【2018年最新】おすすめクレジットカードを専門家が厳選比較!自分にぴったりのベストなクレカを選ぼう

2018年最新おすすめクレジットカードを徹底比較

ネットショッピングやお店の決済が便利で、ポイントも貯まる便利でお得なクレジットカード。

クレジットカードを作ろうと思っても、

  • 種類がたくさんあってどのクレジットカードを作ったら良いかわからない。
  • 自分に合ったクレジットカードがどれかわからない。
  • 人それぞれ合うカードは違うと聞くけど、みんなが使っているおすすめのクレジットカードから選びたい。

と思いますよね。

クレジットカードは年会費やポイントの貯まりやすさ、受けられる割引や、どこで使うとお得かがカードによって本当に様々です。

ただなんとなくでクレジットカードを作ってしまうと、受けられたはずの割引や、ポイントの機会を逃してしまい、もったいない!

そこで今回は、10枚以上のクレジットカードを駆使している筆者が、

  • 迷ったらここから選ぼう!おすすめクレジットカード5
  • あなたに合ったクレジットカードが見つかる!特徴別おすすめクレジットカード14選

をお教えします。 

また、

  • クレジットカードの専門家からクレジットカード選びのポイント解説
  • クレジットカードのポイント還元率や審査、注意点

などをクレジットカードの初心者でもわかりやすいように解説していきます。 

ぜひおすすめのクレジットカードの中から、自分に合ったクレジットカードを見つけてくださいね。

迷ったらここから選ぼう!おすすめクレジットカード5選【2018年版】

迷ったらここから選べ!おすすめクレジットカード5選

クレジットカードおすすめ5選

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
JCBが発表したクレジットカードの調査結果レポートによると、「クレジットカードの利用理由」として「ポイントやマイルが貯めやすいから」が約5割とダントツの1位となっています。しかし、クレジットカードを選ぶときに注目すべき点は「ポイントの貯まりやすさ」よりも「ポイントの使いやすさ」です。実はクレジットカードのポイントは3~5割程度が失効しており、失効してしまってはお得度「ゼロ」です。貯めたポイントは100%使いましょう。

※この記事はクレジットカード専門家 菊地崇仁さんが監修しております。

上記の解説にもあるように、クレジットカードが支持されている理由で最も大きいものが「ポイント」です。

そのポイントの「貯めやすさ」と「使いやすさ」の観点から、おすすめのクレジットカードを探している方に、当サイト「ナビナビクレジットカード」が2018年7月現在でおすすめするクレジットカードを紹介します。

ポイント高還元で年会費無料!JCB CARD W 

国際ブランドのひとつ、JCBが発行するオリジナルのプロパーカードから2017年10月に新しく登場した「お得すぎるカード」といえるのが、JCB CARD Wです。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

39歳以下限定のクレジットカードで、年会費無料&ポイント高還元を実現しています。

OkiDokiポイントという独自のポイントが貯まり、基本のポイント還元率はいつでも1.0%です。

さらに期間限定キャンペーンを開始!キャンペーン中に入会すると入会後3ヵ月間、WがWでポイントが4倍還元率2.0%)という、業界最高値のポイントが付与されます!

JCBW還元率

さらにJCBのオリジナルシリーズパートナーとして、Amazonセブンイレブンでは還元率2%スターバックスでは還元率3%他に類を見ないくらいお得なクレジットカードです。

オリジナルシリーズパートナーの対象店舗によく行く方には、特におすすめです。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

ディズニーのオフィシャルスポンサーでもあるJCBは、ディズニーデザインのカードが選べたり、貯めたポイントでディズニーリゾートのパスポートに交換できるなどの特典も豊富ですよ。

実際にJCB CARD Wを使っている人の口コミ

「年会費無料でポイントがどんどん貯まる」
「Amazonやセブンはよく利用するのでJCB Wで払うようにしている」

こちらの記事ではJCB CARD WだけでなくJCB発行クレジットカードのメリットやデメリットを、更に分かりやすく解説しています。

クレジットカードで買い物をする男女

2017.04.18

JCBカードの年会費やポイント還元率を比較!メリット&デメリット解説

クレジットカードの国際ブランドに、JCBがあります。JCB発行のクレジットカードでなくても、「JCB」が選べたりしますが、この違いとは何なのでしょうか。また、国際ブランドとしてのJCBがVISAやマスターとどう違うのか、JCB発行のクレジットカードの概要やメリットとデメリット等も、JCBカードに興味のある方は知りたいですよね。こちらの記事は、国際ブランドとしてのJCBについての知識が深まり、数多くあるクレジットカードの中から自分にあったお気に入りのカードを選ぶ際に役立つ内容となっています。是非参考にしてみて下さい。

ポイント高還元で、節約にも大活躍!オリコカード・ザ・ポイント

ポイントが貯まりやすくて、使いやすいクレジットカードが欲しい!」という方には特におすすめなのが、このオリコカード・ザ・ポイントです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

↑今なら申し込みで最大8,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

100円の買い物で1ポイントがたまるという、基本のポイント還元率は1.0%です。さらに入会後半年間はポイントが+1.0%となり、オリコモールという公式サイトを経由すると、さらにポイントが加算されます。

貯まったポイントは1ポイント1円の価値になり、500ポイントからAmazonのギフトカード500円分と交換できます。

申請をすればすぐにメールでギフトコードが送られてくるので、「交換したい!と思ったタイミングですぐAmazonでの買い物に使えます。まさにポイントを使いやすいカードといえます。

Amazon以外にも、nanacoやEdyなどの電子マネーなどにも交換可能です。

また、iDとQUICPayの両方が搭載されているため、チャージせずにコンビニやドラッグストアでのスピーディな買い物に役立ちます。もちろん電子マネーの利用でもポイントが貯まります。

実際にオリコカード・ザ・ポイントを使っている人の口コミ

「これまでのカードと比較して、ポイントが格段に溜まりやすい」
「交換できるものがAmazonギフト券などで使いやすい」
「オリコモールへのログインなどでも、ポイントが貯まる」

amazonでの買い物に大変便利なオリコカード・ザ・ポイントについては、以下の記事でも詳細に説明していますので併せてお読みください。

Amazonで一番お得なクレジットカードが判明!最強カード3種を比較

2017.05.30

Amazonで1番お得なクレジットカードが判明!最強カード4種を比較

大手通販サイト「Amazon」でクレジットカード決済を利用すると、普通のショッピングと同じようにクレジットカードのポイントが貯まります。一部の商品を購入すると独自のAmazonポイントが付与されることもありますが、ほとんどの商品はAmazonポイントが付与されません。なのでAmazonでお得に買い物するためには、クレジットカードのポイント還元率が重要になります。しかし単純に還元率が高いクレジットカードがお得になるわけでもありません。実はAmazonで利用する場合に限りポイント還元率がアップするクレジットカードがいくつか存在するのです。ここではAmazonをよく利用する方におすすめのクレジットカードを3種類ご紹介します。

楽天ユーザーならマスト!楽天カード

Amazonよりも楽天派」のあなたには、断然お得なのが楽天カードです。

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
今がチャンス!お得な入会特典
楽天カード新規入会&ご利用で5,000ポイントプレゼント

↑今なら申し込みで最大5,000円分がもらえるキャンペーン中!↑

こちらもオリコカード・ザ・ポイントと同じく、基本のポイント還元率は1%で年会費は無料です。 しかし楽天での買い物でこの楽天カードや楽天トラベルで決済を行うと、3%のポイントが貯まります。

数ヶ月に1度は楽天で買い物をする!」「旅行や出張で楽天トラベルを良く使う」という人は、楽天カードで決済をすれば3%の還元率でどんどんポイントが貯まりお得です。

ポイントは1ポイント1円の価値があり、楽天での買い物で利用できたり、楽天Edyとして電子マネーにチャージできます。

ポイントでチャージした楽天Edyでも、楽天Edyの利用によってポイントが貯まるのでムダがなくておすすめですよ。

実際に楽天カードを使っている人の口コミ

「持っているだけなら、年会費もかからない」
「ポイントも他のカードに比べて溜まりやすく使いやすい」
「楽天ポイントがたまりやすい」

楽天カードでのお得なポイントの貯め方を知りたい方は、下記記事がおすすめです。

2017.02.06

楽天カードのお得な使い方・ポイントの貯め方を徹底解説!

ここ数年で利用者数をますます伸ばしている、人気の楽天カード。CMでもよく目にしますが、楽天を使う人にとってどのくらいお得なのでしょうか?通常利用の1%がポイント還元されるほか、実はスーパーポイントアッププログラム(SPU)が登場したおかげで、楽天市場で楽天カード決済すると最大6.0%のポイントが還元されて非常にお得です。ここでは楽天カードの特徴や、楽天のサービスで利用するメリット、楽天カードの審査基準や入手方法などについて解説します。

知名度とサポートで人気!三井住友VISAカードクラシック

三井住友VISAカードクラシックは、世界シェアNo.1のVSIAブランドのクレジットカードです。

三井住友VISAクラシックカード

Thumbnail smbc classic

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 0.5%~1.0% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.3% 500円

↑今なら申し込みで最大10,000円分がキャッシュバックとなるキャンペーン中!↑

国内最大手ならではのブランド力とサポート体制で、「まずはクレジットカードを安心して使いたい」という方に特におすすめのカードです。

ポイント還元率は0.5%と標準レベルですが、ポイントUPモールを経由すれば2~20倍ものポイントを獲得できます。

実際に三井住友VISAカードクラシックを使っている人の口コミ

「知名度が高く安心して利用できる」
「大手なので使える場所が多い」

三井住友VISAカードについて、「もっと知りたい!」と思った方は下記の記事がおすすめです。

2017.06.28

三井住友VISAカードを比較!クレジットカード初心者にもわかる解説

三井住友VISAカードは、進学や就職を機に初めてクレジットカードを作る若い方におすすめのカードです。けれども数あるカードのなかでどれが自分に合ったカードか、あるいはそのメリットやデメリットがよくわからないので知りたい!いう方も多いでしょう。今回はそんな皆さんのために、三井住友VISAカードの概要や年会費、ポイント還元率、保険付帯サービスなどの基本情報はもちろん、三井住友VISAカードをお得に活用する方法や何種類もあるカードの中から最も自分に合ったカードの選び方まで詳しく解説します。

ステータスカードの定番!アメリカン・エキスプレス・カード

ステータス性の高さは随一で圧倒的なブランド力を誇るのが「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

初年度年会費無料でステータス性の高いカードが持てることと、口コミも高評価だったため、おすすめのクレジットカードに選ばせて頂きました。

アメリカン・エキスプレス・カード

Thumbnail amex

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 12,000円(税別) 0.166%~1.0% メンバーシップ・リワード
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
2週間程度 個別設定 0.5%~1.0% 無料

↑こちらから入会すると、特典として12,000円の初年度の年会費が無料となります!

アメリカン・エキスプレス・カードはステータス性が高いだけでなく、無料空港ラウンジサービスや無料手荷物宅配サービス、旅行傷害保険、各種ショッピングプロテクションがついているなど、付帯サービスが充実しているのが特徴です。

口コミでは特に「ステータス」「付帯サービス」「デザイン」の面で他のカードよりも高評価でした。

実際にアメリカン・エキスプレス・カードを使っている人の口コミ

「誰に見られても恥ずかしくないカードなので食事の支払いをするときにも安心です。」
よく旅行をするため、空港ラウンジを気軽に使用できたり、旅行時の保険バックアップがあるのがありがたい。
私がこのアメリカン・エキスプレスのカードが気に入っている点は何と言ってもそのカードのデザイン

アメリカン・エキスプレス・カードは敷居の高いイメージがあるかもしれませんが、初年度年会費無料なのでぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・カードについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

パソコンを見ながらカードを持つ女性

2018.07.31

アメリカン・エキスプレス(アメックスグリーン)の審査や特典、ゴールドとの違いを徹底解説

ステータスの高さやブランドイメージのあるクレジットカードといえば、アメリカン・エキスプレスが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。「アメックス」の通称で世界中の人々から親しまれ、クレジットカード発行会社としてだけではなく、国際ブランドとして決済サービスを提供しています。「アメリカン・エキスプレスのカードを持ちたい」と思っても、ステータス性のあるカードゆえに高い年会費や、年会費に見合っただけの特典やメリットがあるのかも気になりますよね。アメックス発行のクレジットカードには、カード券面から「グリーン」と「ゴールド」と呼ばれているものがありますが、なんとなくどちらかを選んでしまうことで、無駄な年会費を支払ったり、本当は自分にとって有益な特典を得るチャンスを失ったりしてしまうこともあります。またそのステータスの高さゆえに、「自分は審査に通過するのだろうか」と不安に思うこともあるかもしれません。今回こちらの記事では、アメックスのエントリーカードでもある、アメリカン・エキスプレス・カード(通称:アメックスグリーン)のメリットやデメリット、ゴールドとの比較、審査について徹底解説します。またナビナビクレジットカードの特典として、12,000円(税別)の年会費が初年度無料になるキャンペーンも紹介しています。ぜひ「アメックスグリーン」について深く知り、自分がどのクレジットカードを選べば良いのかの参考にしてくださいね。

クレジットカードランキングはこちらの記事もチェック

実際にクレジットカードを使っている660名を対象にした、「クレジットカード総合満足度ランキング」はこちらの記事で紹介しています。

2017.08.04

2018年版/人気のクレジットカードをランキング形式で紹介!おすすめカードの見分け方

いざクレジットカードを選ぼうと思っても本当にたくさんの種類のクレジットカードがあるので、「人気のクレジットカードランキングが知りたい」と思われるのではないでしょうか。また「特に年会費が無料の人気のクレジットカードが知りたい」という人や「人気のクレジットカードの見分け方を知りたい」という人も多いと思います。そこで今回の記事では、人気のクレジットカードを2018年最新のランキング形式で紹介しつつ、それぞれのクレジットカードの特徴まで解説いたします。記事内でご紹介する情報を通して、年会費やポイント還元率などから人気のクレジットカードの見分けて、自分にピッタリの1枚を見つけられるようになりますよ。

特徴別!おすすめのクレジットカード14選

特徴別!おすすめクレジットカード

まずは、どのクレジットカードを作れば良いかわからない!という方のために、筆者がおすすめするクレジットカード5つを紹介してきました。

ここからは、「ポイント還元率の高いクレジットカードが知りたい」「ガソリンの節約に良いクレジットカードが知りたい」などのあなたが求めるポイントに絞って、14の特徴ごとにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

おすすめするクレジットカードのポイントや、特徴も解説していくので、興味のある項目についてぜひ読んでみてください。

  1. ポイント還元率が高くておすすめのクレジットカード
  2. 審査が通りやすいおすすめのクレジットカード
  3. 主婦におすすめのクレジットカード
  4. 学生におすすめのクレジットカード
  5. 車・ガソリンの節約におすすめのクレジットカード
  6. 海外旅行におすすめのクレジットカード
  7. コンビニでおすすめのクレジットカード
  8. 鉄道・電車におすすめのクレジットカード
  9. 即日発行でおすすめのクレジットカード
  10. 年会費無料でおすすめのクレジットカード
  11. ETCカードでおすすめのクレッジットカード
  12. ゴールドカードでおすすめのクレジットカード
  13. マイルを貯めたい人におすすめのクレジットカード
  14. 法人・個人事業主におすすめのクレジットカード

ポイント還元率が高くておすすめのクレジットカード

実は、ポイント還元率はクレジットカードによって様々です。クレジットカードの一般的な還元率は0.5%なので、1.0%以上であれば、還元率が良いと言えます。 

数%の違いはそこまで大きくないと思いがちですが、クレジットカードを使えば使うほど、ポイント還元率によるお得さは変わってきます。 

例えば、1年間で100万円の支払いがあった場合、0.5%の還元率のカードだと5,000円、1.5%であれば15,000円とお得さは違いますよね。 

ポイント還元率が高いおすすめのクレジットカードはオリコカード THE POINTです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
通常のポイント還元率は1.0%、さらに入会後半年間は2.0%です。

さらに、会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由することでAmazonでは+1.0%、その他のお店(楽天市場、ヤフーショッピングなど600店舗)では+0.5%とポイント還元率がアップします。

つまり、オリコモールを経由すれば通常時でも1.5~2.0%の還元率、入会後半年は2.53.0%とかなりの高還元ですよね。 

その他の還元率の高いおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

2017.03.30

【2018年最新】高還元率のおすすめクレジットカード6選!クレカで1ポイントでも多く稼ぐ方法も紹介します

クレジットカードを利用するメリットと言えば、ポイントが貯まること。すでに何枚かクレジットカードを持っている方の中にも、「ポイントがたくさん貯まるクレジットカードについて知りたい」、「自分にあったカードを見つけたい」と考えているのではないでしょうか。「高還元率のクレジットカードは年会費が高いのでは・・・?」と思う方もいるかもしれませんが、年会費無料でも高い還元率を誇るカードはたくさんあります。今回は還元率の高い、おすすめクレジットカードを厳選してご紹介します。使い方によっては、1年間に数万円分のお得が手に入るかもしれません!

審査が通りやすいおすすめのクレジットカード

クレジットカードを作るには必ず審査があります。審査の基準はクレジットカードや申し込むカードのランクによって異なりますが、審査が通りやすいと言われているのは以下のようなクレジットカードです。

  • 流通系クレジットカード
  • 消費者金融系クレジットカード
  • ネットバンク系クレジットカード

審査が通りやすいクレジットカードでおすすめなのはYahoo! JAPANカードです。

Yahoo! JAPANカード

Thumbnail yahoo normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ)
  • 分割払い
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
審査により決定

Yahoo! JAPANカードは流通系のクレジットカードで、申し込み条件が「18歳以上、安定した継続収入があればOK」とシンプルなことから、審査が通りやすいと言われています。 

年会費も無料で通常のポイント還元率が1.0%と高還元のため使いやすいクレジットカードと言えます。 

その他の審査が通りやすいおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

クレジットカード審査の流れや審査に通りやすいカードがわかる

2017.09.22

審査が甘いクレジットカードおすすめ3選!審査で気をつけるべき注意点を解説

現在、比較的審査が甘いクレジットカードとして流通系消費者金融系ネットバンク系などが挙げられます。この中でも「流通系」の楽天カードやイオンカード、エポスカードが、手軽に作れることで知名度が高く、人気もあります。しかし、クレジットカードを作るには必ず審査があります。審査での注意点を知っておきたくありませんか?今回の記事では、審査が甘いとされるクレジットカードについてや、審査のコツなどについてご紹介していきます。審査について理解することで、審査に通るかどうかの不安を少し解消していくことができます。

主婦におすすめのクレジットカード

主婦の人がクレジットカードを選ぶ重要なポイントは「家計で最もお金をかけているのはどこか」です。 ポイントの貯まりやすさでお得さが変わってくるので、「食費や日用品にお金をかけているのか」「ネットショッピングが多いのか」などで選ぶと良いでしょう。

ここでは、食料品や日用品が買える代表的なショッピングモール、イオンでおすすめのイオンカードセレクトを紹介します。

イオンカードセレクト

Thumbnail aeon select

国際ブランド

JCB MasterCard VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% ときめきポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約1週間 10万円~ - 無料

通常のポイント還元率は0.5%ですが、イオン系列のお店でのお買い物では常に1.0%となり、さらに20日30日はお客様感謝デーと称し、5%オフで買い物ができるのがメリットです。イオンで普段お買い物をする人には断然おすすめのクレジットカードです。 

その他の女性・主婦におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

2016.11.21

主婦がクレジットカードを持つなら!作りやすくてメリットたくさんおすすめカード3選を徹底解説

収入のない主婦でも、クレジットカードを持つメリットはたくさんあります。無収入でもクレジットカードが作れる基準、カードを作る上での注意点やお得なメリットとともに、実際に専業主婦で持つべきクレジットカードを紹介

学生におすすめのクレジットカード

クレッジットカードには、学生限定や、20代限定などの条件をつけてお得な特典がついているものがあります。特典の内容はクレジットカードによって様々ですが、ポイント還元率が通常のクレジットカードよりも高い、年会費が無料、後にお得にゴールドカードが持てるなどがあります。

ここで学生におすすめするクレジットカードは日本最大手で安心感のある三井住友カードが発行している、三井住友デビュープラスです。

三井住友VISAカード(デビュープラス)

Thumbnail smcc debutplus black

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

WAON(ワオン) iD(アイディ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 1,250円(税別)※ 1.0%~2.5% ワールドプレゼント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 10万円~80万円(学生は10万円~30万円) 0.6%~1.5% 500円

三井住友グループが「初めての1枚におすすめのカード」として25歳以下限定で発行しているクレジットカードで、ポイント還元率は通常のカードの二倍となっています。年会費は年1回以上の利用で翌年度が無料となっており、使っていれば実質無料です。

将来的にステータスの高いゴールドカードを持ちたい方におすすめです。

その他の学生におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

講義室の大学生

2017.08.25

学生におすすめのクレジットカードを比較!カードのメリットや注意点を解説

何かと便利なクレジットカードは、学生のうちから持っておきたいアイテムのひとつ。中には「クレジットカードは社会人になって信用ができてから」と考える人もいます。しかし、カードの所持歴が長いとそのデータが専門機関に蓄積され、「支払いがしっかりできる人」との社会的信用にもつながるため、学生時代から持っておくのがおすすめです。現在学生で、これからクレジットカードを作ろうとしている人からすると、学生におすすめなクレジットカード、学生しか持てないクレジットカードが知りたい学生がクレジットカードを持つメリット、注意点を知りたい学生でもカードの審査が通過するのかどうか知りたいと思われるのではないでしょうか?この記事では、学生向けのクレジットカードや、そのメリット、注意点、そして審査に関する情報をまとめてみました。記事を読むことによって、学生時代にクレジットカードを持っておくべき理由や、自分に合ったクレジットカードがどれかを判断できるようになるでしょう。

車・ガソリンの節約におすすめのクレジットカード

車を日常的に使う人にとって、ガソリン代がお得になれば家計は大助かりですよね。実は、石油系のクレジットカードには、ガソリンの割り引きや、車を使う方に嬉しい特典があるカードもあります。

ここでは、ガソリン割り引きがある、会員価格でロードサービスへの加入ができる出光カードまいどプラスをおすすめします。

出光カードまいどプラス

Thumbnail idemitsu maido plus

国際ブランド

MasterCard VISA JCB アメリカン・エキスプレス

対応電子マネー

  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.45%〜 まいどプラス プラスポイントサービス
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日 公式サイト参照 - 無料

普通のクレジットカードとして使うには通常のポイント還元率は0.45%と低めですが、ガソリンの割り引きがきくため、かなりお得なクレジットカードとなっています。 

入会から1ヶ月間は1Lあたり5円、その後は 1Lあたり2円の割引を受けることができ、年会費が無料なので持っていて損のないクレジットカードといえます。 

その他の車・ガソリンの節約におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

ガソリンを入れる女性

2017.02.22

ガソリン代がお得なクレジットカードは?節約になるカードを選ぼう

通勤や買い物といった、日常生活に欠かせない車。給油の代金がお得になれば家計は大助かりですよね。実は、クレジットカードの活用でガソリン代にポイントがつきお得になることをご存知ですか?また、たまったポイントを現金がわりに使うこともできます。それを利用しない手はありません。そんな、ガソリンの支払いやポイント還元、スタンドサービスなどさまざまな点でお得な、おすすめのクレジットカードについて徹底解説します。

 

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行に行くときは、クレジットカードの利用をすることで以下のようなメリットがあります。

  • 現金紛失・盗難のリスクを減らせる
  • クレジットカードの手数料の方が両替の手数料よりも安い
  • クレジットカードは両替の時間がかからない
  • 海外旅行保険がついている

海外旅行保険がついているクレジットカードを選べば、海外旅行のたびに掛け捨ての旅行保険に入る必要がありません。 

そこで今回海外旅行におすすめするのは、海外旅行保険が自動付帯のエポスカードです。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
 
エポスカードは年会費が無料で、そんななか珍しい海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードです。自動付帯と利用付帯の違いは以下の通りで、エポスカードは持っているだけで保険が付くため、旅行におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

  • 自動付帯:クレジットカードを持っているだけで保険が付く
  • 利用付帯:ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードで支払っていないと保険が付かない

その他の海外旅行におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

海外旅行へ行く親子

2017.10.17

クレジットカードの付帯保険を比較!海外でも役立つ付帯保険の全知識

クレジットカードには旅行保険やショッピング保険などの付帯保険が付いていることが多く、クレジットカードを持つ大きなメリットとなっています。海外旅行では旅行会社から掛け捨て旅行保険の加入を勧められることが多いのですが、クレジットカードの保険で済ますことができれば、追加負担も不要です。そのようなクレジットカードの付帯保険が気になっている方であればクレジットカードの付帯保険が知りたい。クレジットカードによる付帯保険の違いが知りたい。クレジットカードの付帯保険の種類が知りたい。クレジットカードの付帯保険で最も使われるものが知りたい。海外で役立つ付帯保険が知りたい。付帯保険の比較がしたい。付帯保険の合算の可否が知りたい。といったことを思われるのではないでしょうか。こちらの記事を最後まで読んでいただくことで、クレジットカードの付帯保険の概要や役立つ画面を知り、自分に合ったカードを比較する際の参考にすることができます。また実際にトラブルに遭った時にもしっかりと保険を活用することができるようになります。

コンビニでおすすめのクレジットカード

よく使うコンビニに合わせてクレジットカードを使えば、効率的にポイントを貯めることができます。

コンビニの少額でクレッジットカードを使うのは逆にめんどくさいのでは?と思うかもしれませんが、電子マネーが搭載されているため、現金の支払いよりも速くてスムーズです。 

使う頻度の高さによっておすすめするカードは変わりますが、ここではファミリーマートでお得なファミマTカードを紹介します。 

ファミマTカード

Thumbnail ftcard

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

ID(アイディ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0% Tポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短2週間 - 無料
 
通常の還元率は0.5%ですが、ファミリーマートでの利用ではいつでも1.0%、毎週火曜日と土曜日は2.5%と上がります。さらに、ファミマTカード会員向け特典として、「今お得」表示の商品は5%~10%割り引きとなります。

その他のコンビニでおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

コンビニでクレジットカード決済を行う

2016.12.26

コンビニのおすすめクレジットカードを徹底紹介

コンビニの利用は今や日常生活の一部となっています。気が付けば、通勤途中のいつもの店舗で毎日買い物なんてこともあるでしょう。そういった方に賢く使って欲しいのがコンビニでの利用におすすめのカードです。もしかすると、そもそもコンビニでクレジットカードが利用できることを知らない方もいらっしゃるかもしれません。結論から言うと、一部の商品、サービスを除いて、コンビニでクレジットカードは利用できます。

鉄道・電車におすすめのクレジットカード

全国様々な電車が走っていますが、ここでは全国的に広く使われているJRが発行するクレジットカードについて解説していきます。

JR東日本が発行するクレジットカードは、交通系電子マネーSuicaが搭載されており、貯まったポイントをSuicaに還元することができ、定期券の購入でもポイントが貯まるのでお得に使えます。

特におすすめするのは「ビュー・スイカ」カードです。

「ビュー・スイカ」カード

Thumbnail view suica

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

Suica(スイカ) PASMO(パスモ) nanaco(ナナコ) Smartplus(スマートプラス)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
477円(税別) 477円(税別) 0.5%〜1.9% ビューサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
10日程度 10〜60万円 カード送付時に案内 477円

Suica、定期券、クレジットカードの3つの機能が1枚に搭載されており、チャージをするたびにポイントが貯まりお得です。JR東日本沿線であればオートチャージ機能がついているため、チャージをする必要がないのでとても楽ですね。

その他の鉄道・電車におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

2017.05.19

JRでお得なクレジットカードを比較!メリット&デメリット解説

通勤や移動でJR路線を利用するときに、クレジットカードで切符や定期券が買えるとポイントも貯まり便利ですが、実際にカード払いができるのかが疑問ですよね。また、JRが発行しているカードの種類やメリット・デメリットも気になる点だと思います。 今回の記事では、JRのどこでクレジットカードが利用できるのか、利用者数の多い「JR東日本」が発行するおすすめのカードをご紹介します。カード特典やデメリットもまとめているので、自分が入会すべきかが判断できますよ!

即日発行でおすすめのクレジットカード

クレジットカードの発行期間は様々ですが、2~3週間かかるものも多いです。急いでクレジットカードが欲しい…そんな時に助かるのが即日発行できるクレジットカードです。

インターネットで事前に申請し、店頭などで受け取ることにより、即日発行が可能となっています。

即日発行でおすすめするのは、ETCカードも即日発行可能なセゾンカード インターナショナルです。

セゾンカード インターナショナル

Thumbnail saison international

国際ブランド

JCB Mastercard VISA

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5%〜15% 永久不滅ポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 30〜150万円 0.60% 無料

セゾンカードは、事前にWEBで申し込みを行うことで、西友やパルコ、ららぽーとなどのセゾンカウンターで即日受け取りができます。 

年会費が無料で、貯まるポイントが使用期限なしの「永久不滅ポイント」なので、普段クレジットカードを使わなくても安心して申し込むことができます。 

その他の即日発行でおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

クレジットカードで申し込む

2017.04.18

【すぐ作れる】即日発行可能なおすすめクレジットカードを厳選紹介!

通常、取得までに数週間かかることの多いクレジットカードの申請ですが、意外と急いでカードが必要なケースもあります。そんな時に役立つのが即日発行できるクレジットカードです。例えば、「もうすぐ海外旅行に行くけれど、すぐに発行してくれるクレジットカードがあるのかどうか知りたい」や「忙しいから、その日のうちに発行してくれるクレジットカードが欲しい」という方は申請に何週間も待ってはいられないので、即日発行できるクレジットカードが便利です。そこで今回の記事では、即日に発行できるおすすめのクレジットカードに加えて、「申請で不備があってカード発行できなかった」ということにならないように、審査に必要なものや、審査の流れをご紹介します。この記事で、即日発行できるピッタリなカードを選ぶのにお役立てください。

 

年会費無料でおすすめのクレジットカード

クレジットカードをあまり使わない人や、とにかくお得にクレジットカードを使いたい人には年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

発行手数料も年会費もかからないクレジットカードを選べば、使わなくても維持費は0円ですし、貯まったポイント分は全てプラスになりますよね。 

年会費無料でおすすめのクレジットカードはJCB CARD Wです。

JCB CARD W

Thumbnail medium 1122001400 f

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~3.5% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短3営業日(通常1週間程度)※翌日お届け対象外 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
【新規入会限定】ポイント4倍キャンペーン実施中!

年会費が無料ながら、ポイント還元率は常に1.0%Amazonやセブンイレブンでは2.0%、キャンペーン期間中に入会すれば、入会後3ヶ月は2.0%となり、かなり高還元のクレジットカードと言えますよね。

その他の年会費無料のおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

年会費無料のおすすめクレジットカード一覧

2016.12.01

【2018年版】年会費無料のおすすめクレジットカードを紹介!あなたに合った選び方も徹底解説!

初めてクレジットカードを作る人、2枚目のクレジットカードを作る人、どちらにとっても年会費が無料のクレジットカードは魅力的ですよね。「年会費無料のクレジットカードだとサービスが悪いのでは?」と、心配な方もいるかもしれませんが、年会費が無料でも、ポイント還元率が高かったり、お得なサービスが受けられるクレジットカードはたくさんあります。この記事では、おすすめの年会費無料のクレジットカードやクレジットカードの選び方などについて詳しくご紹介します。

ETCカードでおすすめのクレッジットカード

多くのクレジットカードはオプションでETCカードを発行することができますが、実はクレジットカードの年会費が無料でもETCカードの年会費や発行手数料が有料な場合があります

お得にETCカードを持ちたい方は、クレジットカードの年会費、ETCカードの年会費・発行手数料が無料のカードを選びましょう。

ここでは、オリコカード THE POINTをおすすめします。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

クレジットカードの年会費、ETCカードの年会費・発行手数料が無料な上に、ポイント還元率が1.0%と高いため、ETCカードを作るのにかなりお得なクレジットカードといえます。

その他のETCカードでおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

【2018年版】ETCカードに一番おすすめなクレジットカードを徹底比較!

2018.01.22

【2018年版】ETCカードに一番おすすめなクレジットカードを比較!お得な年会費無料カードやポイント高還元カードを解説

有料道路(高速道路)をよく利用する人にとって、ETCカードはゲートをスムーズに通過でき、小銭を準備しなくてもよいという点でとても便利です。またETC割引があったり、クレジットカードによって支払うことでポイントが貯まったりと、使い方によってはお得にもなるアイテムです。しかし、「導入までが面倒」「種類が多すぎてどれを選んでよいのかわからない」、という人もいるのではないでしょうか。では、よりお得なETCカードの選び方や、ETC導入までのプロセスなどを解説していきましょう。

ゴールドカードでおすすめのクレジットカード

通常のクレジットカードに比べてステータス性が高く、年会費も高いのがゴールドカードです。

年会費が高い分、ポイント還元率が高かったり、付帯サービスが充実しているのが特徴ですが、ゴールドカードを選ぶ際は、「年会費を払うほどのメリットが自分にあるか」を考えましょう。

ゴールドカードを選ぶ時のポイントは「空港ラウンジの利用」と「保険」、「無料で家族カードがつくか」の3つです。

ここでおすすめするのは、海外旅行保険などの補償金額が他と比較して頭一つ抜けているJCBゴールドです。

JCBゴールド

Thumbnail jcb%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 10,000円(税別) 0.3%~1.25% OkiDokiポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短翌日届け 公式サイト参照 0.3%~0.78% 無料
今がチャンス!お得な入会特典
今なら最大10,000円分の特典プレゼント!

補償金額が高いことの他におすすめするポイントは、年間100万円を2年間利用するとJCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーション(招待状)が届くことがあげられます。

その他のゴールドカードでおすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

おすすめのゴールドカード5枚を比較!専門家がカード選びのポイントを解説

2016.12.06

【厳選5枚!】2018年おすすめのゴールドカードを徹底比較!専門家がカード選びのポイントも解説

当サイトがおすすめするゴールドカードを5枚厳選して比較し、ゴールドカードの基礎知識に加え、本当に自分にとってゴールドカードが適しているのかどうかを見極めるコツをお伝えします。

マイルを貯めたい人におすすめのクレジットカード

マイルを貯める方法は、飛行機代の決済だけでなく、通常のお買い物からマイルに変換する方法もあります。

マイルが貯まるクレジットカードはいくつか種類がありますが、ここでは交通系電子マネーSuicaの機能がついているJALカードSuicaを紹介します。

JALカードSuica

Thumbnail jal suica

国際ブランド

JCB

対応電子マネー

nanaco(ナナコ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税別) 1.5% ビューサンクスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
約4週間 20万円〜80万円 0.5%〜1.0% 515円(税込)

JALカードSuicaの大きな特徴は、名前の通りJALカードと交通系電子マネーSuicaの両方の機能が使えることです。

交通系電子マネーは使えるエリアが全国的に拡大しているので、首都圏以外でも電車でSuicaの利用が可能です。Suicaへのチャージでマイルが貯まるため、効率的にマイルを貯めることができますね。

その他マイルについて詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

飛行機を持つ少女

2017.04.03

ANAカードを徹底解剖!マイルが貯まるおすすめANAカード

ANAのクレジットカードは、1年に1度も自分で航空券を買わなくても、ショッピングなどの日常利用でマイルがどんどん貯まっていくのでとてもお得です。ポイント移行などもしやすいのがANAマイルのメリットですが、実はその仕組みが少し複雑です。ANAカードといっても種類が本当にたくさんあるので、どれが一番お得かというのがイマイチ掴みにくいのが一つの理由といえるでしょう。知らず知らずのうちに、マイルを損してしまっているかもしれないのがANAマイルです。それに加えJALのマイルもあるため、まずどちらを作ればいいかということもあるため、マイルはより複雑なテーマとなっています。そんなすべての疑問にお答えすべく、ANAのマイル攻略方法をクレジットカードの活用術から徹底解説します!「ANAのクレジットカードとJALカード、どちらを作ればいいのか迷っている!」という悩みにもこの記事でお答えします。

法人・個人事業主におすすめのクレジットカード

会社や個人事業主に発行されるカードを法人カード(=コーポレートカード、ビジネスカード)と言いますが、社員の経費精算が簡単に管理できることなどがメリットですよね。

ここでは年会費が安いオリコ EX Gold for Bizをおすすめします。

オリコ EX Gold for Biz

Thumbnail ex gold for biz master

国際ブランド

VISA MasterCard

対応電子マネー

-
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 2,000円(税抜) 0.6%~1.2% 暮らスマイル
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
公式サイト参照 10万円~300万円 無料

年会費が2,000円と格安な中、ポイント還元率はビジネスカードとしては最高水準の最大1.2%と高還元。また、ETCカードが無料で発行できるなどのビジネスシーンで活躍する付帯サービスも充実しているのがおすすめポイントです。

その他の法人・個人事業主におすすめクレジットカードはこちらを参考にしてくださいね。

ポケットからカードを取り出すビジネスマン

2018.03.05

オリコのビジネスカード・EX Gold for Bizを徹底解説!

先述したように、EX Gold for Bizに付帯している保険は海外旅行傷害保険は最高2,000万円、国内旅行傷害保険は最高1,000万円です。カード付帯保険でも最高1億円という保険も珍しくない中で最高2,000万円や1,000万円は少し安いと感じる人もいるでしょう。ましてやこのカードの利用者は、会社の代表者や個人事業主ですので、もしもの時に「2,000万円では足りない」という方も多いでしょう。保険金額に不安がある人は、旅行の際に別途、保険会社の旅行保険をかけることをおすすめします。この章では、EX Gold for Bizのデメリットをお伝えしてきました。これでメリットとデメリットの両面を知ることができました。クレジットカードを選ぶ際にはぜひメリット・デメリット両面から検討してください。次の章では、ここまでお伝えしてきた情報を総合すると見えてくる、EX Gold for Bizの利用を特におすすめしたい人のタイプを紹介していきます。

クレジットカードを作る上で知っておくべきこと

クレジットカードを作る上で知っておくべきこと

クレジットカードがどんなものなのか、いまいちピンときていない方のために、初めてクレカを作る上で知っておくべきことについて解説します。

「クレジットカードに使い慣れている!」という方は、こちらの章は読み飛ばしていただいて問題ありません。

クレジットカードとは、信用で支払いを後払いにできるカード

クレジットカードとは、そのカードを所有する 本会員の社会的な信用によって、店頭でショッピングした際の支払をカード会社が一時的に立て替えてくれるカードです。

銀行口座から決済した瞬間に預金額から引き落とされるデビットカードや、事前に入金(チャージ)されている金額を使う、プリペイドカードまたは電子マネーとは、全く違うものです。

カードを見せる女性

2017.07.13

クレジットカードとは何かを知らない人に!初心者でもよくわかる簡単解説

日常のあらゆる買い物シーンで使える便利なクレジットカード。しかし実際にクレジットカードに慣れていないと「クレジットカードとは何か?」という、そもそもの疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。なんでも初めて利用するものは良くわからなかったりしますが、慣れればその利便性に驚くことも多いのです。例えばネットショッピングでは、クレジットカードがないと余計な代引き手数料が発生することもあります。そこでクレジットカードで決済すればポイントも貯まり、商品券などに交換できて節約にもつながります。あなたもクレジットカードとは何か?なぜ便利か?使ううえでどんなことに注意すべきか?知りたいとは思いませんか?こちらの記事は以下のようなクレジットカード初心者の誰もが知りたい疑問点について解説していきます。

たくさんの種類があるので、自分に合ったカードを選ぼう

「クレジットカードにはたくさんの種類がある」と冒頭でも述べましたが、国際ブランド×発行会社によって、数百種類以上のクレジットカードが存在しているのです。

国際ブランドは主に5種類

日本のクレジットカードの国際ブランドというのは5種類あり、VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカン・エキスプレス=通称アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)です。

国際ブランド

これはクレジットカードを決済するときに、「どの決済ブランドを通して決済するか」ということで、実際にクレジットカードを発行している会社とは異なります。

クレジットカードの種類

2017.01.26

クレジットカードの国際ブランドや発行会社の種類はどう違う?間違えやすい誤解をわかりやすく解説

クレジットカードは、会社によって多くの種類に分かれます。VISAとかマスターカードというのは、会社は会社でも「ブランド」と呼ばれており、カード発行会社とは区別されます。カード発行会社は、一般にカード会社と呼ばれ、1社で複数のブランドのカードや、異なる付帯サービスを付けたいろいろな種類のカードを発行しています。各ブランドの特徴や、どんなカード会社があるのか知って、自分のカードを決めましょう。

発行会社によってカードの特典が大きく変わる

例えば楽天カードの場合、国際ブランドはVISAやJCBから選べます。

クレジットカードを良く見てみると、発行会社名(楽天、オリコ、セゾン、三井住友など)と、国際ブランド(VISAやJCBなど)の両方が記載されていますよね。

国際ブランドによって若干の違いがある場合もありますが、主にクレジットカードの違いで大きいのは、この発行会社の違いです。

この「発行会社=国際ブランド」と同じになっている、「JCBオリジナルシリーズ」や「アメリカン・エキスプレス・カード」というものもあり、これらは「プロパーカード」と呼ばれます。

クレジットカードのステータスの違い

クレジットカードには「ステータス」と呼ばれるランクがあります。

クレジットカードステータス

一般的な年会費無料カード普通カード(※シルバーカードとも呼ばれる)、ゴールドカードは、自分の意思で申し込んで手にすることができます。

しかしまたさらに上位のプラチナカードブラックカードは、基本的には招待されなければ申し込むことができません。

またクレジットカードの年会費も、ステータスが上がることで高額になります。

2017.05.23

クレジットカードのステータスとは?メリットを徹底解説

クレジットカードには、そのカードの格付けともいうべき「ステータス(=社会的地位)」という概念があります。日頃からクレジットカードをよく使っているのであれば、 「ステータスとはどういった考え方のなのか知りたい」 「ステータスの違いは、実際にどう生活に関わってくるの知りたい」 と思っている方は多いのではないでしょうか?また、クレジットカードの中でもどういったカードがステータスの高いカードなのか、ちゃんと知っておきたいですよね。 この記事では、ステータスの考え方やカードごとの特徴について、特に押さえておきたいポイントをまとめています。ステータスについて理解しておくだけでなく、どのようなカードがステータスが高いのか、カードごとの特徴を知っておけば、自分がカードを申し込むときにどのカードを選べばよいのか判断ができるようになるでしょう。

「いつかは憧れのプラチナカードを手にしたい!」と考えている人は、まずはゴールドカードから始めて、良い利用実績を積んでいきましょう。

こちらの記事では、当サイトナビナビクレジットカードがおすすめするゴールドカード5枚を紹介しております。

おすすめのゴールドカード5枚を比較!専門家がカード選びのポイントを解説

2016.12.06

【厳選5枚!】2018年おすすめのゴールドカードを徹底比較!専門家がカード選びのポイントも解説

当サイトがおすすめするゴールドカードを5枚厳選して比較し、ゴールドカードの基礎知識に加え、本当に自分にとってゴールドカードが適しているのかどうかを見極めるコツをお伝えします。

クレジットカードブランドの違い

上記で国際ブランドには5種類あるとご紹介しました。カードブランドにはそれぞれ特徴があるので違いをチェックしていきましょう。

VISA(ビザ)

日本でも知名度の高いVISAは現時点で世界トップシェアを誇ります。VISAブランドのカード会員は世界に13億人以上、加盟店数は2,400万店以上あると言われ、世界中で利用されているため国内はもちろん海外での利便性も抜群です。

MasterCard(マスターカード)

MasterCardはVISAに次いでシェアの高い国際ブランドで、利用者数や加盟店数もVISAと遜色のない規模です。クレジットカードが使えるお店であれば、ほとんどの場合MasterCardが利用できるでしょう。

JCB(ジェーシービー)

国際ブランドの中で唯一の国産カードブランドです。カードの発行枚数や海外での加盟店数はVISAやMasterCardには及びませんが、日本国内での発行枚数はナンバーワンと日本人には根強い人気があります。日本国内の加盟店数は多いので、普段の買い物や国内旅行などには使い勝手の良いブランドです。

American Express(アメリカン・エキスプレス)

通称「アメックス」としても知られるAmerican Expressは、ステータスの高さが魅力です。加盟店数などはVISAやMasterCardに劣るものの、一流ホテル・レストランの優待サービスや空港ラウンジが利用できるなど特典が充実しています。JCBと提携しているため、日本国内での利便性は比較的高いです。

Diners Club(ダイナースクラブ)

アメックスと同様にステータス性が高いことで知られる国際ブランドです。世界初のクレジットカードとも言われる老舗ブランドということもあり、社会的地位の高い人や富裕層に好まれる傾向があります。高品質のサービスを受けられますが、積極的に一般ユーザーに裾野を広げているわけではないため、利用できるお店はあまり多くありません

クレジットカードブランドの選び方

では、クレジットカードの国際ブランドはどのように選べばよいのでしょうか。

クレジットカードを初めて作るという方は、加盟店数が多く使い勝手の良いVISAまたはMasterCardにするのがおすすめです。この2大ブランドのどちらかであれば、国内でも海外でも支払いに困ることはないでしょう。

カード利用が国内だけに限られる場合や、すでにVISAやMasterCardのクレジットカードを持っていて2枚目のカードを作る場合は、JCBを選択肢に加えましょう。国産ブランドであるJCBは国内での使い勝手が高い上、国内キャンペーンやサービスが充実しています。海外での日本語によるサポートも手厚いので、英語が苦手な方でも心強いです。

海外旅行などに行く機会が多く、なおかつステータス性を重視するという方には海外でも一目置かれるAmerican Expressが適しています。

国際ブランドの特徴を踏まえて、カードの利用シーンやライフスタイルに合うブランドを選択しましょう。用途に応じて2種類以上を使い分けるのもひとつの方法です。

自分のライフスタイルがクレジットカードに表われる

クレジットカードを選ぶ上で面白いのは、すべての人に万能でオールマイティな、完璧なクレジットカードはこの世に存在しない、ということです。

個人個人によって主に買い物をする場所や金額が違っているように、趣味や志向が違っているように、ライフスタイルによって自分にぴったり合ったクレジットカードというのはそれぞれ違っているのです。

そんな「自分にぴったりのクレジットカード」を見つけるために、ぜひクレジットカードを比較してみてください。 このナビナビクレジットカードは、日々クレジットカード情報を集めて皆さんにお届けしています。

作れるクレジットカードの枚数

クレジットカードの保有枚数に法律的な規制はないため、基本的には何枚でも作ることができます。つまり、10枚でも20枚でも保有できるということです。

クレジットカードの種類は多岐にわたり、ポイントが高くつく提携先のお店や特典、サービスもそれぞれ異なります。そのため、カードを複数持っていれば、お店によってカードを使い分けるなどよりお得な使い方が可能になるのです。

また、海外に行くときは、空港ラウンジが無料で使えたり海外旅行傷害保険が手厚いカードを持っていると便利です。先ほどご紹介した国際ブランドも、カードごとに分けていれば用途の幅が広がります。

このように、クレジットカードを複数持つことによるメリットは色々とありますが、一方で注意すべき点もあります。次の項で詳しく確認していきましょう。

複数のクレジットカードを申し込む時の注意点

クレジットカードは基本的に何枚でも持つことができますが、入会の申し込みをするタイミングには注意しましょう。なぜなら、短期間で複数のクレジットカードに申し込むと「多重申込」とみなされ、審査に通過しにくくなる可能性があるからです。

カード会社にもよりますが、1〜2ヶ月のうちに3枚以上のカードに申し込むと多重申込とみなされる傾向があります。多重申込をする人は、カード会社に「限度額の上限まで使い切っても足りない」「キャッシングをすぐに利用したい」などお金に困っている人という印象を持たれやすいです。そのような人は貸し倒れのリスクがあり、返済してもらえない可能性が高いと判断されるので審査の目も自然と厳しくなります。

クレジットカードに申し込んだ記録は、カードの利用履歴などの情報を管理する信用情報機関に6ヶ月間保管されます。そのため、クレジットカードを追加したい場合は、カードを作って半年以上置いてから申し込むようにしましょう

また、締め日や限度額が異なるクレジットカードを何枚も持っていると管理が複雑になりますし、カードによっては年会費がかさむことも。カードを追加する際は慎重に検討してください。

クレジットカードのセキュリティコードとは?

クレジットカードにはセキュリティコードと呼ばれる3桁の番号が記載されています。セキュリティコードは、カードが手元にあることを証明するためのもので、ネットショッピングなどの際に第三者による不正利用を防ぐ目的があります。ネットショッピングでセキュリティコードの入力を求められることがあるのはそのためです。

セキュリティコードが記載されている位置はカードによって異なりますが、ほとんどの場合、カード裏面の署名欄の右端に表示されています。署名欄のところに7桁や16桁の数字が書いてあるものもあるため迷うかもしれませんが、いずれにしても末尾3桁がセキュリティコードだと覚えておけばOKです。

例外として、American Expressのカードはカードの表面にセキュリティコードが記載されています。位置は15桁のカード番号の右上あたりで、セキュリティコードは3桁ではなく4桁なので注意しましょう。

暗証番号を忘れてもサインで支払い可能

お店でクレジットカードを利用する際は、暗証番号を忘れてしまっても代わりにサインで支払うことができます。

支払いでICチップ付きのクレジットカードを利用すると、決済承認のため専用端末に暗証番号の入力を求められることが多いです。そのため、暗証番号を忘れると「カードで決済できないのでは?」と不安になってしまいますが、お店の人に「サインでお願いします」と伝えれば問題なく支払えます。

ただし、新幹線のチケットの発売機などでクレジットカードを利用する場合は暗証番号の入力が必要なので、忘れてしまった場合は窓口で購入しましょう。

海外ではサインで決済できない国もありますし、暗証番号を3回間違えるとロックが掛かってカードが使えなくなってしまうため、忘れたままにしておくのは良くありません。暗証番号を忘れたら、すみやかにカード会社に問い合わせて再発行の手続きをしてください。カード会社によってはサイトの会員ページから申請できる場合もあります。

クレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方

「クレジットカードが作りたい!」と思った方のために、どうしたらクレジットカードを作れるのかを解説します。

まずは、自分で申し込みをする

PCやスマートフォンで、クレジットカード会社の申し込みページから必要な情報を記載し、申し込みをします。

具体的に必要な情報が、名前・住所・電話番号・勤務先・年収(税金を引かれる前の額面の金額)・銀行の口座番号などです。

申し込みをした後日、郵送で免許証のコピーなどを送ることもあります。 申し込み時に必要な情報は、カード会社によって多少異なります。

つぎに、カード会社の審査に通る

オンラインで申し込みをした情報を、クレジットカード発行会社が審査します。

クレジットカードの審査とは、クレジットカード会社が、信用情報機関への照会を通して、以下のようなクレジットヒストリー(クレヒス)を確認することです。

  • 「過去にどれくらい融資を申し込んでいるか」
  • 「支払い遅延の履歴はないか」

クレジットカード審査

本当に支払い能力があるか、信頼に足る人物かを確認するのです。ちなみに、携帯電話の契約や支払延滞の情報が登録されている場合もあります。

最後にカードが送られてくる

無事に審査が通過したら、本人確認によって手渡しされる「書留」にてクレジットカードが送られてきます。

本人確認で、受け取り時に住所のわかる免許証などが必要なこともあります。

本当にその人がその住所に居住しているのかどうかを、受け取りができるかどうかで確認しているともいえます。

カードを受け取ったら、カード名義や有効期限などを確認して裏面に直筆のサインをして完了です。

カード発行期間は即日~3週間とクレジットカード会社によって様々です。用途に合わせて発行期間も確認シておきましょう。

以下の記事では、更に詳細にクレジットカードの作り方について言及しておりますので、参考にしてくださいね。

【保存版】初心者でもわかりやすい!クレジットカードの作り方をゼロから解説!

2017.06.22

【保存版】初心者でもわかりやすい!クレジットカードの作り方をゼロから解説!

現金を持ち歩く必要がなくなるだけでなく、ポイントまでつく何かと便利なクレジットカード。これからクレジットカードを作ろう、もしくは作りたいと考えている方は、 ・クレジットカードの作り方と作る上で把握しておくべき注意点などを知りたい・クレジットカードのメリットを知りたい と思うのではないのでしょうか。また、未成年であれば、「未成年でもクレジットカードを作る方法が知りたい」と思うでしょう。この記事では、・クレジットカードを作るときに必要なものや具体的な作り方・クレジットカードのメリットや作るときに気をつけておくべき点・未成年でも作れるクレジットカードについてをわかりやすく解説していきます。これからクレジットカードを作ろうとしているクレジットカード初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

即日発行可能なクレジットカードもある

ネットで申し込んでから店頭で受け取るという、即日発行可能なカードもあります。

マルイの店舗で受け取るエポスカードや、パルコやロフトで受け取るセゾンカードなどがその一例です。スピード発行を求めている人にはぜひおすすめです。

詳しくは下記の記事も参考にしてみてくださいね。

クレジットカードで申し込む

2017.04.18

【すぐ作れる】即日発行可能なおすすめクレジットカードを厳選紹介!

通常、取得までに数週間かかることの多いクレジットカードの申請ですが、意外と急いでカードが必要なケースもあります。そんな時に役立つのが即日発行できるクレジットカードです。例えば、「もうすぐ海外旅行に行くけれど、すぐに発行してくれるクレジットカードがあるのかどうか知りたい」や「忙しいから、その日のうちに発行してくれるクレジットカードが欲しい」という方は申請に何週間も待ってはいられないので、即日発行できるクレジットカードが便利です。そこで今回の記事では、即日に発行できるおすすめのクレジットカードに加えて、「申請で不備があってカード発行できなかった」ということにならないように、審査に必要なものや、審査の流れをご紹介します。この記事で、即日発行できるピッタリなカードを選ぶのにお役立てください。

クレジットカードを使う4つのメリット

クレジットカードを使う4つのメリット

それでは具体的に、クレジットカードを使うメリットを解説していきます。

メリット1.現金を持ち合わせる必要がない

クレジットカードは現金がなくてもレジで支払ができるので、現金をわざわざ引き出すときのATM手数料や、時間の節約になります。

また、クレジットカードの大きなメリットとして、 カードの盗難や紛失で不正利用されたとしても、保険によってお金が返ってくるのです。

現金をなくしてしまい、そのお金が使われてしまった場合には誰もその負担を身代わりしてくれませんが、クレジットカードを不正に利用されて受けた負担は、保険がまかなってくれるのです。

現金を持ち歩いているよりも、クレジットカードのほうが安心ともいえますよね。

また、ショッピング保険が付帯されているクレジットカードなら、購入した商品が破損・盗難に遭った場合でも補償されます。

メリット2.カードの利用でポイントが貯まる

多くのクレジットカード愛用者がクレジットカードを使う理由に、「利用金額の0.5~1.0%がポイントで貯まったり、キャッシュバックされてお得である」という点があげられます。

クレジットカード専門家 菊地崇仁 解説
クレジットカードを選んだら、後は日常生活でひたすらクレジットカードを使います。固定費だけでなくコンビニでもタクシーでもカード払い。最近では送金アプリですらクレジットカード払いもでき、割り勘でもクレカのポイントを貯められます。今後、カード払いできる店舗も確実に増えていくため、少額でもクレジットカード払いをする癖をつけてポイントを獲得し、利用するようにしましょう。

例えば楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントのような還元率が1%のクレジットカードで10万円の買い物をした場合、1,000円分のポイントが貯まるのです。

オリコカード THE POINT

Thumbnail orico card the point 196x126

国際ブランド

MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料

楽天カード

Thumbnail rakutenn

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~14% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
今がチャンス!お得な入会特典
楽天カード新規入会&ご利用で5,000ポイントプレゼント

レックスカードのように、ポイント還元率が1.25%と、1%を超えるクレジットカードもあります。10万円のお買い物で1,250円分のポイントが使えるのはお得ですよね。

REX CARD

Thumbnail rex%20card%20master black

国際ブランド

MasterCard

対応電子マネー

  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.25~1.75% REX POINT
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
1~2週間程度 公式サイト参照 0.25%~0.35% 無料

また、TポイントカードやPonta、その他各種ポイントカードともダブルでポイントを貯めることができて、ポイント二重取りも可能なのです。

「ポイントをいちいち管理するのが面倒」という人も、利用分の1%が毎月の引き落とし額から割り引かれる、P-oneカードというキャッシュバック式のクレジットカードなどもあります。

以下の記事でポイントの交換について詳しく書いているので、参考にしてみてください。

2017.06.20

クレジットカードのポイントは何と交換するのが1番得?おすすめの方法を紹介

決済に利用するとポイントが貯まるクレジットカードは多いですが、せっかくポイントが貯まっても使い道がよく分からないという方はいらっしゃいませんか?TポイントやPontaポイントのように、加盟店の支払いで使える共通ポイントなら使い道に困ることはありませんが、クレジットカード会社独自のポイントは使い道が限定されていて分かりにくいと感じる方もいるかもしれませんね。クレジットカードの決済でポイントを貯めると、様々な商品や金券類と交換することが可能です。しかしクレジットカードによって貯まるポイントの種類が異なるので、使用用途だけなくて交換できる商品も変わってきます。またクレジットカードによって、ポイントの還元率も異なります。ポイントを貯めやすいクレジットカードと、貯めにくいクレジットカードがあるのです。そのためどのポイントを貯めるのがお得なのか、また何と交換するのがお得なのか分からないという方も多いかもしれませんね。今回はクレジットカードで貯めたポイントはどのような物と交換できるのか、またどれと交換するのがお得なのか解説します。

メリット3.クレジットカード会員独自のサービスがたくさん

クレジットカードのお得な特典には、ポイントやキャッシュバックだけではありません。優待特典がある、割引がある、ラウンジが使える、など会員独自のサービスがたくさんあります。

その会員独自のサービスを持つために、クレジットカードを所有している人もいます。

例えば年会費が無料のエポスカードは、持っているだけで海外旅行保険が付帯されたり、提携している国内外の飲食店などで10%オフなどの割引を受けることができます。

エポスカード

Thumbnail epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料

メインカードとサブカードで使い分てメリットを最大限に活用

クレジットカードによって独自のサービスがたくさんありますが、オールマイティなクレジットカードはありません。しかし、クレジットカードは組み合わせることによって、その効果を最大限に活用できます。

例えば、メインで使うのは高還元率のクレジットカードにして、サブカードとして保有しているだけで特定のお店で割引になるクレジットカードを使うなどはいかがでしょうか。

年会費無料のカードであれば、複数のカードを持っていても年会費の負担はかかりませんよね。

メリット4.クレヒスを積めば個人の信用になる

クレジットカードは所有する本会員の社会的信用によって審査が通り、作ることができるカードです。

またさらに、クレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれるカードの利用履歴も、個人情報機関に保存されていきます。

それによってさらにステータスの高いクレジットカードを持てるようになったり、将来的に住宅ローンで優遇されるメリットもあります。

クレヒスについて詳細は、下記の記事もあわせて参考にしてくださいね。

クレジットカードを申し込む

2017.03.27

クレヒスは生活に影響する?クレヒスに傷が付いた時の対処法

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、クレジットカードやローンの取引履歴です。過去に支払いが遅れた事がある人は「自分のクレヒスに傷がついているかも」と心配になるかもしれませんが、それ以上悪いクレヒスがつかないようにし、良いクレヒスが増えれば、クレヒスの傷は大きくなりませんのでご安心を。今回はクレヒスの概要や悪いクレヒスがつく原因と対処法を知り、良いクレヒスを積み重ねる方法について解説します。

クレジットカードを使う時の2つの注意点

クレジットカードを使う際の2つの注意点

これまで述べたようにメリットがたくさんあるクレジットカードですが、きちんと理解していないことでデメリットになりうることがあります。

事前に気をつけておけば問題ないことなので、クレジットカードを作る上で必ず知っておき、使う際には注意しましょう。

3回以上の分割払いとリボ払いは手数料がかかる

クレジットカードの支払には、ほぼ9割以上の人が選ぶ「一括払い」のほかに「分割払い」や「リボ払い」があります。

一括払いと、分割払いの2回払いの場合、手数料はかかりません。

しかし、3回以上の分割払いや、毎月決められた金額しか銀行から引き落としされない「リボ払い」の場合、金利手数料が発生します。

この金利手数料は、カード会社に立て替えてもらっている金額が大きくなり、その立替期間が長くなればなるほど、膨れ上がってしまいます。 

安易に分割払いやリボ払いを選択すると、使った金額より余分に支払う金利手数料が増えてしまうので、おすすめはしません。毎月の利用額をしっかりと確認し、クレジットカードを使いましょう。

解説する女性

2017.04.05

クレジットカードのリボ払いの仕組みとは?損しないための解説

「お金がないけど、買い物がしたい!」という時に使えるのが、クレジットカードの「リボ払い」です。これは、「5万円の買い物を毎月5,000円ずつ支払う」といったルールを決められて便利な反面、手数料の計算が難しいという特徴があります。そのため、「リボ払いを使ってみたいけど、仕組みや手数料の額が分からなくて不安」というお気持ちは、よく分かります。また、安心して使うために「メリット・デメリットが知りたい」と思っている方も多いでしょう。この記事では、「リボ払いを正しく使う方法が知りたい」という方に向けて、リボ払いの仕組みや返済額のシミュレーションを、図式も用いて分かりやすく解説します。リボ払いについて理解して、賢く、安全にリボ払いを活用できるようになりましょう。

引き落としができないとクレヒスに傷が付く

クレジットカードのメリットとして紹介した「クレヒス(=クレジットヒストリー)」ですが、悪い履歴があった場合、良い履歴と同様に記録されてしまいます。

カード利用分のお金が口座から引き落とされなかった場合、「引き落とし不可」として記録されます。

1度引落しできなくてもすぐに入金されたくらいであれば、さほど大きな傷にはなりません。

しかし、毎月のように支払ができない場合や、何日も支払が遅延していることは、大きな傷がクレヒスに残ります。

また、支払いが遅れることによって「遅延損害金」という手数料も発生します。

口座にある金額以上にクレジットカードを利用するのを避け、遅くとも銀行の引き落とし日の前日までには、請求額と口座残高を確認しておきましょう。

クレジットカードのボーナス払いとは?

クレジットカードのボーナス払いとは?

上記で、クレジットカードの支払い方法には一括払いや分割払い、リボ払いがあるとお伝えしましたが、その他に「ボーナス払い」もあります。ここでは、ボーナス払いの基本的な仕組みを解説するとともに、メリット・デメリットや注意点についても確認していきます。

ボーナス払いの基礎と仕組み

ボーナス払いとは、その名のとおりクレジットカードの利用代金をボーナスの時期にまとめて支払う方法です。通常、クレジットカードは毎月決められた日に支払いをする必要がありますが、ボーナス払いであればボーナスが出る時期まで支払いを繰り越すことができます

ボーナス払いのタイミング

ボーナス払いが利用できる時期はカード会社によって異なります。例えば、三井住友VISAカードやJCBカードでは以下のような期間が設定されています。

  • 夏のボーナスの場合:カードの利用期間12/16〜6/15、支払日8/10
  • 冬のボーナスの場合:カードの利用期間7/16〜11/15、支払日1/10

この場合、年末に購入した分の支払いを8月まで先延ばしにできることになります。オリコカードや楽天カードなど一部のカード会社では、6月・7月・8月と複数月から支払月を選べる場合もあります。ボーナス払いを利用したい方は、勤務先のボーナス時期に合うカードを選びましょう。

ボーナス2回払いもある

ボーナス払いは一括払いが基本ですが、イオンカードやセゾンカードなどカード会社によってはボーナス2回払いもあります。ボーナス2回払いは、夏のボーナス時期と冬のボーナス時期に分けて支払える仕組みとなっています。

専業主婦やアルバイトでも利用可能

なお、一般的にボーナスは企業に勤めているサラリーマンや公務員に支給されるものですが、専業主婦や自営業、アルバイトの方でもボーナス払いを利用することは可能です。支払いの際に「ボーナス払いでお願いします」と伝えればOKです。

ボーナス払いのメリット

ボーナス払いには以下のようなメリットがあります。

  • 高額なものでも購入しやすい
  • 金利手数料が無料

購入してから支払いまで数ヶ月の猶予があり、ボーナス時期にまとめて支払えるので、高額なものでも購入しやすくなります。ボーナスのない方でも、支払いタイミングまでコツコツ貯めるなどきちんと返済する見込みがあれば、問題はありません。

また、リボ払いや分割払いだと金利手数料がかかりますが、ボーナス一括払いは原則的に手数料無料で利用可能です。ただし、ボーナス2回払いにすると手数料が発生します

ボーナス払いのデメリット

ボーナス払いのデメリットもチェックしておきましょう。

  • 支払いが済むまで利用可能残高が少なくなる
  • 海外では利用できない

ボーナス払いにするとお金に余裕のないときでも高額商品を購入しやすくなりますが、その分、カードの利用可能残高は支払いが終わるまで少ないままになってしまいます。

例えば、利用可能枠が30万円のカードで28万円の商品をボーナス払いで購入した場合、支払月が過ぎるまでカードで使えるのは残りの2万円となるため、日常的にカードを利用する方の場合困った状況になる可能性があります。

また、ボーナス払いは日本特有の支払い方法なので、海外では利用できません。ちなみに、海外では一括払いが基本でリボ払いを使えるお店もありますが、分割払いは利用できない場合が多いです。

ボーナス払いの注意点

ボーナス払いを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

  • ボーナス払いを利用できない期間がある
  • お店によってはボーナス払いを利用できない

ボーナス払いの期間はカード会社ごとに設定されていますが、よく見るとボーナス払いに対応していない期間があるので要注意です。上記でご紹介した三井住友VISAカードやJCBカードの場合、6/16〜7/15および11/16〜12/15の期間はボーナス払いを選択できません。

ボーナス払いを頻繁に使いたい方は、利用できない期間が短いか一年を通して利用できるカードを選びましょう

また、国内でもボーナス払いが使えないお店があるので注意が必要です。比較的高額の商品を扱っているお店だと利用できる可能性が高いですが、飲食店や個人経営のお店などでは利用できない傾向があります。

次の項では、クレジットカードの解約方法をご紹介していきます。

クレジットカードの解約方法とチェック項目

クレジットカードの解約方法とチェック項目

今まではクレジットカードを作るお話でしたが、ここではクレジットカードの解約方法やかかる時間、解約前にチェックしておきたい項目について解説します。

解約の方法は手間ではないので、安心してクレジットカードを作ってくださいね。

クレジットカードの解約方法

クレジットカードを解約する方法は、カード裏面の番号に電話するだけです。

電話のオペレーターが電話口に出て解約手続きを行う場合と、自動音声サービスで対応してくれる場合があります。クレジットカードを解約したい旨を伝えれば、しつこく引き止められることもなく解約ができます。所要時間は数分ほどです。

また、解約に必要な情報はクレジットカードによってことなりますが、基本的には以下の項目が聞かれるのが一般的です。

  • 指名
  • 電話番号
  • 住所
  • クレジットカード番号 など

解約前にチェックする項目

クレジットカードを解約する前にチェックしておきたいことを解説します。きちんと確認しておかないと、「ポイントが消失してしまった」「ETCカードが使えなくなった」などのトラブルとなってしまう可能性があります。

解約前のチェック項目は以下の4つです。

  • カード自動引き落としにしている支払先がないか
  • リボ払い・分割払い・ボーナス一括など残っている支払がないか
  • ポイントや電子マネーチャージ分はすべて消費しているか
  • カードに紐づいているETCや家族カードはないか

クレジットカードの解約について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

2017.06.22

クレジットカードを解約したい!手続き方法と解約前のチェック項目

もうあまり使っていないクレジットカードがある場合、「年会費がもったいないな」「年会費が無料だけど使わないので、解約方法について知りたい」と感じることもあるでしょう。その場合、クレジットカードの解約の仕方や、どのくらい時間がかかるのか、解約した場合のメリットやデメリットが気になりますよね。また、使わないからといって安易にクレジットカードを解約すると、「ポイントが消失してしまった」「カード会員の優待が使えるはずだった」など、損をしてしまうケースもあります。そこで本記事では、クレジットカードを解約するべきかどうかの判断基準を説明します。同時に、「解約する」と決めたときにストレスなく解約できる手順についても解説していきます。

クレジットカードのよくあるQ&A

クレジットカードのよくあるQ&A

メインカードとサブカードは皆どう選んでる?

クレジットカードを2枚持ちする人は珍しくなく、普段よく使用するカードを「メインカード」、もう一方のカードを「サブカード」といった呼び方をします。

メインカードとサブカードの選び方で最も多いのが、メインカードをポイント還元が目的(ポイント還元率が高い)のカードにして、サブカードを海外旅行保険や特定のお店の割引などが目的のカードにする、という選び方です。

クレジットカードの利用理由として最も多いのが「ポイントやマイルが貯めやすいから」という理由であり、やはりポイント還元率でメインカードを選ぶことはもはや王道といえるでしょう。

サブカードに関しては自分がよく向かうお店の割引や旅行時の保険、特定のタイミングで何かしらの特典が受けられるカードを選ぶ人が多いようです。

クレジットカードの使い分けはお得!メインとサブ、現金との使い分けを解説の記事でメイン・サブのおすすめクレジットカードを紹介していますので、気になる人は是非ご覧ください。


クレジットカードを解約すると貯まってたポイントはどうなる?

クレジットカードを解約すると貯まったポイントは基本的に全て失効(消失)することになります。

なのでいざクレジットカードを解約しようと決めたら、貯まっているポイントや電子マネーは使い切ってから解約するようにしましょう。

クレジットカードの解約についてはクレジットカードを解約したい!手続き方法と解約前のチェック項目の記事で更に詳しく説明しています。

他にも「カード自動引き落としにしている支払先がないか」などの注意点も記載していますので、解約を考えてる人は目を通しておいて損はありません。

「ブラックリスト」ってなに?どうしたら載るの?

「ブラックリスト」とは、過去に金融事故を起こしたことがある人が記載されているリストのことで、「信用情報機関」という機関で管理されています。

金融事故、つまり重度の返済遅延自己破産債務整理などをしたことがある人が主に登録の対象で、ブラックリストに名前が載っている限りクレジットカードの審査に通ることは不可能です。

基本的に引き落とし日に支払いを滞りなく済ませていれば、ブラックリストに載ることはまずないので安心してください。

ブラックリストまたはクレジットカードの審査に落ちる理由を詳しく知りたい、という人はクレジットカードの審査が通らない理由と再審査を通過するための秘訣の記事をご覧ください。

年会費無料カードの限度額はいくらまで増額できる?

年会費無料であれば多くのカードが100万円まで増額することができます。カードによっては個別設定で300万円前後まで増額できるカードもあります。

クレジットカードの限度額や増額について詳しく知りたい人はクレジットカードの限度額の確認方法&設定の基準を解説!の記事を参考にして下さい。

まとめ

ここまで、クレジットカードを作る上で知っておきたいこと、カードを作るメリットや注意点、おすすめのカード活用術などを紹介しました。

今やクレジットカードは、店頭のみならずネットショッピングでも欠かせないものになっています。

その人によっておすすめのクレジットカードが変わるということを前提に、自分にぴったり合うクレジットカードを見つけられるよう、ナビナビクレジットカードをお役立てください。

※記事内の口コミ:660名向けインターネット調査結果による(調査期間:2017年7月)

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

クレジットカード絞込み検索

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

    クレジットカードで悩んだら、専門家に相談!

    クレジットカードに関するご相談を無料で受け付けております。
    お問い合わせが多い場合は、返信が遅れることやお問い合わせ内容によっては返信が出来ない場合がございます。※お問い合わせ頂いた内容はナビナビクレジットカード編集部に送信されます。

     
     

    利用規約プライバシーポリシーにご同意頂き、ご利用下さい。

    crown

    ランキング

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    クレジットカード診断

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス調査/調査期間:2018年6月)

    全ての人気ランキングはこちら

    目的別

    掲載クレジットカード

      

    全てのカード一覧はこちら

    人気の記事

    新着記事

    クレジットカードコラム

    全てのコラムはこちら

    ニュース

    全てのニュースはこちら

    クレジットカードお悩み相談室

    全ての相談はこちら