彩で、家を出る瞬間から帰宅するまで快適な旅行を約束してくれます。カード会員本人だけでなく同伴者と一緒に利用できるサービスも多いので、同伴者に気兼ねなく利用できることも嬉しいポイントです。

空港ラウンジの利用

無料で国内39箇所、海外2箇所にあるアメックスの空港ラウンジを利用することができます。利用の際にはアメックスビジネスカードのほか、飛行機の当日搭乗券を提示します。

クレジットカードによってはカード会員本人しかラウンジを無料利用できないものもありますが、アメックスなら同伴者も1名までなら無料で連れて入ることができます。また追加カードを発行していれば、追加カードを持つ人とその同伴者も無料でラウンジを利用することができます。

手荷物の宅配

海外から帰国した際に、無料で空港から自宅までスーツケースを配送してくれます。スーツケース1つという条件付きではありますが、出張でたくさんの荷物を運ぶということは稀だと思いますので、ほとんどの方にとって役立つサービスだといえそうです。

このサービスを利用できる空港は成田のほか、中部国際空港や関西国際空港になります。他の空港は対象外となりますが、海外旅行をしたカード会員者向けのサービスであることを考えたら、この3空港で利用できれば充分ではないでしょうか。

自宅と空港間の送迎

アメックスはタクシー会社と提携しており、海外旅行をするときにカード会員専用としてチャーターしてくれます。利用できる地域と空港は決まっていますが、定額料金で格安に利用することができます

空港パーキングの利用

空港近くの提携駐車場を優待料金で利用できます。駐車場によって内容は変わりますが、例えば無料で洗車できるなどの特典も用意されています。対象となるのは成田、羽田、関西国際、福岡の4空港です。

無料ポーターサービス

専任のスタッフによるポーターサービスを無料で利用できます。利用できるのは成田国際空港と関西国際空港の2空港。出発時は空港に隣接する交通機関からチェックインカウンターまで、帰国した時には到着ロビーから空港に隣接する交通機関まで荷物を運んでくれる嬉しいサービスです。

無料クロークサービス

中部国際空港では無料のクロークサービスを利用することができます出発時は手荷物サービスカウンター、到着時は宅配手荷物カウンターにアメックスのカードを提示するだけで2個荷物を預かってもらえます。待ち時間があるときに手ぶらで過ごせて便利です。

海外で使える携帯電話のレンタル

海外用の携帯電話を成田、関西国際、羽田空港の国際線ターミナルでレンタルすることができます。通常では1日あたり250円のレンタル料金が半額となり、通話料に関しても10%の割引が適用されます。

海外での日本語サポート

「オーバーシーズ・アシスト」という名称の日本語電話サポートを行っています。海外旅行中に困ったことを相談できるほか、現地の施設を予約するなどコンシェルジュ的なこともしてくれる便利なサービスです。

多くの国から利用することができ、通話料無料で毎日24時間対応してくれます。同様のサービスは他の法人カードでも提供されていますが、平日昼間のみ対応というところが多く、いつでも相談できるアメックスのオーバーシーズ・アシストは非常に大きな安心を与えてくれます。

不意のトラブルには保険がサポート

旅行中の事故やトラブルは起きないに越したことはありませんが、絶対に遭遇しないとは言えません。万が一のことを考えたら手厚い内容の保険がほしいところです。多くのクレジットカードには旅行傷害保険が付帯していますが、アメックスの付帯保険は傷害のほか航空機の遅延まで対象となっており、とくに手厚い保障内容であることが特徴です

旅行傷害保険

カードで旅費を支払うことを条件とした利用付帯で、海外旅行は最高1億円、国内旅行は最高5,000万円の旅行傷害保険が付きます。カードを持っているだけで適用される自動付帯はビジネスゴールドのみですが、海外旅行で最高5,000万円が支払われます。カード会員本人よりも保障額は下がりますが、追加カードを所持している人や家族にも適用される点は注目しておきたい要素です。

国内航空機遅延補償

ビジネスゴールド以上のグレード会員を対象に、国内航空機の遅延や欠航があったときに補償をしてくれます。乗り継ぐための飛行機が遅れることで生じたホテル宿泊費や食事の代金についても補償される手厚い内容であることが特徴です。

次はアメックス・ビジネスカードで利用できるポイントプログラムについてお伝えいたします。

活用しやすいポイントプログラム

アメックスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」は、ポイントの使い道が多用で活用しやすいサービスになっています。さらに年会費3,000円(税別)のアップグレードサービス「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、通常3年間のポイント有効期限が無制限に、ポイントを特典に交換するときのレートも優遇されるなど、さまざまなメリットを得られます

ちなみにポイント有効期限に関しては通常のメンバーシップ・リワードでも交換利用した時点で無制限に変わります。またプラチナカードのユーザーはメンバーシップ・リワード・プラスへ無料登録することができます。

100円の利用につき1ポイントが付与

メンバーシップ・リワードでは基本的に100円で1ポイントが付与されます。カードの利用先がボーナスポイント・パートナーズとしてアメックス提携店になっている場合、ボーナスポイントが加算されるので、さらに多くのポイントを得ることができます。

ただし公共料金や電子マネーへのチャージは付与率が下がり、200円で1ポイントとなってしまう点に注意が必要です。しかし、公共料金でもポイントが付与されるというのは嬉しい利点です。会社の光熱費などをアメックスで支払うようにすれば間接的に経費節減に繋げることができるでしょうす。

ポイントの使いみちが豊富

メンバーシップ・リワードで選べるポイントの使い道は、

の3通りです。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば交換レートが優遇されるので、さらにお得にポイントを活用することができるようになります。

マイルや提携ポイントに移行

アメックスのポイントは他社のポイントサービスへ移行することができます。メンバーシップ・リワードでは多彩なポイントの使い道を提供していますが、人によっては自分の使い道に合っていないと感じる方もいるはずです。そのような方にとって、他社ポイントへ移行できるのは大きな魅力といえるのではないでしょうか。

メンバーシップ・リワードで提供しているポイントの移行先は以下のサービスです。

【流通系ポイントサービス】
  • 楽天スーパーポイント
  • Tポイント
エアライン系マイレージ
  • ANAマイレージクラブ
  • SASユーロボーナス
  • アジアマイル
  • アリタリア イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
  • エティハド航空 エティハドゲスト ・
  • エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ
  • エールフランスKLM フライング・ブルー 
  • カタール航空 プリヴィレッジクラブ
  • シンガポール航空 クリスフライヤー
  • タイ航空 ロイヤルオーキッドプラス
  • チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
  • デルタ航空 スカイマイル
  • フィンエアー フィンエアー・プラス
  • ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
  • ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
ホテル系ポイントサービス
  • Marriott Bonvoy
  • ヒルトン・オナーズ

    これらポイント交換で最も魅力的なのはマイレージへの交換です。通常の交換レートで2,000ポイントを1,000マイルに、有料(プラチナカードなら無料)のメンバーシップ・リワード・プラスに登録すれば1,000ポイントを1,000マイルに交換することができます。

    昔から「トラベルに強いアメックス」と言われてきただけあって、ポイント交換でもその強みを発揮しています。とくに海外出張が多い方にとっては見逃せないといえるでしょう。


    支払いに充当

    各種支払いにポイントを充当させることができます。充当できる支払先は幅広く、商品代金だけでなく、月々のカード利用料金の返済にも充てることが可能です。

    【ポイントを充当できる支払い】
    • カード利用料金の返済
    • 旅行代金の支払い
    • 提携店店頭での代金支払い
    • オンラインショッピングでの代金支払

    このうち提携店店頭での代金支払いだけはポイントを直接使用することができず、一旦商品券に交換する必要があります。

    商品に交換

    アメックスのカタログサイトで500種類以上の商品や商品券・ギフトカード、クーポンに交換することができます。また、アメックスが開催する会員向けイベントにポイントを利用して参加することもできます。

    アメックスではその他、趣味を充実させるためのサービスも提供しています。次のセクションでは趣味関連のサービスをご紹介します。

    趣味にも活用できるサービス

    ゴールド以上のカードグレードでは趣味の分野に使える各種サービスも提供されています。ご自分の趣味に役立つのはもちろんのこと、接待などビジネスで活用してみてもいいでしょう。

    チケット・アクセス

    オンラインで音楽やスポーツ、イベントなどのチケットを購入できるサービスです。先行予約ができるほか、アメックス会員向けに特別席が用意されるなど、たくさんのメリットが提供されます。

    ゴルフデスク

    国内外1,100箇所以上に提携ゴルフ場があり、無料でコースの手配や予約をすることができます。余暇で楽しむほか、大切な取引先との接待にも役立てることができる見逃せないサービスです。

    ゴールド・ワインクラブ

    人気ワインショップ「エノテカ」が運営する「ゴールド・ワインクラブ」を利用することができます。ゴールド・ワインクラブではワインに関する各種相談を電話ですることができ、入手の難しい希少なワインを購入することもできます

    10,000円(税別)以上の買い物なら送料がかからないほか、贈答用のギフトボックスも無料付けてもらえるので、大切な取引先へ贈り物をするときに利用してもいいでしょう。

    コットンクラブ

    東京の丸の内でソウルやジャズの演奏を楽しめる「コットンクラブ」から、アメックス会員を対象にした特典が提供されます。アメックスがスポンサーとなる限定イベントでは、著名アーティストが出演するステージを特別料金で見ることができ、音楽好きにはたまらないサービスです。

    新国立劇場

    新国立劇場では各種の優待特典を受けることができます。チケットの先行購入と自宅への無料送付、無料ドリンク券の進呈があるほか、作品について解説が行われるオペラトークイベントへは無料で参加することができます。観劇が好きな方には見逃せないサービスといえるのではないでしょうか。

    ここまでお読みになって、アメックスが気になる存在になった方も多いのではないでしょうか。次のセクションではアメックス・ビジネスカードについて、ラインナップとクレジット機能のスペックをご紹介します。

    サービス豊富なアメックス・ビジネスカードを申し込もう

    会員向け付帯サービスが充実しているアメックス・ビジネスカードは、メインサービスであるクレジット機能もハイスペックです。まだ手に入れていない方は以下の情報を参考にしていただき、ぜひ申し込みを検討してみてください。

    アメックス法人カードはグリーンからプラチナまでの3グレード

    アメックスの法人カードにはグリーンカラーの一般会員向けのほか、ゴールドカード、プラチナカードの3グレードがラインナップされています。それぞれのカードについて、違いを一覧にまとめましたのでご覧ください。

    ※スマホの方は表をスワイプできます。



      一般カード(グリーン) ゴールドカード プラチナカード
    年会費 12,000円(税別) 31,000円(税別)(※) 130,000円(税別)
    追加カード
    (年会費)
    6,000円(税別)/枚 12,000円(税別)/枚 12,000円(税別)/枚
    ※4枚以内は無料
    ETCカード
    (年会費)
    500円(税別)/枚
    ※5枚まで発行
    500円(税別)/枚
    ※5枚まで発行
    500円(税別)/枚
    ※5枚まで発行
    申し込み対象者 法人代表者、個人事業主 法人代表者、個人事業主 法人代表者、個人事業主
    利用限度枠 個別設定 個別設定 個別設定
    ショッピング補償
    • オンライン・プロテクション
    • ショッピング・プロテクション
    • リターン・プロテクション
    • オンライン・プロテクション
    • ショッピング・プロテクション
    • リターン・プロテクション
    • オンライン・プロテクション
    • ショッピング・プロテクション
    • リターン・プロテクション
    • ビジネス・ワランティ・プラス
    トラベル系サービス
    • 国内旅行傷害保険
    • 海外旅行傷害保険
    • オーバーシーズ・アシスト
    • 空港ラウンジ
    • 手荷物宅配サービス
    • 国内旅行傷害保険
    • 海外旅行傷害保険
    • 国内航空機遅延費用
    • キャンセル・プロテクション
    • オーバーシーズ・アシス
    • 空港ラウンジ
    • 手荷物宅配サービス
    • 手荷物ホテル当日宅配サービス
    • 国内旅行傷害保険
    • 海外旅行傷害保険
    • 国内航空機遅延費用
    • キャンセル・プロテクション
    • ビジネス・プラチナ・カード・アシスト
    • 空港ラウンジ
    • 手荷物無料宅配サービス
    • 手荷物ホテル当日宅配サービス
    • アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

    (※)ただ今、上記をクリックして本サイトからお申し込みいただくと初年度の年会費【31,000円(税別)】が無料になります。

    個人事業主でも申し込みは容易

    一般的に法人カードの審査では企業の実績を重視することが多く、起業したばかりの法人や個人事業主にとって申込むことが難しい現実があります。しかしアメックスは個人事業主の申込みも受け付けており、積極的に法人カードの発行を行っています。

    個人事業主の場合は、法人が申し込む時に必要となる商業登記簿謄本や登記事項証明書は必要ありません。本人確認書類を用意するだけなので非常に敷居が低いといえます。これまで法人カードをあきらめていた個人事業主の方はぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

    Thumbnail amex business

    国際ブランド

    アメリカン・エキスプレス

    対応電子マネー

    QUICPay(クイックペイ)
    • 国内旅行保険
    • 海外旅行保険
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 12,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

    Thumbnail %e5%88%b8%e9%9d%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

    国際ブランド

    アメリカン・エキスプレス

    対応電子マネー

    QUICPay(クイックペイ)
    • 国内旅行保険
    • 海外旅行保険
    • ETC
    年会費 ポイント還元率 ポイント名
    初年度 2年目~
    無料 31,000円(税別) 0.3~1.0% メンバーシップリワード
    発行スピード 限度額 マイレージ
    還元率(最大)
    ETC年会費
    2~3週間程度 審査基準による 500円(税別)
    今がチャンス!お得な入会特典
    新規入会後にカード利用で30,000ptプレゼント!

    まとめ

    アメックスのビジネスカードで提供されているサービスの数々をご紹介しました。ビジネスに役立つほか、プライベートでも使えるサービスが多数用意されていることがアメックスの特徴です。かつてのアメックスは審査が厳しく、それゆえにステータスの高いカードと言われていました。しかし現在ではステータスの高さはそのままに、個人事業主であっても気軽に申し込める優しいカードになりました。この記事でアメックスに興味を持った方は、ぜひ申込みを検討してみてください。

    【法人カードとは】経営者や個人事業主に本当におすすめのカードを厳選比較!

    2019.11.06

    【事業主必見】本当におすすめの法人カードを厳選比較!2019年最新版

    会社でコーポレートカードの導入が決まったのは良いものの、審査の問題や、どのカードを選べば良いのかなど、色々お悩みの方もいらっしゃると思います。特に審査については事前に知っておいた方が有利になるポイントや注意点もあるので早めの準備が必要です。こちらのページではカードの基本的な知識や選び方などをご紹介していきます。カードの作成に失敗しないためにも、しっかり確認してください。

    編集者:ナビナビクレジットカード編集部
    ナビナビクレジットカード編集部

    「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

    そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

    クレジットカード絞込み検索

    カードの種類
    年会費
    国際ブランド
    ポイント還元率
    ポイント交換先
    対応電子マネー
    発行スピード
    利用限度額
    付帯保険
      • このエントリーをはてなブックマークに追加

      アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

      法人カードランキング

      目的別

      掲載法人カード

      人気の記事

      新着記事