イオンでお得なクレジットカードを比較紹介!メリット&デメリットを解説

買い物でよくイオンを利用する方は、イオンカードの申込について「どんな種類のイオンカードがあるか知りたい」「メリット・デメリットを比較して、イオンカードの申込を決めたい」と考えている方も多いと思います。

今回は、イオンカードの種類を比較し、おすすめのカードを紹介します。

また、イオンカードのデメリットや電子マネーWAONとの併用方法など、イオンカードの申込を検討している人が知りたいと思う内容についても解説します。

この記事を読むことで、イオンでお得に使えるクレジットカードが分かり、自分がイオンカードを発行するべきかどうかの判断ができます。

「自分にはイオンカードが必要だ!」と思った方は、ご紹介するオススメカードの中から選んで申し込みましょう。

まずは、イオンカードのメリットから紹介していきます。

イオン発行のクレジットカードがお得な理由

買い物をする女性

イオンカードはイオンでよく買い物する人にとって、単なる支払手段以上の意味を持つカードです。 主なメリットとして、

  • 買い物代金割引がある
  • イオンでの買い物でポイントが貯まる(ときめきポイント)
  • 電子マネー(WAON)も使える

これらが挙げられます。 割引やポイントを活用することで、日々の買い物をお得にすることができます。

ここでは、買い物代金割引や、ときめきポイント・WAONが活用できることなど、イオンカードのメリットについて解説します。

5%オフになる感謝デーがある

毎月20日、30日の「お客様感謝デー」は、買い物料金が5%オフになります。

全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗が対象なので、上手に活用することでかなり節約できます。 ちなみに、クレジットカードの提示だけで5%割引が受けられます。

持っているだけでお得なカードと言えます。 また、お客様感謝デー以外にも、

  • ありが10デー(毎月10日はときめきポイント5倍)
  • G・G感謝デー(55際以上の方は、毎月15日5%オフ)

といった、お得なキャンペーンデーが設定されています。 イオンシネマを活用する人は、イオンカードで決済することで映画料金が300円オフになるという特典も見逃せません。

ときめきポイント

イオングループをよく使う人なら、ときめきポイントを効率的に貯められます。

通常は、買い物200円ごとにときめきポイント1ポイントですが、イオングループの対象店舗での利用なら、いつでもときめきポイントが2倍になるからです。

さらに、

  • 毎月10日はときめきポイント5倍
  • ときめきポイントTOWNを経由してネットショッピングすると、最大21倍

などの、さまざまなポイントアッププログラムが準備されています。 貯まったポイントは、対象ネットショップで、1ポイント1円で使える他、商品に交換が可能。

イオンでの買い物でポイントを貯めて、お得に生活できるのです。

WAONが活用できる

電子マネーWAONと併用することで、決済のスムーズ化&効率的なポイントゲットが可能になります。

イオンカードの利用で貯めたときめきポイントは、1,000ポイント以上500ポイント単位でWAONポイントへ交換できます。実店舗でも現金同様に使えるという点が非常に魅力的です。

イオンカードとWAONの併用方法については、この記事の後半で詳しく解説します。

以上、イオンカードはイオンユーザーには必須のカードだと分かっていただけたと思います。 次に、イオンが発行するオススメカードを紹介していきます。

イオンが発行するおすすめクレジットカード一覧

イオンのレジ

ここからは、イオン発行のクレジットカードの中でも、特におすすめのものを紹介します。まず表で全体像を説明し、その後各カードの詳細を説明していきます。

この項を読むと、自分が申し込むべきカードはどれか判断できるはずです。

一覧表

今回取り上げるカードは、以下の6種類です。

カード名 筆者の一言! 特典 年会費 ポイント還元 その他
イオンカードセレクト イオン・WAONユーザーにとって最もお得な一枚

・WAONへのオートチャージでポイントが貯まる
・イオン銀行の金利上乗せ

無料 0.5% イオン銀行口座を開設が必須
イオンカード(WAON一体型) イオンカードとWAONを併用できるシンプルな一枚 ・WAONカード発行手数料が不要 無料 0.5%  

イオン銀行を開設する必要なし

イオンJMBカード (JCB WAON一体型) 飛行機に乗る人・マイルを貯めたい人は迷わずこの一枚 ・カード利用&WAON利用でマイルが貯まる 無料 0.5%  
イオン Suicaカード 電子マネーはSuica派の人におすすめの一枚

・Suicaへのチャージでポイントが貯まる
・貯まったポイントをSuicaにチャージできる

無料 0.5%  
ベネッセ・イオンカード (WAON一体型) お子さんの教育に力を入れている人はお得な一枚

・ベネッセ商品購入でポイントがお得に
・進研ゼミ等の支払手数料が無料に
・ホテルやレジャー施設の優待あり

無料 0.5%  
コスモ・ザ・カード・オーパス 車利用頻度が高い人は給油価格値引きのあるこの一枚  

・ガソリン50L分キャッシュバック(入会特典)
・コスモ石油で会員価格で給油可能

無料 0.5%  

それぞれのおすすめカード、特徴を解説

上記の表でご紹介した6つのカードについて、それぞれの特徴を紹介していきます。

基本的に、年会費無料・ポイント還元率0.5%・お客様感謝デー等の特典は共通しているので、それ以外の強みを見ていきます。

イオンカードセレクト

イオンカードの中で、最もお得といえるのがイオンカードセレクトです。最大の特徴は、イオン銀行のキャッシュカードになっているという点です。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

つまり、カード申し込みと同時にイオン銀行の口座開設が必要になります。

イオンカードセレクトには

  • WAONへのオートチャージで、チャージ200円ごとに1WAONポイントが貯まる(※オートチャージでポイントが貯まるのはこのカードだけ)
  • イオン銀行の金利が0.1%と優遇される
    ※2017年8月12日に0.12%→0.1%に変更
  • 他行あての振込手数料が毎月1回無料になる

というメリットがあります。 イオンカード全体のメリットを合わせると、イオンユーザーにとって 一番魅力的なカードと言えます。

イオンユーザーに一番お得なカード!   
★★イオンカードセレクトの詳細を見る★★

さらに8月31日までの期間限定で、イオンモバイル2017年10月の月額料金から1,500円割引になるキャンペーンも実施されています。

イオンカード(WAON一体型)

WAONも利用したいと考えているなら、イオンカードとWAONが一体となったこのカードがシンプルで便利です。

イオンカード(WAON一体型)

Thumbnail aeon

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約3週間 10万円~50万円 - 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

イオンカードセレクトと違い、イオン銀行に口座を作る必要もありません。 通常、WAONカードの発行には300円かかりますが、無料で機能を付帯させることができます。

イオン銀行の口座を作る必要なし!
★★イオンカード(WAON一体型)の詳細を見る★★

イオンJMBカード(JCB WAON一体型)

飛行機によく乗る人、マイルを貯めたい人はイオンJMBカードがおすすめ。200円のカード利用につき1マイルが付与されます。

また、WAONを利用した場合でも、200円利用ごとに1マイルが付与されます。

「お客様感謝デーの割引などの優待は受けたい!でも、ときめきポイントやWAONポイントよりもマイルを貯めたい!」というニーズを満たしてくれるカードです。

イオンの買い物でマイルがどんどんたまる!
★★イオンJMBカードの詳細を見る★★

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

電子マネーはSuica派という人は、イオンカードとSuicaが一体となったイオンSuicaカードがおすすめです。年会費無料・還元率0.5%という基本スペックに加え、以下のメリットがあります。

  • Suicaへのオートチャージでときめきポイントが貯まる(400円/ポイント、還元率0.25%)
  • ときめきポイントをSuicaにチャージできる

Suica機能付きのクレジットカードはたくさんありますが、その中でも流通系のカードは少ないです。イオンSuicaカードは「審査に通りやすいSuicaカードを探している」人にもピッタリです。

Suicaユーザーは必見!
★★イオンSuicaカードの詳細を見る★★

ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)

お子さんがいる方におすすめのカードです。年会費無料・基本ポイント還元率0.5%という点は、他のイオンカードと同じですが、以下のメリットがあります。

  • ベネッセ商品購入時には、ベネッセポイントの2重取りができる(ベネッセポイント最大4.5%+ときめきポイント0.5%で還元率が最大5%に)
  • こどもちゃれんじ
  • 進研ゼミの受講費支払手数料が無料に
  • ホテル・レジャー施設が優待価格で利用できる

ベネッセポイントは進研ゼミ等の割引に使えます。ときめきポイントからベネッセポイントへの交換もできるので、買い物で貯めたポイントをお子様の教育に充てる・・・という使い方ができます。

ポイントが育児に役立つ!
★★ベネッセ・イオンカードの詳細を見る★★

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油でよく給油する人におすすめのカードです。オーパスカード、イオンカード、WAONの3つの機能を1つのカードで賄うことができます。

コスモ・ザ・カード・オーパス

Thumbnail cosmo opus

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

WAON(ワオン)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約2週間 10万円~50万円 0.25%~0.5%(最大1.25%) 無料
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

年会費無料・基本ポイント還元率0.5%という点は、他のイオンカードと変わりません。

  • 入会特典としてガソリン50L分(最大500円)のキャッシュバック
  • コスモ石油で 会員価格で給油可能(割引額は店舗によって異なり、 2~6円程度

しかし上記のような特典があるので、給油が多い人は実質的な値引きで得られる恩恵がかなり多いです。

1週間で30リットル給油する人であれば、30リットル×5円引き×4週間×12ヶ月=年間7,200円も得をするのです。

ガソリン代がお得になる!
★★コスモ・カード・ザ・オーパスの詳細を見る★★

イオンは多種類のカードを発行していますから、その中でもどれを選ぶかというのが重要です。上記の比較を参考に、自分にピッタリのカードを見つけてください。

ただ、イオンカードを申し込む前に、イオンカードにはデメリットがあることも理解しておきましょう。

イオンカードのデメリット

カードを検討する

イオンユーザーにはお得なイオンカードですが、ユーザー目線では以下の使いにくさがあります。 理解した上で、申し込むようにしてください。

発行に時間がかかる

イオンカードは即日発行のカードではありません。申し込みから手元にカードが届くまで、2週間程度を要します。

すぐに手元にカードが欲しい場合は、イオンカード以外の「即日発行」をウリにしているカードを選ぶほうがいいといえます。

基本的なポイント還元率はあまり高くない

イオンを利用する人にとっては優待の多いイオンカードですが、イオンをあまり使わない人にとってはポイントの貯まりにくいカードでもあります。

通常のポイント還元率は0.5%と、あまり高いとは言えないからです。イオンカードの最大の魅力は「お客様感謝デーに5%オフで買い物ができる」点にあります。

なので、「イオンやマックスバリュでの買い物をあまりしない」「クレジットカードはイオン以外の店舗で使うことが多い」などを想定されているのであれば、他の還元率が高いカードの方がお得です。

ときめきポイントが利用できるまでに時間がかかる

イオンカードの利用で貯まる「ときめきポイント」は、貯まったからとはいえすぐには使えません。

例えば、WAONに交換することで1ポイント=1円として現金同様に使えますが、交換は1,000ポイント以上。1,000ポイント貯めるのは結構大変です。

1ポイントからすぐに使えるクレジットカード(例:楽天カード等)に比べると、「なかなかポイントを使えない」と感じます。

ときめきポイントの有効期限は最大2年ですので、気をつけなければせっかく貯めたポイントが失効してしまいかねません。

イオンカードには上記のデメリットもありますが、イオンユーザーにとって使いやすいカードであることに変わりはありません。特に、ポイントが貯まる電子マネーWAONと併用できるのは、非常にお得なポイント。次は、イオンカードとWAONの併用方法について見ていきましょう。

イオンカードとWAONの併用方法

買い物をする女性

イオンが提供している電子マネー「WAON」を活用すると、現金を使わずスムーズに買い物することができます。

WAON決済額に応じて「WAONポイント」を貯めることができ、イオンカードと併用することで有効活用の幅が広がります。

この項では、イオンカードとWAONのお得な併用方法について解説します。

ときめきポイントとWAONポイントの両方貯める

イオンカードの利用で貯まるポイントと、WAONの利用で貯まるポイントは違います。前提として、このことを覚えておきましょう。

  • イオンカードの利用で貯まる…「ときめきポイント」
  • WAONの利用で貯まる…「WAONポイント」

いずれも、還元率は0.5%(200円ごとに1ポイント付与)です。イオンカードのポイントアッププログラムについては記事前半で紹介しましたが、WAONにもおトクなポイントアップ日があります。

毎月5日、15日、25日のWAON利用で、WAONポイントが2倍になるのです。 ときめきポイント、WAONポイントは、いずれも電子マネーWAONにチャージすることで現金同様に使えます。

イオンカード・WAONを両方使うことで、効率的にポイントを活用できます。

オートチャージでポイント二重取りが可能

よりWAONポイントをお得に貯めたいのであれば、イオンカードセレクトでオートチャージ設定をしましょう。 そうすることで、チャージ代金200円ごとに1WAONポイントが付与されます。

イオンカードポイント二重取り

さらに、WAON支払い時にも200円ごとに1WAONポイントが付与されるので、ポイントの二重取りができるのです。 イオンカードとWAONを併用したいと考えている人は、イオンカードセレクトを選択し、オートチャージ設定をしてください。

ここまで、イオンカードに焦点を当てて詳細を解説してきました。最後に、イオンカード以外でもイオンでお得に使えるクレジットカードを紹介します。

イオンカード以外でもイオンでおすすめのクレジットカード

ここでは、イオンでお得に使えるカードを紹介します。 イオンカード以外にも、イオンでお得に使えるカードはあります。

イオンカードを申し込もうか迷っている人は、参考にしてください。

JALカード

飛行機によく乗るという人は、JALカードを作るとイオンでの買い物でマイルを効率的に貯められます。

JALカードはイオンの特約店なので、マイルが2倍貯まります。日々のお買い物でイオンを選び、カード決済をするだけでマイルがどんどん貯まるのです。

マイルを活用する機会が多い人は、イオンカードよりも使い勝手がいいかもしれません。

その他

クレジットカード利用で貯めたポイントをWAONに交換できるクレジットカードも、イオンで利用する上で比較的おすすめです。 一例をあげます。

  • ビューカード(Suicaユーザーにはおすすめ)
  • 三井住友カード

また、交換レートも下がり、交換までに期間を要するというデメリットもありますが、一旦Suicaポイントに変更することでTポイントもWAONに交換できます。

イオンも使うけれど、それ以外の買い物が多い場合は、上記カードもあわせて検討してみてください。上手にポイントを貯めてWAONに交換することで、イオン系列店で現金同様に使えます。

イオンカード自体はあまり還元率が高くないので、他のカードを使うほうが効率的にポイントを貯められるかもしれません。

まとめ

今回は、イオンカードについて詳しく紹介しました。記事の内容を簡単に振り返ってみましょう。

  • イオンカードは、買い物割引優待もあり、イオンユーザー必須の一枚
  • 種類によって、特典が大きく異なるため、自分にあったカードを選ぶことが大切
  • ポイント還元率や活用の面ではデメリットも有ることを理解する必要がある
  • イオンカードとWAONでは貯まるポイントが違うので、上手に併用することが必要
  • イオンカード以外にも、イオンでお得に使えるカードが有る

また、特におすすめのカードを6種類ご紹介しましたので、比較内容を参考に自分にピッタリのカードを選び、申し込んでみてください。

イオンカードを活用して、日々の生活をお得に過ごしましょう。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事

クレジットカードコラム

全てのコラムはこちら