• 2017.06.26

おすすめクレジットカードはライフスタイルで違う!ベストクレカを比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現金を用意する必要もなく、利用によってポイントも貯まる、便利でお得なクレジットカード。ひとくちにクレジットカードといっても、 世の中には数百種類のクレジットカードがあります。

クレジットカードの特性を知らずに、やみくもに「ただなんとなく」カードを作ったり、使ったりすることは「少しもったいないこと」といえます。

クレジットカードはうまく使えば、 とても便利でお得なサービスなのです。

このサイトでは数百種類の中から、あなたにぴったりのクレジットカードを比較して、導き出します。

おすすめのクレジットカードがわかるだけでなく、クレジットカードを利用する上で気をつけたい 基礎知識も合わせて紹介します。

クレジットカードを持つ女性

クレジットカードがどんなものなのか、いまいちピンときていない方のために、初めてクレカを作る上で知っておくべきことについて解説します。「クレジットカードに使い慣れている!」という方は、読み飛ばしていただいて問題ありません。

クレジットカードとは、そのカードを所有する 本会員の社会的な信用によって、店頭でショッピングした際の支払をカード会社が一時的に立て替えてくれるカードです。

銀行口座から決済した瞬間に預金額から引き落とされるデビットカードや、事前に入金(チャージ)されている金額を使う、プリペイドカードまたは電子マネーとは、全く違うものです。

「クレジットカードにはたくさんの種類がある」と冒頭でも述べましたが、 国際ブランド×発行会社によって、 数百種類以上のクレジットカードが存在しているのです。

日本のクレジットカードの国際ブランドというのは5種類あり、 VISA(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、American Express(アメリカン・エキスプレス=通称アメックス)、Diners Club(ダイナースクラブ)です。

これはクレジットカードを決済するときに、「どの決済ブランドを通して決済するか」ということで、実際にクレジットカードを発行している会社とは異なります。

例えば楽天カードの場合、国際ブランドはVISAやJCBから選べます。クレジットカードを良く見てみると、 発行会社名(楽天、オリコ、セゾン、三井住友など)と、 国際ブランド(VISAやJCBなど)の両方が記載されていますよね。

国際ブランドによって若干の違いがある場合もありますが、主にクレジットカードの違いで大きいのは、この 発行会社の違いです。

この「発行会社=国際ブランド」と同じになっている、「JCBオリジナルシリーズ」や「アメリカン・エキスプレス・カード」というものもあり、これらは「プロパーカード」と呼ばれます。

クレジットカードには 「ステータス」と呼ばれるランクがあります。

クレジットカードステータス

一般的な 年会費無料カード普通カード(※シルバーカードとも呼ばれる)、 ゴールドカードは、自分の意思で申し込んで手にすることができます。

しかしまたさらに上位の プラチナカードブラックカードは、基本的には招待されなければ申し込むことができません。

またクレジットカードの年会費も、ステータスが上がることで高額になります。

「いつかは憧れのプラチナカードを手にしたい!」と考えている人は、まずはゴールドカードから始めて、良い利用実績を積んでいきましょう。

クレジットカードを選ぶ上で面白いのは、 すべての人に万能でオールマイティな、完璧なクレジットカードはこの世に存在しない、ということです。

個人個人によって主に買い物をする場所や金額が違っているように、趣味や志向が違っているように、ライフスタイルによって自分にぴったり合ったクレジットカードというのはそれぞれ違っているのです。

そんな「自分にぴったりのクレジットカード」を見つけるために、ぜひクレジットカードを比較してみてください。 このナビナビクレジットカードは、日々クレジットカード情報を集めて皆さんにお届けしています。

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

該当18

ステップ

「クレジットカードが作りたい!」と思った方のために、どうしたらクレジットカードを作れるのかを解説します。

PCやスマートフォンで、クレジットカード会社の申し込みページから必要な情報を記載し、申し込みをします。

具体的に必要な情報が、 名前・住所・電話番号・勤務先・年収(税金を引かれる前の額面の金額)・銀行の口座番号などです。

申し込みをした後日、郵送で免許証のコピーなどを送ることもあります。 申し込み時に必要な情報は、カード会社によって多少異なります。

オンラインで申し込みをした情報を、今後は クレジットカード発行会社が審査します。

クレジットカード会社は、信用情報機関への照会を通して、「過去にどれくらい融資を申し込んでいるか」「支払い遅延の履歴はないか」という クレジットヒストリー(クレヒス)を確認します。

クレジットカード審査

本当に支払い能力があるか、 信頼に足る人物かを確認するのです。ちなみに、携帯電話の契約や支払延滞の情報が登録されている場合もあります。

無事に審査が通過したら、本人確認によって手渡しされる 「書留」にてクレジットカードが送られてきます。 本人確認で、受け取り時に住所のわかる免許証などが必要なこともあります。

本当にその人がその住所に居住しているのかどうかを、受け取りができるかどうかで確認しているともいえます。

カードを受け取ったら、カード名義や有効期限などを確認して裏面に直筆のサインをして完了です。

ネットで申し込んでから店頭で受け取るという、即日発行可能なカードもあります。

マルイの店舗で受け取るエポスカードや、パルコやロフトで受け取るセゾンカードなどがその一例です。スピード発行を求めている人にはぜひおすすめです。

詳しくは「 即日発行できるクレジットカードを比較!審査に必要なものや流れを解説」の記事も参考にしてみてくださいね。

おすすめ

それでは具体的に、クレジットカードを使うメリットを解説していきます。

クレジットカードは現金がなくてもレジで支払ができるので、現金をわざわざ引き出すときの ATM手数料や、 時間の節約になります。

また、クレジットカードの大きなメリットとして、 カードの盗難や紛失で不正利用されたとしても、保険によってお金が返ってくるのです。

現金をなくしてしまい、そのお金が使われてしまった場合には誰もその負担を身代わりしてくれませんが、クレジットカードを不正に利用されて受けた負担は、保険がまかなってくれるのです。

現金を持ち歩いているよりも、 クレジットカードのほうが安心ともいえますよね。

実際、多くのクレジットカード好きな方が感じている特典に、 「利用金額の0.5~1.0%がポイントで貯まったり、キャッシュバックされてお得である」という点です。

例えば楽天カードやオリコカード・ザ・ポイントのような還元率が1%のクレジットカードで10万円の買い物をした場合、1,000円分のポイントが貯まるのです。

オリコカード THE POINT

Medium orico card the point 196x126

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

ID(アイディ) QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%〜3.0% オリコポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短8日程度 10万〜300万円 0.6% 無料
付帯保険:
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い

公式サイトへ

楽天カード

Medium rakuten normal

国際ブランド

VISA MasterCard JCB

対応電子マネー

楽天Edy(エディ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 1.0%~10% 楽天スーパーポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
7営業日程度 100万円 0.5% 540円
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

TポイントカードやPonta、その他各種ポイントカードともダブルでポイントを貯めることができて、 「ポイント二重取り」も可能なのです。

「ポイントをいちいち管理するのが面倒」という人も、利用分の1%が毎月の引き落とし額から割り引かれる、P-oneカードというキャッシュバック式のクレジットカードなどもあります。

クレジットカードのお得な特典には、ポイントやキャッシュバックだけではありません。 優待特典がある、割引がある、ラウンジが使える、など会員独自のサービスがたくさんあります。

その会員独自のサービスを持つために、クレジットカードを所有している人もいます。例えば年会費が無料のエポスカードは、持っているだけで海外旅行保険が付帯されたり、提携している国内外の飲食店などで10%オフなどの割引を受けることができます。

エポスカード

Medium epos

国際ブランド

VISA

対応電子マネー

楽天Edy(エディ) Suica(スイカ)
年会費 ポイント還元率 ポイント名
初年度 2年目~
無料 無料 0.5% エポスポイント
発行スピード 限度額 マイレージ
還元率(最大)
ETC年会費
最短即日 公式サイト参照 - 無料
付帯保険:
  • 海外旅行保険
付帯サービス:
  • 分割払い
  • ETC

公式サイトへ

クレジットカードは所有する本会員の社会的信用によって審査が通り、作ることができるカードです。またさらに、クレヒス(クレジットヒストリー)と呼ばれるカードの利用履歴も、個人情報機関に保存されていきます。

それによってさらにステータスの高いクレジットカードを持てるようになったり、将来的に住宅ローンで優遇されるメリットもあります。

クレヒスについて詳細は「 クレヒスは生活に影響する?クレヒスに傷が付いた時の対処法」の記事を参考にしてくださいね。

話し合う二人

これまで述べたようにメリットがたくさんあるクレジットカードですが、きちんと理解していないこと デメリットになりうることがあります。

事前に気をつけておけば問題ないことなので、クレジットカードを作る上では必ず知っておきましょう。

クレジットカードの支払には、ほぼ9割以上の人が選ぶ「一括払い」のほかに「分割払い」や「リボ払い」があります。一括払いや2回払いの場合、自分がカード払いでかかる手数料はかかりません。

しかし、3回以上の分割払いや、毎月決められた金額しか銀行から引き落としされない「リボ払い」の場合、金利手数料が発生してしまします。

このような手数料は、カード会社に立て替えてもらっている金額が大きくなり、その立替期間が長くなればなるほど、膨れ上がってしまいます。 

安易に分割払いやリボ払いを選択するのは、おすすめしません。毎月の利用額をしっかりと確認しましょう。

クレジットカードのメリットとして紹介した 「クレヒス(=クレジットヒストリー)」ですが、悪い履歴があった場合、良い履歴同様に記録されてしまいます。

カード利用分のお金が口座から引き落とされなかった場合、「引き落とし不可」として記録されます。

1度引落しできなくてもすぐに入金されたくらいであれば、さほど大きな傷にはなりません。しかし、毎月のように支払ができない場合や、何日も支払が遅延していることは、大きな傷となります。

また、支払いが遅れることによって 「遅延損害金」という手数料も発生します。

口座にある金額以上にクレジットカードを利用するのを避け、遅くとも銀行の引き落とし日の前日までには、 請求額と口座残高を確認しておきましょう。

レクチャーする女性

このようにクレジットカードのデメリットというのは、自分で計画的に利用できていれば、さほど大きな問題ではありません。

クレジットカードのメリットとデメリットを知った上で、さらに クレジットカードをお得に効率的に使う裏ワザを紹介します。

先ほど「オールマイティなクレジットカードはない」という話をしましたが、クレジットカードは 組み合わせることによって、その効果を最大限に活用できます。

例えば、 メインで使うのは高還元率のクレジットカードにして、サブカードとして保有しているだけで特典が受けられるカードや、特定のお店で割引になるクレジットカードを使うことです。

年会費無料のカードであれば、複数のカードを持っていても年会費の負担はかかりませんよね。

「クレジットカードのポイントを管理するのが面倒」という人もいるかもしれませんが、ポイントを貯めたり使う楽しさを、 まずは体験してみることをおすすめします。

例えば、欲しかったけれどなかなか自分では買う気にならなかったものを、ポイント交換した商品券で買ってみるのはいかがでしょうか。

オリコカード・ザ・ポイントは 500オリコポイントからAmazonギフト券500円分と交換できます。少ないポイント数からでも交換できるクレジットカードは、ポイントを貯めて使うのが好きな人にはとてもおすすめです。

また、 ポイントを航空会社のマイルに移行して旅行にいくことだってできます。12,000マイルもあれば、JALやANAで東京⇔沖縄間の往復航空券と交換できます。 12,000円で往復航空券はなかなか買えないので、マイルでお得に旅行することができますよね。

ポイントを貯めれば、 クレジットカード会社から定期的にプレゼントがもらえるような感覚を味わえます。

クレジットカードはライフスタイルによって、それぞれのおすすめが変わるように、自分の人生のライフステージによっても 「そのときにベストなクレジットカード」が変わります。

学生さんにメリットが大きな 学生向けの限定カードがあったり、 法人だからこそ持てるコーポレートカードもあります。

また例えば出張の多い仕事をするようになったら、航空会社の発行するクレジットカードがおすすめです。 マイルを効率的に貯めたり 空港ラウンジを活用したりと、充実した出張計画がたてられますよね。

結婚した主婦の方なら、夫の家族カードや、スーパーで食料品を買うのにお得なクレジットカードがおすすめです。よく車に乗るなら、 ガソリン代がお得になるクレジットカードはチェックしておきましょう。

また子どもができたら、家族にも旅行保険を付与してくれる 手厚いサポートのあるプラチナカードに、大きな魅力を感じるかもしれません。

自分の人生の節目に、自分に合ったクレジットカードを再検討してみることがおすすめです。

旅行好きなら貯めなきゃ損?クレジットカードを賢く使ってマイルを貯めよう

主婦がクレジットカードを持つなら!作りやすくてメリットたくさんおすすめカード3選を徹底解説

ガソリン代がお得なクレジットカードは?節約になるカードを選ぼう

クレジットカードのプラチナカード、年会費やサービス内容をわかりやすく解説

こちらのサイトではそれぞれにおすすめなクレジットカードを、上記の記事でまとめています。合わせて参考にしてみてくださいね。

ここまで、クレジットカードを作る上で知っておきたいこと、カードを作るメリットや注意点、おすすめのカード活用術などを紹介しました。

今やクレジットカードは、店頭のみならずネットショッピングでも欠かせないものになっています。

その人によっておすすめのクレジットカードが変わるということを前提に、自分にぴったり合うクレジットカードを見つけられるよう、ナビナビクレジットカードをお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加