アクワイアラとは何?クレジットカード業界のことをもっと理解しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CREDITと書かれた絵を触る人々

日本において、クレジット会社の役割は、

  • イシュア
  • アクワイアラ
  • 国際ブランド

の3つに分類されます。

特にイシュアアクワイアラは、あまり一般的によく知られている言葉とは言えませんが、どちらもクレジット業界では欠かせない存在です。

クレジットカードを利用するのなら、重要な役割であるアクワイアラとは何かということやその業務内容を知りたいと思いませんか?

日本では、同じ会社が業務として行っていることが多いイシュアとアクワイアラですが、ここでは特に「アクワイアラ」に注目して、その役割や具体的な業務内容についてご紹介していきます。

今や日常生活で欠かせないクレジットカードの仕組みを理解することで、よりよく利用できるようになります。

アクワイアラとは加盟店の獲得と管理をしている会社

クレジットカード決済端末

アクワイアラは、クレジットカードの加盟店の獲得と管理を行っています。

クレジットカード決済を導入したい加盟店は、アクワイアラと契約することで国際ブランドのクレジットカードを利用できるようになります。

また、1つのクレジットカード会社が、複数の国際ブランドのクレジットカードのアクワイアラをしていることもあるため、全てのクレジットカード会社と契約を結ばなくても、たくさんのクレジットカード会社を使えるようにできます。

このようにアクワイアラは、クレジットカードの加盟店の獲得と管理を行ってくれます。

こちらの章では、そんなアクワイアラについて詳しくご紹介していきます。

アクワイアラとは

アクワイアラ(Acquirer)とは、日本語では加盟店契約会社のことです。

割賦販売法で立替払取次業者として定義されていて、利用者からの入金前に利用者が支払った金額を立て替えて加盟店へ入金してくれることと、加盟店がクレジットカードでの支払いができるよう、国際ブランドとの間を取り次いでいます。

日本ではクレジットカード会社がその役割を担っています。

例:AMEXとDinersClubのアクワイアラ:JCBが担当

このように、アクワイアラは加盟店がクレジットカードを利用できるように取り次いでいるクレジットカード会社のことです。

クレジットカード業界の仕組み

クレジットカード業界では、

  • イシュア
  • アクワイアラ
  • 国際ブランド
  • 最短発行が可能な時間帯とは?

が重要な役割を担っています。

アクワイアラが加盟店と国際ブランドの間を取り持つ会社であるのに対して、 イシュアは利用者と国際ブランドの間を取り持つ役割を担っています。日本では、イシュアとアクワイアラが同じ会社である場合もあります。

例えば、イシュアとして三井住友VISAカードを発行する三井住友カード株式会社は、アクワイアラとしての業務も行っています。

このように、クレジットカード業界では、イシュアとアクワイアラ両方が重要な役割を担っています。

イシュアや国際ブランドとの違い

アクワイアラと、イシュア・国際ブランドは、それぞれの役割が異なります。

同じ会社が担当していることもありますが、

アクワイアラ : 加盟店獲得・管理会社
イシュア   : クレジットカードの発行会社
国際ブランド : 世界中どこででも決済可能なシステムを提供しているクレジットカード会社

と、それぞれに異なります。

国際ブランドの代表例が、

5大国際ブランド:VISA、Master、JCB、AMEX、DinersClub

銀聯、ディスカバーの2種類を加えて、7大国際ブランドと言われることもあります。


セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
アクワイアラ:ユーシーカード株式会社(クレディ・セゾンの子会社) イシュア:株式会社クレディ・セゾン 国際ブランド:AMEX

アクワイアラとイシュアや国際ブランドの違いはこのようになります。

アクワイアラの具体的な業務内容

アクワイアラの業務内容は、加盟店の開拓と管理です。

開拓業務は、新規開業店や、他社と契約している店舗を対象に加盟店を開拓していくことです。

管理業務は、加盟店から売上データを受け取り、売り上げ金の加盟店への立替入金や手数料の徴収等を行うことです。また、獲得した加盟店にカード決済のインフラを導入することも重要な役割です。

このように、加盟店の開拓と管理が、アクワイアラの主な業務になります。

ここまで、アクワイアラについてご紹介してきました。次の章では、日本のアクワイアラにどんな会社があるかをご紹介していきます。

アクワイアラ一覧

電話する男性

アクワイアラは、世界中に存在します。ただし、国際ルールで、 アクワイアラと加盟店は同一国でなければならないと定められているため、日本の加盟店と契約しているアクワイアラは、日本の法人です。

イシュアがアクワイアラを兼ねていることも少なくないため、カードの発行と加盟店との契約両方を行っている会社もあります。

例:JCB

アクワイアラを一覧でご紹介する前に、まず次の章で、日本のイシュアとアクワイアラ事情をご紹介します。

日本ではカード発行会社(イシュア)が兼任していることが多い

海外では原則として銀行がアクワイアラですが、日本ではクレジットカード会社がアクワイアラであるため、カード発行会社でもあるイシュアも兼ねている場合が少なくありません。

例:株式会社ジェーシービー、三井住友カード株式会社

アクワイアラ一覧

日本における代表的なアクワイアラには、このような会社があります。

  • 株式会社ジェーシービー
  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 楽天カード株式会社
  • イオンクレジットサ-ビス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 株式会社セディナ
  • ライフカード株式会社
  • ポケットカード株式会社
  • ユーシーカード株式会社(アクワイアラ専業)

このように、日本にはいくつかのアクワイアラがあります。

この章では、日本のアクワイアラをご紹介してきました。次の章では、加盟店が契約や管理で気を付けるべきことについて押さえていきます。

加盟店として気をつけること

PCを見つめる女性

加盟店がアクワイアラと契約する時、気を付けている点がいくつかあります。

  • クレジットカードをお店に導入する時
  • クレジットカードの売り上げの管理

については、特に注意する必要があります。

利用者としても、 多くの加盟店が気を付けている点を理解しておくことで、より安心して利用することにつながります。

そこで、加盟店として気を付けることを順番にご紹介していきます。

クレジットカードをお店に導入するとき

クレジットカードをお店に導入する時、お店側として特に気を付けているのは、 最低限5大国際ブランドを利用できるようにしている点です。

また、「爆買い」等で中国人からの需要が高いお店の場合は、銀聯カードを使えるようにしていることが多いでしょう。

加盟店は複数のアクワイアラと契約することが可能ですが、できるだけ契約の数は少ない方が後々の管理や経理の処理もスムーズなため、そうしている加盟店が多いです。

国際ブランドとアクワイアラの具体例

JCB、AMEX、DinersClub

株式会社ジェーシービーと加盟店契約すると決済可能になるため、株式会社ジェーシービーと契約している場合が多いです。

VISA、Mastercard

株式会社ジェーシービーとの契約では利用できないため、両社に対応している別のアクワイアラと契約を要します。複数社で取り扱いがあります。

銀聯カード

三井住友カードやトヨタファイナンス等複数社で取り扱いがあります。

なお、7大国際ブランドの残り、ディスカバーについては、日本では発行されていませんが、JCB加盟店で利用可能です。

このように、クレジットカードをお店が導入する時、複数のアクワイアラと契約している場合が多いです。

クレジットカード売上の管理について

クレジットカード売上は、回収が見込まれている場合には、アクワイアラから加盟店へ立替払いで支払いされます。

その際、加盟店手数料が差し引かれています。経理上は、支払いがあるまでは、 未払金として処理をしておき、入金があったら入金の処理をすれば問題ありません。

例:7/1売上、7/15入金、加盟店手数料5%

7/1
借方 貸方
未払金 10,800 売上   10,000
仮受消費税 800

7/15
借方 貸方
未払金 10,260 売上   10,800
仮受消費税 540


加盟店手数料は、アクワイアラ、イシュア、国際ブランドで分けられますが、貸し倒れリスクの高いアクワイアラの取り分が一番多いとされています。

このように、 クレジットカードの売り上げは、アクワイアラから加盟店手数料を差し引かれて加盟店へ入金されています。

こんなときはアクワイアラに相談しよう

普段は、クレジットカードの利用者はアクワイアラとは接することがありません。しかし、加盟店として守るべきことを守っていない場合には、利用者はアクワイアラに相談するのが解決への近道です。

例えば、前章で述べた加盟店手数料です。これは、加盟店が負担するべきものなのですが、ごくまれに利用者に請求してしまうお店があります。

このような行為は、加盟店がアクワイアラと契約するときに、利用規約で禁止されています。そのため、アクワイアラに相談することで、加盟店が指導の対象となったり、ペナルティを課されたりします。

このような、加盟店がアクワイアラとの契約違反をすることによって、不利益を被りそうな場合は、利用者はアクワイアラに相談するといいでしょう。

ここまで、加盟店として気を付けたほうがいいことについて述べてきました。次の章では、決済代行業者とアクワイアラの違いについてご説明していきます。

決済代行業者とアクワイアラは違う

クレジットカードを持つ男性

決済代行業者と、アクワイアラは、違うサービスです。

決済代行業者は、アクワイアラと加盟店の間で包括加盟店となることでたくさんの店子を携え、小規模事業者では難しいネット決済やコンビニ決済を可能にしている業者です。

加盟店と個別に契約を結ぶアクワイアラとは、異なります。ここでは、決済代行業者とのかかわり方についてご説明します。

決済代行業者との関わり方

決済代行業者との関わり方としての代表的なものは、 ネットショップです。ネット決済をするのに安全なシステムを構築するのは、規模の小さいネットショップでは難しいことがほとんどであるため、このような決済代行業者を利用するのが一般的です。

例えば楽天市場やヤフーショップなどのネットショップでも、この方法が取り入れられています。

このように、主にネットショップで、決済代行業者が利用されています。

注意点

決済代行業者を利用する際の注意点がいくつかあります。

特に

  • 品質と安全性
  • 利用できる決済方法
  • サポート体制が整っているか

は注意が必要です。

それぞれの項目について詳しくご紹介します。

まず、 品質と安全性についてです。

信の品質と安全性は、ネットショップの快適さを決める方法として、大変重要な要素です。決済に何分もかかってしまったりすることで、利用者を逃してしまうことも考えられますし、利用者が不安に思うことでショップの信頼性も失われてしまいます。

例えば、どのような企業へ導入実績があるかをチェックすることが参考になります。

そのため、 通信の品質と安全性は、ネットショップでは大変大きな要素です。

次に、 利用できる決済方法についてです。

利用できる決済方法も、大変重要な要素です。利用者が使いたい支払い方法がないことで売り上げを逃してしまう可能性も十分考えられます。

クレジットカード決済
コンビニ決済
携帯電話決済

このように、 利用できる決済方法は必ずチェックしたいポイントです。

サポート体制が整っているか

サポート体制が整っているかどうかも重要です。インターネットでカード等での決済を導入する場合、専門的な知識が必要だからです。導入時にわからないことがあった場合や、利用時にトラブルがあった場合に専門的な知識がある人がしっかりと対応してくれると安心です。また、 利用したい時間帯に窓口が開いているかも重要です。

そのため、サポート体制が整っているかについてはしっかりチェックしておきましょう。

まとめ

今回の記事では、アクワイアラについてお話ししました。再度ポイントをまとめます。

  1. アクワイアラとはクレジットカードの加盟店の獲得と管理をしている会社
  2. アクワイアラは日本語でいうと立替払取次業者
  3. アクワイアラは利用者からの入金が見込まれる場合は 入金前立替払いしてくれる
  4. アクワイアラは日本では主にクレジットカード会社が行っている
  5. 国際ブランド、イシュア、アクワイアラは全て異なる役割で、3つの役割とも同じ会社が行っているカードもあれば、すべてが別々のカードもある。

このように、アクワイアラは、特に加盟店にとって必要不可欠な存在です。

ご説明してきたような、イシュア、国際ブランド、決済代行業者等のクレジットカード業界の仕組みをしっかり理解しておくことで、利用者としても加盟店としても安心してカード決済を利用できることにつながっていくでしょう。

2017.05.30

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】

おすすめクレジットカード5枚を厳選!自分にぴったりのベストなクレジットカードを比較しよう【2017年版】このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカード診断

クレジットカード満足度ランキング
(インターネット調査結果/調査期間:2017年7月)

全ての人気ランキングはこちら

目的別

人気の記事

新着記事