イオンカードのキャッシング方法とメリット・デメリットを解説!

財布に入っているお札を取り出そうとしている

全国に店舗数が多い大手スーパーイオンでお得に使えるイオンカード。イオンマークのあるカードではキャッシング機能を付けることができ、現金を簡単に引き出すことができます。

イオンカードのキャッシング方法と、イオンカードでキャッシングするメリットとデメリットを知りたいと思いませんか?

この記事では、イオンカードでキャッシングする際の申込み方法や返済方法だけでなく、注意点や具体的な返済シミュレーション海外キャッシング利用方法などについて具体的に解説していきます。

これでイオンカードでキャッシングしたい人が自分がいくらまでキャッシングできるのかを知り、キャッシングに関する具体的な方法を知ることができるようになります。

そもそもクレジットカードキャッシングとは

キャッシュカードとATM

そもそもクレジットカードキャッシングとは、クレジットカードを使って現金を借りることを言います。

ATMからカードを使って現金を引き出すため、銀行口座のキャッシュカードで現金を引き出すことと同じかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしクレジットカードキャッシングはあくまでもカード会社から現金を借りていることになるため、必ず返済が必要となる点で大きく異なります。

キャッシング枠が必要

クレジットカードキャッシングをするためにはキャッシング枠が必要となります。

なぜならクレジットカードには、

  • ショッピング利用枠
  • キャッシング利用枠

というそれぞれの枠が設定されていて、その枠内でカード決済機能やキャッシング機能が有効に働くことになるからです。

クレジットカードキャッシングの概要について知ることができたら、次にイオンカードのキャッシングについて確認していきましょう。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

イオンカードのキャッシング

カードと札束をもつ女性

イオンカードのキャッシング概要として、

  • 借入可能額
  • 金利手数料
  • キャッシング枠を後から追加する方法

についてお伝えします。

借入可能額は300万円

イオンカードのキャッシングで借入できる上限額は300万円となっています。

誰でも300万円までキャッシングできるわけではなく、カードを作るときの審査結果によって1人1人に設定されている額が異なります。カード会社がその人のキャッシング枠を決めることになっているからです。

イオンカードのキャッシング金利手数料

イオンカードのキャッシング金利手数料は7.8~18.0%です。

この金利手数料についても借入可能額と同じようにカード会社の審査によって1人1人異なります

キャッシング枠を後から追加する方法

イオンカードのキャッシング枠はイオンカード会員(イオンスクエアメンバー)専用ページ「MyPage」から追加することができます。

MyPage内の「カード登録内容照会・変更」に「増額申請」というボタンがあるので、そこからキャッシング枠の追加申し込みをして、審査に通ればイオンカードでのキャッシング枠を追加できるようになります。

ここまでイオンカードのキャッシングについてお伝えしました。続いて具体的なキャッシング方法についてご紹介していきます。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

キャッシング方法

おサイフから取り出したカード

クレジットカードを使ってキャッシングをする方法には、

  • 手元に現金を用意する場合
  • カード設定口座に現金を用意する場合

の2パターンがあります。

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

手元に現金を用意する場合

カードキャッシングで手元に現金を用意したい場合は、ATMやCD機でキャッシングを行います。

ATMは銀行やコンビニなどに設置されていることが多く、銀行口座からの現金引き出しや預け入れ、クレジットカードキャッシングなどができる端末です。

CDはCash Dispenserという名の通り、一般的には現金の引き出し機能しかできない端末を指します。

手元に現金そのものを用意する場合は、ATMやCD機での操作が必要となることを覚えておきましょう。

カード設定口座に現金を用意する場合

カード設定口座に現金を用意する場合は「インターネット」と「電話(自動音声応答サービス)」のどちらかでキャッシングを行います。

インターネット

インターネットでカード設定口座へ現金を用意する場合は、MyPageから「ネットキャッシング手続きへ進む」をクリックし、希望金額と支払方法を入力すれば申し込みが完了します。

電話(自動音声応答サービス)

電話(自動音声応答サービス)でキャッシングを申し込むためには、以下の2つが必要になります。

  • カード番号16ケタ
  • 暗証番号4ケタ

スムーズにキャッシングできるように事前準備しておくようにしましょう。

ここまで、手元に現金を用意する場合とカード設定口座に現金を用意する場合それぞれのキャッシング方法についてお伝えしました。続いてキャッシングの支払い方法(返済方法)をご説明します。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

支払い方法(返済方法)は2つ

デスク周りのイメージ

カードキャッシングの支払い方法(返済方法)は「一回払い」と「リボ払い」の2つがあります。

どのようなタイミングでいくら返済することになるのか、それぞれの支払い方法について詳しく解説していきます。

利用代金の締日と引き落とし日

カードキャッシングで返済する金額は、利用代金の締め日と引き落とし日が深く関わってきます。

イオンカードの締め日は10日で引き落とし日は2日なので、イオンカードでキャッシングをする場合は、前月11日から当月10日までにキャッシングで利用した金額を翌月2日に返済することになります。

一回払い

一回払いは、前月11日から当月10日までにキャッシングで利用した金額と金利手数料を翌月2日にまとめて返済する方法です。

後からリボ払いに変更することはできず、一回払いを選んだ場合はATMによる繰上返済ができないので、次にご紹介するリボ払いを選択するようにしましょう。

リボルビング払い(リボ払い)

リボルビング払い(リボ払い)は、キャッシングで利用した金額を毎月一定の金額を複数回に分けて返済していく方法です。

毎月の返済額を自分で決めることができるので、一回払いよりも返済負担が少なく済むメリットがある反面、返済回数が多くなると金利手数料がかかってしまうデメリットもあります。

しかし次にご紹介する、

  • リボ払いお支払額増額サービス
  • ATMリボ払い返済サービス

上記2つの方法を活用すれば、金利手数料を安く抑えることができます。詳しく見ていきましょう。

リボ払いお支払い額増額サービス

リボ払いお支払い額増額サービスを利用すれば、1,000円単位で支払い金額を増額することが可能です。

そのため、次回以降の支払いからリボ払いの残高を早いペースで減らせるようになります。

一回払いからリボ払いへは変更することはできませんが、リボ払いにしておけば「全額返済」によって実質一回払いへの変更が可能となります。

イオンカードでキャッシングを行う場合は、リボ払いを選んでおくと柔軟に返済方法を変更できるようになります。

ATMリボ払い返済サービス

ATMリボ払い返済サービスを利用すれば、口座引き落としより前に返済することができます。

銀行やコンビニのATMから1,000円単位で返済することができるので、リボ払い手数料の金利負担を安くできるようになります。

キャッシングシミュレーション

それでは実際に3月17日に10万円を実質年率18.0%でキャッシングした場合の返済シミュレーションをしてみましょう。

一回払いで返済する場合

4月10日が締め日となるため、5月2日にカード引き落とし口座から一括返済することになります。

返済金額は元金10万円と利息2,268円を合わせた102,268円となります。

利息は2,268円(=10万円×18.0%×46日(3月17日から5月2日まで)÷365)となります。

リボ払いで返済する場合

リボ払いで毎月5,000円ずつ返済していく場合は、毎月2日にカード引き落とし口座から5,000円が引き落とされます。

引き落とし回数は24回となり、返済総額は元金10万円と利息手数料19,772円を合わせた119,772円となります。

先ほどご紹介した「リボ払いお支払い額増額サービス」や「ATMリボ払い返済サービス」なら、もっと早く返済できて金利手数料も安く済むようになるので、余裕のあるときに利用するようにしましょう。

ここまでカードキャッシングの支払い方法(返済方法)と具体的なキャッシングシミュレーション結果をお伝えしました。次にイオンカードでキャッシングするメリットとデメリットについてご紹介します。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

イオンカードでキャッシングするメリット・デメリット

クレジットカードでキャッシング

イオンカードでキャッシングするメリットとデメリットそれぞれについて詳しくお伝えします。これでイオンカードのキャッシングは自分にとってお得なのかを判断できるようになります。

4つのメリット

イオンカードでキャッシングするメリットとして、

  • 全国約15万台のATM・CD機で利用可能
  • イオン銀行ATMなら手数料無料
  • ネット・電話で最短即時振込
  • リボ払いならATMから随時支払い可能

上記の4つのポイントでご紹介します。

全国約15万台のATM・CD機で利用可能

イオンカードなら全国約15万台のATMとCD機でキャッシング利用ができます。

旅行先や引っ越し直後で不慣れな土地でもほとんどのATMを利用することができるので、安心してキャッシングできるメリットがあります。

イオン銀行ATMなら手数料無料

イオン銀行ATMなら手数料無料で利用できるので、イオン銀行が近くにある人ならお得にキャッシングができます。

また他のATMやCD機では1万円単位でのキャッシングとなりますが、イオン銀行ATMなら1,000円単位でのキャッシングが可能です。

イオンやビッグ、マックスバリュにあるイオン銀行ATMで手数料無料になるので、転勤が多い人に特におすすめです。

ネット・電話で最短即時振込

ネットと電話でキャッシングをすれば最短即日で口座へ振込んでもらうことができます。24時間どこからでも受付可能なので、困っているときの強い味方になってくれるでしょう。

リボ払いならATMから随時支払い可能

返済方法をリボ払いにしておけばATMから随時支払い可能です。もちろんイオン銀行ATMなら手数料無料でお得に繰り上げ返済が可能となります。

金利が高いデメリット

イオンカードの実質金利は最高18.0%という高い金利が設定されているデメリットがあります。イオン銀行のカードローンなら年利3.8~13.8%なので、もう少し安く借りることができます。

イオンカードのキャッシングで10万円を1カ月借りた場合の手数料は1,479円(=10万円×18.0%×30日÷365)となりますが、前倒し返済で金利手数料が安くなるATMリボ払い返済サービスを積極的に活用すれば、金利が高いというデメリットを解消することができます。

以上がイオンカードでキャッシングをするメリットとデメリットになります。それでは最後にイオンカードで海外キャッシングするメリットとデメリットをお伝えします。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

イオンカードなら海外キャッシングもできる

海外旅行の準備とカード

イオンカードがあれば海外キャッシングも可能です。イオンカードで海外キャッシングをするメリット・デメリットについてご紹介します。

イオンカード海外キャッシングのメリット

海外キャッシングをすると、現地の通貨をATMから必要な分だけ引き出せるメリットがあります。

多額の現金を持ち歩くことによる紛失や盗難のリスクを軽減することができ、両替手数料よりも安く現地通貨を手に入れるメリットもあります。

世界150カ国以上、約96万台のATMで利用可能

さらにイオンカードなら世界150カ国、約96万台のATMが利用できるので、使える場所が多くて安心です。

海外キャッシングのデメリット

海外キャッシングのデメリットとして、

  • 支払い方法がリボ払いのみ
  • ATM手数料がかかる

というものがあります。それぞれの内容を確認していきましょう。

支払い方法はリボ払いのみ

イオンカードの海外キャッシングの支払い方法はリボ払いのみとなる点で注意が必要です。

海外キャッシングを利用すると自動的にリボ払い手数料がかかってしまうため、リボ払い手数料をかからないようにするためには「リボ払いお支払い額増額サービス」の「全額返済」を活用しましょう。

全額返済にすることで実質1回払いになるため、リボ払い手数料がかからずに済むようになります。

ATM手数料がかかる

イオン銀行ならATM手数料は無料ですが、海外ATMを利用すると1回ごとに108円(1万円以下)もしくは216円(1万円超)のATM手数料がかかります。

ATM手数料はときめきポイントの対象外となり、リボ払いではなく一回払いになることも知っておいたほうがいいでしょう。

利用可能枠の確認・変更方法

イオンカードで海外キャッシングをする前に利用可能枠を確認し、必要に応じて変更しておくようにしましょう。

利用可能枠は、MyPage「ご利用可能額・残高照会」から確認することができます。

利用可能枠を変更したい場合は「カードのご利用可能枠変更申請」をクリックし、各項目を入力して所定の審査を経た後に利用可能枠を引き上げることが可能となります。

インターネット上のMyPageから24時間受付可能ですが、利用可能枠の引き上げには審査が必要となるため、余裕をもって変更手続きをするようにしましょう。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

まとめ

イオンカードのキャッシングはいかがでしたか?最後にこの記事の内容をまとめます。

  • イオンカードのキャッシング枠は最高300万円で金利手数料は7.8~18.0%となっており、カード会社が審査内容に応じて決める
  • キャッシング方法は2種類(手元に現金を用意する場合:ATMやCD機を利用/カード設定口座に現金を用意する場合:インターネットと電話(自動音声応答サービス)を利用)
  • 支払い方法(返済方法)は2種類:一回払いとリボ払い
  • キャッシングシミュレーション結果:年利18.0%で1か月に10万円を借りると金利手数料は1,479円(=10万円×18.0%×30日÷365)となる
  • 「リボ払いお支払い額増額サービス」や「ATMリボ払い返済サービス」を活用すれば手数料を安くすることができる
  • イオンカードには「全国約15万台のATM・CD機で利用可能」「イオン銀行ATMなら手数料無料」「ネット・電話で最短即時振込」「リボ払いならATMから随時支払い可能」というメリットがあるが、金利が高いというデメリットもある
  • イオンカードは海外キャッシングでも「世界150カ国以上、約96万台のATMで利用可能」というメリットがある反面、「支払方法はリボ払いのみ」「ATM手数料がかかる」というデメリットもある

全国のイオングループ店舗にあるATMならATM手数料無料となるのが、イオンカードの最大の強みと言えるでしょう。

日頃からイオンをよく利用する人だけでなく転勤や多い人にもキャッシングに便利なクレジットカードとしておすすめできます。

これで、イオンカードでキャッシング利用をしようと思っている人がイオンカードでいくらまで借りることができてどのような返済シミュレーションになるのかを知ることができるようになります。

イオンカードについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

2017.05.24

イオンが発行するクレジットカードを比較紹介!メリット&デメリットを解説

買い物でよくイオンを利用する方は、イオンカードの申込について「どんな種類のイオンカードがあるか知りたい」「メリット・デメリットを比較して、イオンカードの申込を決めたい」と考えておられませんか?今回は、イオンカードの種類を比較し、おすすめのカードを紹介します。また、イオンカードのデメリットや電子マネーWAONとの併用方法など、イオンカードの申込を検討している人が知りたいと思う内容についても解説します。この記事を読むことで、イオンでお得に使えるクレジットカードが分かり、自分がイオンカードを発行するべきかどうかの判断ができます。「自分にはイオンカードが必要だ!」と思った方は、ご紹介するオススメカードの中から選んで申し込みましょう。まずは、イオンカードのメリットから紹介していきます。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら